ひまし油とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 調味料 > > ひまし油の意味・解説 

ひまし油

とうごま種子から、圧搾法または圧抽法で得られる不乾性油である。ひまし油は水酸基をもったリシノール酸8090%含む。このため粘度が高く、水酸基価が大きく旋光性に富み、またアルコール氷酢酸溶解し、
石油溶剤に溶けにくいなど、他の植物性油脂にみられない大きな特徴を示す。
沃素価8090鹸化価176187アセチル144150水酸基155177、不鹸化1%以下、屈折率n1.475~1.480、比重d0.953~0.965である。脂肪酸組成は、パルミチン酸0.8~1.1%、ステアリン酸0.7~1.0%、オレイン酸2.0~4.1%、リノール酸4.1~5.2%、リノレン酸0.5~0.9%、アラキン酸0.3~0.8%、リシノール酸87.2~89.6%、その他0.3~1.1%である。ひまし油はオキシ酸油の唯一の例で化学工業原料として重要である。硫酸との反応ロート油、水添によって高融点のろう、脱水によって共役二重結合をもつ乾性油脱水ひまし油)、熱分解ウンデシレン酸とヘプタアルデヒド、アルカリ溶融によりセパシン酸とオクタノールが得られる。酸化吹込み)油、エステル化エポキシ化などで可塑剤を得るなどの用途がある。なかでも脱水ひまし油は桐油にない長所をもつので、塗料印刷インキには不可欠原料である。このほか化粧品薬用下剤)・潤滑油などとして使用される。最近ひまし油をポリオール源として用いたウレタンホームおよびウレタン塗料需要が増えている。
ひまし油
生産国インドブラジル

ひまし油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/06 14:38 UTC 版)

ひまし油(ひましあぶら、ひましゆ、蓖麻子油)は、トウダイグサ科トウゴマ種子から採取する植物油の一種。


  1. ^ 菜種油、コーン油、ヒマワリ油、大豆油
  2. ^ 日本薬剤師会, ed. (2008), 調剤指針 (第12改訂増補 ed.), 薬事日報社, p. 62, ISBN 9784840810517 
  3. ^ (英語) Castor Oil: Maguta ma Mbariki”. 2016年1月5日閲覧。
  4. ^ (英語) Kikuyu Language online: phonology”. 2016年1月5日閲覧。
  5. ^ 杜由木『夜には、夜のけものがあるき 昼には、昼のできごとがゆく』東京図書出版、2015年、225頁。ISBN 978-4-86223-828-3
  6. ^ a b 秦野啓 著『魔法の薬 マジックポーション TruthInFantasy57』 新紀元社、2002年
  7. ^ 平野正章/小林菊衛著『てんぷらの本』柴田書店 285Pより。


「ひまし油」の続きの解説一覧





ひまし油と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ひまし油に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ひまし油」の関連用語

ひまし油のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

パーム核油

つばき油

パーム油

ごま油

なたね油

落花生油

ホホバ油

パーム核油





ひまし油のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
油屋.com油屋.com
All Copyright Reserved (C) Kaneda shouji Co., Ltd. 2000 -2018
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのひまし油 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS