エナント酸とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 化合物 > エナント酸の意味・解説 

ヘプタン酸

分子式C7H14O2
その他の名称:エナント酸、ヘプチル酸、エナンチル酸、Enanthic acid、Heptanoic acid、Hepthylic acid、Enanthylic acid、n-Heptylic acid、Oenanthic acid、Heptylic acid、n-Heptoic acid、n-ヘプト酸、オエナンチル酸、オエナント酸、n-ヘプチル酸、Oenanthylic acid、Amylacetic acid
体系名:ヘプタン酸、アミル酢酸


エナント酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/08 03:17 UTC 版)

エナント酸(エナントさん、enanthic acid)は炭素数7のカルボン酸で、末端にカルボキシル基を持つ。IUPAC名ヘプタン酸 (heptanoic acid) である。腐敗物のような悪臭を持つ油状液体で、腐った油のにおいの成分の一部である。水には溶けにくいが、エタノールエーテルには良く溶ける。消防法による第4類危険物 第3石油類に該当する[1]


  1. ^ 法規情報 (東京化成工業株式会社)


「エナント酸」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エナント酸」の関連用語

1
78% |||||

2
78% |||||

3
78% |||||

4
78% |||||

5
78% |||||

6
78% |||||

7
78% |||||

8
78% |||||

9
78% |||||

エナント酸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エナント酸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエナント酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS