サステナビリティとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > サステナビリティの意味・解説 

サステナビリティ

英語:sustainability

「サステナビリティ」とは・「サステナビリティ」の意味

「サステナビリティ」(sustainability)は、「持続可能性という意味を持つ言葉で社会地球環境全般持続可能な発展目指す考え方取り組みのことを指している。

サステナビリティの英語表記であるsustainabilityは、「持続する」「保つ」という意味を持つSustainと、「能力」を意味するAbility組み合わせてできた単語である。経済政治文化、そして環境など、様々な分野含まれるその中でも特に、環境問題エネルギー問題に対して用いられることが多い。格差人権ジェンダー食生活、そして教育人権など、人間取り巻様々な問題に対して使われている。

1970年代ごろから、欧米では、それまで人間活動成長見直され環境問題などが注目されるようになった目先の利益成果求めるような取り組み仕組みは、意味がないとされたのであるその後環境に対する関心高まり始めた1987年に、国連の「環境開発に関する世界委員会」が公表した最終報告書に、サステナブル・ディベロップメントSustainable Development)という理念うたわれたことで、一気注目を集めるようになったのであるその後2015年開催され国連サミットでは、SDGsSustainable Development Goalsが国際目標として掲げられるようになったそれによって様々な取り組みや、社会貢献活動を行う企業増え社会全体に広く浸透していったのである。「サステナ○○」など、サステナビリティと組み合わせた商品サービスなども登場している。

なお、SDGsとサステナビリティは全く異な意味合いを持つため、注意が必要だ。SDGs持続可能な開発のための2030アジェンダ記載されている世界共通の目標であり、「サステナビリティ」と全く同じ意味ではない。具体的な17ゴール設定されていることも、特徴と言えるだろう。一方、「サスティナビリティ」はあくまでも持続可能な発展に向けて行われる取り組み考え方のことである。

「サステナビリティ」の熟語・言い回し

ここでは、「サステナビリティ」の熟語言い回しについて解説していく。

サステナビリティ経営とは


社会持続可能性配慮した経営のことを、サステナビリティ経営という。環境社会、経済という3つの分野を指すことが多い。例えば、地球環境配慮し廃棄物削減するような事業や、ジェンダーLGBTQ配慮した人材活用など挙げられる

サステナビリティの3つの柱とは


サステナビリティの3つの柱とは、経済発展社会開発環境保護を指す。経済発展とは、それぞれの企業経済全体社会貢献し、かつ、利益出して成長し続けられるような発展のことである。社会開発は、住宅交通社会福祉医療、そして教育など、様々な社会サービス見直し発展させていくことである。格差不平等などのない、社会的な公平性維持重要視されている。環境保護はサステナビリティの中で最も注目されている分野であり、現在の地球環境未来残していくため活動を指す。再生可能エネルギーの活用脱炭素社会への取り組み海洋汚染対策など様々なものが挙げられる

企業のサステナビリティとは


目先の利益ではなく持続可能な発展配慮した企業の取り組み事業のことを指している。この場合長期的な運営目指すまた、企業のサステナビリティを測る指標としては、GRIスタンダードという国際基準用いられることが多い。

「サステナビリティ」の使い方・例文

「サステナビリティ」を使った例文いくつか挙げていく。

彼は、サステナビリティとSDGsとの違いをうまく説明してくれた。
今後はサステナビリティ経営について、早急に検討する必要がある
・サステナビリティの考え方取り入れた企業は、企業価値の向上が期待できるだろう。
・サステナビリティの本質をしっかり理解しておくことが大切だ
地球温暖化気候変動海洋汚染などの環境問題は、サステナビリティの中で最も注目されている
フードロス削減や、プラスチックごみ削減など、私たち個人的にできるサステナビリティな取り組み意外と多い。
CSRを知る前に、まずはサステナビリティという言葉の意味知っておくべきだ。
・サステナビリティを意識した提案を、次のミーティングまでに提出しよう。
世界中人々が、サステナビリティに関心寄せている。
・この取り組みは、サステナビリティに注目したものとは言い難い

サステナビリティ


サステナビリティ

別名:持続可能性サスティナビリティサステイナビリティ
【英】sustainability

サステナビリティとは、何かの物事について、現在から将来にわたってそれを持続することが可能であるという概念である。

サステナビリティの定義として現在一的に用いられている表現は、「将来世代ニーズ満たす能力損なことなく今日世代ニーズ満たす」というものである。これは、国際連合の「環境開発に関する世界委員会」(WCED)から1987年発行された報告書において言及されている。

サステナビリティは、WCEDにおいては地球環境資源開発における概念として提唱されたが、近年ビジネスシーンおいても考慮されることが多い。経営戦略商品の提供などにおいてサステナビリティを確保することは、企業の社会的責任CSR)の観点から近年重要視されつつある。

産業・技術のほかの用語一覧
企業活動:  リアルタイムコラボレーション  SCM  SWEBOK  サステナビリティ  在庫回転期間  在庫回転日数  シャドーIT

持続可能性

(サステナビリティ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/24 07:18 UTC 版)

持続可能性(じぞくかのうせい、: sustainabilityサステナビリティサステイナビリティ)は、将来にわたって現在の社会の機能を継続していくことができるシステムやプロセスのこと。




「持続可能性」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サステナビリティ」の関連用語

サステナビリティのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サステナビリティのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2023 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサステナビリティの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの持続可能性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS