足尾鉱毒事件とは? わかりやすく解説

足尾鉱毒事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/26 06:04 UTC 版)

足尾鉱毒事件(あしおこうどくじけん)または足尾銅山鉱毒事件(あしおどうざんこうどくじけん)は、19世紀後半の明治時代初期から栃木県群馬県渡良瀬川周辺で起きた、日本初公害事件である。


  1. ^ 19世紀にここで山火事があったことから、山が禿げたのは山火事が原因だという主張もある。
  2. ^ 鉱毒調査委員会官制、明治35年勅令第35号。
  3. ^ 制作には当時、宇都宮市職員を務めていた作家の立松和平も携わった[10]



足尾鉱毒事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 23:43 UTC 版)

榎本武揚」の記事における「足尾鉱毒事件」の解説

「足尾鉱毒事件」も参照 かねてより足尾銅山鉱毒被害問題となっており、1895年明治28年)には、栃木県知事佐藤暢群馬県知事中村元雄連名政府足尾銅山に関する要望書提出するが、榎本はこれを放置1896年9月大洪水鉱毒被害拡大激化。翌1897年2月田中正造国会で鉱業停止命じない理由回答求め質問書提出し政府取り組み非難する演説行った。これに勢いづいた被害農民は1千名超える陳情団(第1回大挙東京押出し)を上京させ、榎本3月5日被害農民面談した3月18日先の田中質問に対して政府榎本内務大臣樺山資紀連名で「示談契約古河鉱業被害農民民事上の問題であり政府関与しない鉱業停止鉱業条例適合する断言できない。但し政府黙視していたわけではない」という回答書出したが、この回答被害農民反発招き第2回大挙東京押出し引き起こす3月23日榎本谷干城津田仙助言受け入れ津田案内現地視察同日夜、大隈重信相談し24日鉱毒調査委員会設置した27日再度陳情団と面談の後、29日大臣引責辞任前官礼遇を受ける。なお辞表では「脳症罹り激務に耐えがたい」ことを辞任理由としている。

※この「足尾鉱毒事件」の解説は、「榎本武揚」の解説の一部です。
「足尾鉱毒事件」を含む「榎本武揚」の記事については、「榎本武揚」の概要を参照ください。


足尾鉱毒事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 13:50 UTC 版)

新井奥邃」の記事における「足尾鉱毒事件」の解説

奥邃はまた足尾銅山操業停止鉱毒被害救済訴え続けていた田中正造紹介され、正造が1901年12月10日天皇直訴試みた翌月の『日本人誌上に正造の行動心事擁護し政府責任厳しく追及11月には正造に伴われ被害地視察する。それ以後二人交流田中が死ぬまで続いた田中日記記述から、新井著作相当数読んでいたことは間違いない一方1911年明治44年4月政府臨時治水調査会提出され田中の「元谷中村留ノ要求耕作回復陳情書」と「治水工事少ク成績多キ先決問題請願陳情書」は、その執筆かかわった島田宗三によると、新井逸見斧吉、および木下尚江改訂補修し、特に前者の「論旨文体改竄に近い程新井先生の筆が加わっており、此点田中新井両翁の合作と云ってもよい程のものである」と述べている。 また翌年6月谷中村の「土地収用補償金裁決不服訴訟」の途中で東京谷中村救済会が解散したため控訴審担当する弁護士がいなくなり田中残留民が新たに弁護士依頼する資金もない窮地陥ったとき、新井門下中村三郎紹介したこともよく知られている。

※この「足尾鉱毒事件」の解説は、「新井奥邃」の解説の一部です。
「足尾鉱毒事件」を含む「新井奥邃」の記事については、「新井奥邃」の概要を参照ください。


足尾鉱毒事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 00:02 UTC 版)

古河機械金属」の記事における「足尾鉱毒事件」の解説

栃木県群馬県渡良瀬川周辺発生し現在も鉱毒流出続いている足尾銅山公害事件原因企業古河鉱業(現・古河機械金属)である。 詳細は「足尾鉱毒事件」を参照

※この「足尾鉱毒事件」の解説は、「古河機械金属」の解説の一部です。
「足尾鉱毒事件」を含む「古河機械金属」の記事については、「古河機械金属」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「足尾鉱毒事件」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



足尾鉱毒事件と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「足尾鉱毒事件」の関連用語

足尾鉱毒事件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



足尾鉱毒事件のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの足尾鉱毒事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの榎本武揚 (改訂履歴)、新井奥邃 (改訂履歴)、古河機械金属 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS