パーム油とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 食品 > 食用油脂 > パーム油の意味・解説 

パーム‐ゆ【パーム油】


パ-ム油

アブラヤシ果肉から取れる油で、食用硬化油、マ-ガリンショ-トニング、石鹸等の原料になる。NL系(非ラウリン脂)のコ-チングチョコレ-トにこの油脂使用される事もある。 *パ-ム油とは性質が違うので注意する事。

パーム油

パーム原油には遊離脂肪酸含量によって品質多く段階(3%から45%)があり、またパーム油はカロチン多量(0.05~0.2%)に含むためオレンジ色呈するまた、特有の芳香がある。
沃素価4460鹸化価190209比重d0.898~0.905、屈折率n1.453~1.459、不鹸化物1.0%以下、融点2750固体脂で、脂肪酸組成は、ラウリン酸0~1%ミリスチン酸1~2%パルミチン酸3946%、ステアリン酸3~5%、オレイン酸3844%、リノール酸8~11%である。用途としては、我が国では95%が食用(マーガリン・ショートニング、フライ用・製菓用油等)であり、残り工業用(鉄鋼圧延用、石鹸ろうそく製造)に用いられる。なお、精製パーム油を分別したものにパームオレイン、パームステアリンがあり、JAS規格では前者40清澄なもの、後者60清澄なものとされている。
パーム油

パーム油

果肉部分より

生産国マレーシアインドネシア

パーム油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/11 03:43 UTC 版)

パーム油(パームゆ、 英語: palm oil)はアブラヤシ果実から得られる植物油である。通常ギニアアブラヤシ(学名 Elaeis guineensis)から得られる。飽和脂肪酸が多くその内訳はパルミチン酸が最も多く、次に一価不飽和脂肪酸のオレイン酸に富み、およそ8割をこの2つの脂肪酸で占める。同じアブラヤシから得られるものとしてパーム核油がある。パーム油が果肉から得られるのに対し、パーム核油は種子から得られるもので、組成も性質も異なる。


  1. ^ 【真相深層】バイオマス発電 黄信号/燃料調達難で大半稼働できない恐れ/パーム油使用、乱開発助長も『日本経済新聞』朝刊2018年4月17日(2面)
  2. ^ 植物油の生産から消費まで (1)世界の植物油生産(一般社団法人 日本植物油協会) データは2004 - 2011年のISTA Mielke社「Oil World」誌
  3. ^ 『15710の化学商品』 化学工業日報社、2010年、1380頁。
  4. ^ Chiabi, Andreas; Kenmogne, Maguerite Hortence; Nguefack, Seraphin; et al (2011). “The empiric use of palm kernel oil in neonatal skin care: Justifiable or not?”. Chinese Journal of Integrative Medicine 17 (12): 950–954. doi:10.1007/s11655-011-0938-1. PMID 22139548. 
  5. ^ a b Kalyana Sundram, Ravigadevi Sambanthamurthi, Yew-Ai Tan (2003). “Palm fruit chemistry and nutrition”. Asia Pacific journal of clinical nutrition 12 (3): 355–362. PMID 14506001. 
  6. ^ a b c d e 岡本正明「もう一つの油戦争:―不健康なパーム油という言説,その対抗言説の誕生と発展」『東南アジア研究』第55巻第2号、2018年、 217-239頁、 doi:10.20495/tak.55.2_217
  7. ^ a b c d e f g Gesteiro, Eva; Guijarro, Luis; Sánchez-Muniz, Francisco J.; et al (2019). “Palm Oil on the Edge”. Nutrients 11 (9): 2008. doi:10.3390/nu11092008. PMID 31454938. https://www.mdpi.com/2072-6643/11/9/2008/htm. 
  8. ^ USDA National Nutrient Database
  9. ^ Khamdiah Khodari, S.N.; Noordin, Mohamed Ibrahim; Chan, Lucy; et al (2017). “In vitro and in vivo Evaluation of New Topical Anaesthetic Cream Formulated with Palm Oil Base”. Current Drug Delivery 14 (5). doi:10.2174/1567201813666160801113302. PMID 27480118. 
  10. ^ Didi Erwandi Mohamad Haron, Zamri Chik, Mohamed Ibrahm Noordin, Zahurin Mohamed (2015-12). “In vitro and in vivo evaluation of a novel testosterone transdermal delivery system (TTDS) using palm oil base”. Iranian journal of basic medical sciences 18 (12): 1167–1175. PMC: 4744355. PMID 26877845. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4744355/. 
  11. ^ 開催報告:企業向け森林セミナー「パーム油と森林破壊」”. WWF (2013年10月7日). 2018年4月8日閲覧。
  12. ^ 【イチからオシえて】想定外のパーム油発電拡大/再生エネ買い取り対象 CO2削減に逆行も毎日新聞』朝刊2018年2月21日(くらしナビ面)2019年4月11日閲覧。


「パーム油」の続きの解説一覧



パーム油と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パーム油」の関連用語

パーム油のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パーム油のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
イシハライシハラ
Copyright (C) 2020 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
油屋.com油屋.com
All Copyright Reserved (C) Kaneda shouji Co., Ltd. 2000 -2020
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパーム油 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS