硬化油とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > 硬化油の意味・解説 

こう かゆ かうくわ- [3] 【硬化油】

魚油植物油などの液状油脂水素添加し,その中の不飽和脂肪酸飽和脂肪酸に変えて固化させたもの。悪臭のあるものも無臭となり,また,空気中で酸化されにくくなる。マーガリン石鹼などの製造原料にする。

硬化油

英訳・(英)同義/類義語:hardened oil

魚油などの液体不飽和脂肪酸二重結合水素付加し、融点上昇させて固化した油脂
「生物学用語辞典」の他の用語
化合物名や化合物に関係する事項:  抗酸化剤  抗利尿薬  構造異性体  硬化油  硬水  紅色体  酵素標識アビジン

硬化油

魚油植物油等の液体油に水素を反応させると、固まって融点の高い脂肪になる。この操作水素添加(水添)といい、この反応一般的に硬化>とも呼んで、出来た油を硬化油という。硬化油は硬くなるだけでなく、不快な臭いが除かれ、変敗しにくいため、マーガリンショートニング原料として用いられる。  

硬化油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/18 07:15 UTC 版)

硬化油(こうかゆ)とは、比較的融点の低い不飽和脂肪酸を多く含むために常温で液体となっている油脂に、水素付加(水添)を行い、より融点の高い飽和脂肪酸の割合を増加させ、常温で固形化した油脂のこと。同じ温度で液体だったものが、固体または半固体になることから、硬くなった油脂という意味で硬化油と呼ばれる。なお、水素付加によって不飽和脂肪酸の一部を飽和脂肪酸にしただけで、まだ不飽和脂肪酸も残っている硬化油を、部分硬化油と呼んで区別する場合もある。部分硬化油も含めた硬化油は、一般的に植物油魚油に水素付加を行うことで製造される。




「硬化油」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「硬化油」の関連用語

硬化油のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

瀬田廃寺

丸山千枚田

ニューギニアワニ

W64SH

クンミンゴサウルス・ウディンゲンシス

レオパード・タイガープレコ L121

BRUTALE-910R

グリップ





硬化油のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
イシハライシハラ
Copyright (C) 2018 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの硬化油 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS