sustainableとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > sustainableの意味・解説 

サスティナブル

英語:sustainable

サスティナブルとは、サスティナブルの意味

サスティナブルとは、「持続可能な」という意味。主に自然にある資源長い期間維持し環境負荷かけないようにしながら利用していくことを指す。サスティナブルは英語ではsustainableと表現し、「持続できる」「支持できる」「耐えられる」といった意味を持つ。

サスティナブルの語が社会知られるようになったのは、2015年9月国連サミットにおける「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された「持続可能な開発目標SDGs)」である。SDGsは、持続可能多様性包摂性のある社会実現するための国際目標のこと。

サスティナブルファッション

サスティナブルファッションとは、社会環境配慮したファッションのことである。例えば、オーガニック素材作られ衣類ジェンダー人種配慮したデザインなど挙げられる

サスティナブルツーリズム

サスティナブルツーリズムとは、直訳すると「持続可能な観光」という意味で、観光地環境社会配慮した観光のことである。


sustainable

別表記:サステナブルサステーナブルサスティナブル

「sustainable」とは、支持できる持続できる意味する英語表現である。

「sustainable」とは・「sustainable」の意味

「sustainable」とは、支持できる持続できるという意味の形容詞である。「sustain」は動詞で、~を持続的に支持する支える。また、名詞の「sustainability」は、持続可能性支える力という意味である。

「sustainable」の発音・読み方

「sustainable」の発音記号は「səstéɪnəbl」であり、カタカナ表記すると「サステーナブル」となることが多い。実際発音は「サステーナボー」に近い。

「sustainable」の語源・由来

「sustainable」の語源は、古期フランス語~を支えるを意味する「sustenir」で、さらにラテン語「sustineo」に変化したインドヨーロッパ語根の~を張る意味するten」も「sustainable」の成り立ち関わりがある。英語の「retain」も語源は同じである。

「sustainable」の類語

「sustainable」の類語には、「maintanable」「supportable」「endurable」「viable」がある。~できるを意味するable」が付いた単語が多い。

「Sustainable Development Goals」とは

Sustainable Development Goals」とは、持続可能な開発目標意味するカタカナ表記では「サステイナブル・デベロップメント・ゴールズ」となる。2030年向けたゴール17ターゲット169グローバル指標231あり、国内外で「SDGs」と略して用いられることが多い。

「sustainable」を含むその他の用語の解説

「sustainable aviation fuel」とは


sustainable aviation fuel」とは、持続可能な航空燃料意味する航空業界環境保護分野では「SAF」と略されることもある。各国では二酸化炭素排出量削減コストカットなどの観点から、SAFへの転換化石燃料からの脱却課題となっている。

「sustainable」の使い方・例文

In order to make effective use of limited resources, the transition to a sustainable society has become one of the major themes in countries around the world.
限りある資源有効に活用するためにも、持続可能な社会への転換世界各国大きなテーマ一つとなっている。
In order to sustainableproduce clean energy, not only governmental leadership but also self-help efforts by private companies are essential.
安定的にクリーンなエネルギー生産するためには、政府主導するのはもちろんのこと民間企業における自助努力不可欠である。
It is very important to think about what is necessary for the realization of a sustainable society from an early age at school and at home.
持続可能な社会実現のためにはどのようなことが必要なのか、小さい頃から学校家庭内考えることはとても大切だ

In order to maintain a healthy body into old age, sustainable exercise and optimization of dietary balance are indispensable.
年をとっても健康的な体を維持するためには、持続的な運動食事バランス最適化欠かせない
Let's share our opinions and find a solution to what kind of means are available to create a sustainable economy.
持続可能な経済作り上げるためにはどのような手段があるのか、皆で意見出し合って解決方法を見つけよう
I believe that a sustainable society can be realized through the constant efforts of people around the world.
世界人々不断の努力によって持続可能な社会実現する思っている。
I think everyone can do well on tests if they know how to study sustainable, but unfortunately very few people know this.
持続的な勉強方法知っていれば誰もがテスト良い点数を取れると思うのだが、残念なことにそれを知っているのは全体ごくわずかである。
I have brought you a pamphlet about what a sustainable society looks like, so let's use it today and learn together.
持続可能な社会とはどのようなものか、パンフレットお持ちしたので、今日はこれを使って皆で一緒に学習していこう。

Perhaps because the theme of this year's new employee training was about a sustainable society, many employees took notes with great interest.
今年新入社員研修テーマは、持続可能な社会に関することだったせいか、多く社員興味深そうメモ取っていた。
A sustainable society should not be led by developed countries, but should be built together by all countries and regions drawing out their strengths and potential.
持続可能な社会先進国主体となって行うのではなくすべての国や地域それぞれの良さ可能性引き出してともに作り上げるべきものである
He had no knowledge or interest in environmental issues, so naturally he had no idea what a sustainable society meant.
彼は環境問題に対して全く知識関心が無いので、当然のことながら持続可能な社会と言われても何のことかわからなかった。
For the early realization of a sustainable society, developed countries need to take a serious stand to deal with global issues without considering only their own interests.
持続可能な社会早期実現のためには、先進国自国利益ばかりを考慮することなく世界規模問題対処をするために重い腰を上げる必要がある

「sustainable」の英語での説明

Sustainable is an adjective meaning that it can be sustained or sustained.It is often used in various fields such as environmental issues, business, and human rights issues.

サスティナブル

英語:sustainable

「サスティナブル」とは、持続可能のことを意味する表現である。

「サスティナブル」とは・「サスティナブル」の意味

「サスティナブル」とは、持続できるや、支持できる、耐えられる意味する言葉で、英語のスペルは「sustainable」である。sustainableの「sustain」には、維持するや、支持する持続させるという意味がある。「able」には、~できるという意味があり、2つの語を組み合わせることで、持続できる意味する。サスティナブルは形容詞で、名詞は「サスティナビリティsustainability)」である。

サスティナブルが世界的に注目されるきっかけとなったのが「SDGs」である。SDGsは、「Sustainable Development Goals」の略で、日本語では「持続可能な開発目標」という意味になる。これは、2030年までに持続可能よりよい世界目指すために設定され国際目標で、17ゴール169ターゲットから構成されている。温室効果ガス排出による地球温暖化や、車の排気ガスによる大気汚染森林伐採による環境破壊など、現在地球では様々な問題深刻化している。SDGsこのような問題改善し未来地球環境や平和を守りこの先地球生活し続けられるようにすることが目的だ。

SDGsの「Goal 14」に海洋環境保全挙げられている。海洋環境については、日本海洋国家としてとても重視していて、様々な取り組みをしている。具体例としては、レジ袋有料化だ。これは、スーパーマーケットコンビニエンスストアなどで、無料渡されていたレジ袋有料化し、プラスチックごみを減らすことを目的としている。近年プラスチックごみ海洋への流出が、海の生態系悪影響与えていると問題になっている試算した結果では、毎年800トンプラスチックごみ海洋流出し2050年には海洋中のプラスチックごみ重量が、重量超えるほどだ。プラスチックごみを減らすため日本ではレジ袋有料化2020年7月1日から始まった

SDGs目標達成するためには、世界中の国が行動を起こさなければならない。そして、小学生のうちから、SDGsとは何かを考え機会作ることが大切だ一人一人考えて行動することが、地球の未来を守ることにつながる。自分一人が行動しても意味ない考えるのではなく自分地球の未来背負っている一人だと思うことが重要だ

「サスティナブル」の熟語・言い回し

サスティナブルファッションとは


サスティナブルファッションとは、衣服生産から着用廃棄に至るまで、環境負荷考慮したサスティナブルなファッションのことをいう。例えば、同じ服を兄弟で着まわすことも廃棄量を減らすことになるため、サスティナブルファッションとなる。生産者側だけでなく、購入する側も取り組むことができる。

サスティナブル商品とは


サスティナブル商品とは、商品製造から廃棄に至るまで、環境への影響考えた商品のことをいう。例えば、お菓子包装材料が、プラスチック作られたものではなく、紙で作られたものなどが挙げられる

サスティナブルな暮らしとは


サスティナブルな暮らしとは、持続可能な社会目指し暮らし中に地球にやさしい行動取り入れることである。例えば、ごみを分別しリサイクルできるものは、徹底的にリサイクルすることも、サスティナブルな暮らしといえる。他にも、買い物の際に、環境配慮されたものを選ぶことや、食べ物無駄にしないことなどが挙げられる

サスティナブルな人とは


サスティナブルな人とは、持続可能な社会目指し自分ができるサスティナブルな取り組み実践している人のことをいう。

サスティナブルな取り組みとは


サスティナブルな取り組みとは、持続可能な社会のために、個人企業、国が行っていることである。例えば、飲料品製造する企業では、ペットボトルからラベル無くす「ラベルレスペットボトル」を導入する取り組み挙げられるラベル無くすことで、プラスチックごみの量を削減でき、ごみを分別する手間を省くことができる。

「サスティナブル」の使い方・例文

・私は、サスティナブルな人になるため、日々ごみの分別怠らない
・この会社目標は、サスティナブルな社会実現である。
・この地域でサスティナブルな取り組み行っている企業が、県から表彰された。
海岸ゴミ拾いも、サスティナブルな取り組み一つである。
10年前は、サスティナブルという言葉使ったことがなかった。
・今の小学生は、サスティナブルな社会実現ついてよ考えている。
・あの青年は、サスティナブルな取り組み日課にしているようだ
昨日お菓子を買う時にサスティナブル商品選んだ
・私は常に、サスティナブルな暮らし心がけている。
息子は、ご飯残さず食べるというサスティナブルな取り組みから始めた

サステイナブル

別表記:サステナブルサスティナブルサステーナブル
英語:sustainable

サステイナブル(英: sustainable)とは、人間活動自然環境資源悪影響与えず、かつその活動維持できるさまを表す言葉また、物事ある程度の期間安定して行われるさまをいうこともある。「持続可能と言い換えることが多い。「サステナブル」とも、なまってサスティナブル」ともいう。「サステーナブル」とも表記する。やや改まった文章ビジネス用いられることの多い外来語である。

用例:「サステイナブルな発展」「サステイナブルなもの作り」「環境をサステイナブルにする」「サステイナブルシティ」「サステイナブルに利益を出す」

英語sustainableは、維持させる意の他動詞sustain接尾辞-ableがついた形容詞で、持続可能であることを意味する1987年国連の「環境開発に関する世界委員会WCED)」が提唱したサステイナブルディベロップメントsustainable development持続可能な開発)」により、環境用語として一般化した

自然環境配慮していることを意味する語には「サステイナブル」のほかに「エコ」「エシカル」がある。「エコ」は環境に優しいことを包括的に意味する言葉であるが、「サステイナブル」は人間の経済活動をも維持できるという意味を含む。「エシカル」は、適切な倫理観もとづいて環境への配慮行っているさまを表す言葉で、企業消費活動についていうことが多い。

また、ある状態を保つことを表す言葉には「持続」「継続」「維持」「保全」「保守」などがあるが、これらがいずれも特定の状態を保つ行動表しているのに対し、「サステイナブル」はその状態を保つことができるようすを表す言葉である。したがって、「サステイナブルをする」などとは言えない。

サステイナブルデザイン」は、自然環境悪影響及ぼさないよう配慮されデザイン

「サステイナブルフード」は、自然環境の保護食料資源保全留意した収獲養殖調理などを経た食品海産物場合は特に「サステイナブルシーフード」という。

「サステイナブルライフ」は、自然環境配慮した暮らし、また暮らし方。

執筆稲川智樹

サステナブル

別表記:サステイナブルサスティナブル
英語:sustainable

「サステナブル」とは、「産業経済活動持続できること」または「自然環境破壊汚染などの悪影響与えず活動続けられること」を意味する表現である。日本語では「持続可能(な)」と和訳されることが多い。

持続可能であること」という抽象概念は「サステナビリティ持続可能性)」と呼ばれる

「サステナブル」の意味

サステイナブル(sustainable)」は元々は「持続できる」「持続可能な」「耐えられる」という意味の英語である。「sustain維持する耐える続ける)+ -able(できる)」という構成形容詞

国際社会目標として掲げ注目されているSDGs」は、「Sustainable Development Goals持続可能な開発目標)」の略である。つまり、SDGsはサステナブルな社会目指すための取り組みである。

SDGsは、地球環境保全をはかりながら持続可能な産業構造構築し将来世代利益損なわない開発を行うことなどを目標としている。2030年年限とし、それまで持続可能よりよい世界目指すことを定めた国際目標である。

「サステナブル」に関連する表現

「サステナブル商品」の意味

「サステナブル商品」とは、生産・販売消費廃棄という一連の商品サイクルの中で、自然環境社会・経済などに負荷をかけることなく事業活動持続できる商品のことである。

資源浪費しない汚染物質排出しない、といった環境負荷はもちろん、不当な労働力搾取をしない、文化未来繋げる、といった経済社会への配慮も「サステナブル商品」の重要な要素となる。

「サスティナブルファッション」の意味

「サスティナブルファッション」とは、衣服生産・流通廃棄といった商品サイクルあらゆる過程においてサステナブル(持続可能)である、またはサステナブルであることを目指すような商品のことである。

「サステナブルな暮らし」の意味

「サステナブルな暮らし」とは、おおむね地球環境保全配慮しながら一人ひとりが毎日の生活の中で簡単に取り組め持続可能な行動続けていくこと」を指す意味で用いられる表現である。具体的な内容いわゆるエコロジー相通じる部分も多い。

一般論として「むやみに買い替える」ような消費はサステナブルとはいえないが、家電製品省エネ性能の高い新製品買い替えることはサステナブルであるといえる

「サステナブルな人」の意味

「サステナブルな人」とは、サステナビリティ実現目標掲げ日々そのために勤しんでいる人のことである。

サステナビリティ実現向けた具体的な取り組みは、多種多様であり、単に「エコ暮らし」をしている人だけが「サステナブルな人」に該当するとは限らない

SDGs掲げ17目標には、貧困健康・福祉教育ジェンダー平等クリーンエネルギー気候変動地域づくり等々テーマがある。こうした課題解決尽力する人は「サステナブルな人」であるといえる

「サステナブル企業」の意味

「サステナブル企業」は、サステナビリティ活動積極的な企業、あるいは、サステナビリティ実現理念目標掲げて事業取り組んでいる企業のことである。

サステイナブル【sustainable】

読み方:さすていなぶる

形動《「サステナブル」とも》持続可能であるさま。特に、地球環境保全しつつ持続可能な産業開発などについていう。「—な社会作り


サスティナブル

(sustainable から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 04:51 UTC 版)

サスティナブル英語:sustainable




「サスティナブル」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「sustainable」の関連用語

sustainableのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



sustainableのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2024 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサスティナブル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS