津田仙とは?

津田仙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/26 00:16 UTC 版)

津田仙(つだ せん、天保8年7月6日1837年8月6日) - 明治41年(1908年4月24日)は、日本の農学者キリスト者。学農社創立者。青山学院大学筑波大学附属盲学校の創立に関わる。また、日本で最初に通信販売を行った人物でもある。同志社大学の創始者新島襄、人間の自由と平等を説いた東京帝国大学教授の中村正直とともに、“キリスト教界の三傑”とうたわれた。明六社会員。娘に、後に津田塾大学創設者となる津田梅子、サンフランシスコで日本語新聞「日米新聞」を発行し日系人社会のリーダー的存在だった安孫子久太郎と結婚しアメリカに移住した安孫子余奈子がいる。


  1. ^ 林檎試食会『新聞集成明治編年史. 第七卷』林泉社、1940、p518
  2. ^ 隆海, 松本 (1901). “写真画 津田仙君撮影”. 足尾鉱毒惨状画報. 東京: 青年同志鉱毒調査会. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001975307-00. 
  3. ^ a b 加納 2018, pp. 1-17.
  4. ^ 内田糺「人物を中心とした産業教育史」、帝国地方行政学会、東京、1965年、 doi:10.11501/2507882全国書誌番号:65010300
  5. ^ 普連土学園 1987, p. 9.
  6. ^ 加納 2018, p. 9.
  7. ^ a b 全国篤農家列伝 1910, p. 143.
  8. ^ 大坪 1941, p. 144.
  9. ^ 石川県教育委員会, p. 353.
  10. ^ a b c d e 加納 2018, p. 6.
  11. ^ 岳陽名士伝 1891, p. 836.
  12. ^ a b c 加納 2018, p. 5.
  13. ^ 宇喜多翁, p. 12.
  14. ^ 宇喜多翁, p. 51.
  15. ^ a b c d e f 加納 2018, p. 7.
  16. ^ 三宅, pp. 330-333.
  17. ^ 内藤 1955, p. 485.
  18. ^ 豊橋市立商業学校 1943, pp. 159-160.
  19. ^ 忠民翁 1911, pp. 4-5.
  20. ^ 小柳津忠民; 小柳津友治著『蚕桑要論 : 実地適用』[大崎村 (愛知県)]、小柳津友治、1888年。全国書誌番号:40062222doi:10.11501/840810
  21. ^ 鳥取二十世紀梨 1972, pp. 65-69.
  22. ^ 丸山和代「西森拙三の生涯を追って」『高知市立自由民権記念館紀要』第12巻、2004年、 71頁。
  23. ^ 加納 2018, p. 8.
  24. ^ 『静岡県茶業史』静岡県茶業組合聯合会議所 (編)、静岡、1291頁。doi:10.11501/1020045
  25. ^ 岳陽名士伝 1891, pp. 1282-1283.
  26. ^ 三宅, pp. 330-3.





津田仙と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「津田仙」の関連用語

津田仙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



津田仙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの津田仙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS