オレイン酸とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > > オレイン酸の意味・解説 

オレイン酸

分子式C18H34O2
その他の名称:18:1ω9、Oleic acid、(Z)-9-Octadecenoic acid、cis-9-オクタデセン酸、cis-9-Octadecenoic acid18:1n-9、18:1(n-9)、18:1、(9Z)-9-Octadecenoic acid
体系名:(9Z)-9-オクタデセン酸、オレイン酸、(Z)-9-オクタデセン


オレイン酸 (18:1)

自然に豊富に存在する不飽和脂肪酸ステアリン酸と同じ炭素数(18)で中央二重結合を持つ。リン脂質糖脂質脂肪鎖として脂質膜を形成する。

名前Oleic acid
オレイン酸

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


オレイン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/26 05:44 UTC 版)

オレイン酸(オレインさん、: oleic acid、数値表現 18:1(n-9)または18:1(Δ9))は動物性脂肪植物油に多く含まれている脂肪酸である。炭素原子間の二重結合を介して結合している一価の不飽和脂肪酸である。シス型のシスモノエン脂肪酸。18:1 (n-9) の略号で表される。消防法に定める第4類危険物 第3石油類に該当する[4]。一価不飽和脂肪酸のω-9脂肪酸に分類される。




  1. ^ 国際化学物質安全性カード オレイン酸 ICSC番号:1005 (日本語版), 国立医薬品食品衛生研究所, http://www.ilo.org/dyn/icsc/showcard.display?p_card_id=1005&p_version=2&p_lang=ja 
  2. ^ Young, Jay A. (2002年). “Chemical Laboratory Information Profile: Oleic Acid”. Journal of Chemical Education 79: 24. Bibcode 2002JChEd..79...24Y. doi:10.1021/ed079p24. http://www.acs.org/content/dam/acsorg/about/governance/committees/chemicalsafety/safetypractices/clip-oleic-acid.pdf. 
  3. ^ National Toxicology Program, Chemical Properties, CAS:112-80-1
  4. ^ 法規情報 (東京化成工業株式会社)
  5. ^ a b c Purnamawati S, Indrastuti N, Danarti R, Saefudin T (2017年12月). “The Role of Moisturizers in Addressing Various Kinds of Dermatitis: A Review”. Clin Med Res (3-4): 75–87. doi:10.3121/cmr.2017.1363. PMC 5849435. PMID 29229630. https://doi.org/10.3121/cmr.2017.1363. 
  6. ^ a b Lin TK, Zhong L, Santiago JL (2017年12月). “Anti-Inflammatory and Skin Barrier Repair Effects of Topical Application of Some Plant Oils”. Int J Mol Sci (1). doi:10.3390/ijms19010070. PMC 5796020. PMID 29280987. http://www.mdpi.com/1422-0067/19/1/70/htm. 
  7. ^ Oshino N, Imai Y, Sato R (1971年). “A function of cytochrome b5 in fatty acid desaturation by rat liver microsomes”. J. Biochem. 69 (1): 155-167. PMID 5543646. 
  8. ^ Olga Sayanova, Richard Haslam, Irina Guschina, David Lloyd, William W. Christie, John L. Harwood and Johnathan A. Napier (2006年). “A Bifunctional Δ12,Δ15-Desaturase from Acanthamoeba castellanii Directs the Synthesis of Highly Unusual n-1 Series Unsaturated Fatty Acids”. The Journal of Biological Chemistry 281: 36533-36541. doi:10.1074/jbc.M605158200. 
  9. ^ DeAngelis YM, Gemmer CM, Kaczvinsky JR, Kenneally DC, Schwartz JR, Dawson TL (2005年12月). “Three etiologic facets of dandruff and seborrheic dermatitis: Malassezia fungi, sebaceous lipids, and individual sensitivity”. J. Investig. Dermatol. Symp. Proc. (3): 295–7. doi:10.1111/j.1087-0024.2005.10119.x. PMID 16382685. https://doi.org/10.1111/j.1087-0024.2005.10119.x. 
  10. ^ JiangSaho、ZhouXiao「Examination of the Mechanism of Oleic Acid-Induced Percutaneous Penetration Enhancement : an Ultrastructural Study」、『Biological & pharmaceutical bulletin』第26巻第1号、2003年1月1日、 66-68頁、 doi:10.1248/bpb.26.66NAID 110003608291PMID 12520175


「オレイン酸」の続きの解説一覧



オレイン酸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オレイン酸」の関連用語

オレイン酸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オレイン酸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
イシハライシハラ
Copyright (C) 2019 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオレイン酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS