Ω-7脂肪酸とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > Ω-7脂肪酸の意味・解説 

ω-7脂肪酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/29 07:36 UTC 版)

ω-7脂肪酸(Omega-7 fatty acid)は、不飽和脂肪酸の分類の1つであり、不飽和結合の位置が炭素鎖の端から7番目の炭素原子上にあるものである。天然に存在する2つの代表的なω-7脂肪酸は、パルミトレイン酸バクセン酸である[1]




  1. ^ Mukherjee, Kumar D.; Kiewitt, Irmgard (1980). “Formation of (n-9) and (n-7) cis-monounsaturated fatty acids in seeds of higher plants”. Planta 149 (5): 461–463. doi:10.1007/BF00385748. 


「ω-7脂肪酸」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Ω-7脂肪酸」の関連用語

Ω-7脂肪酸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Ω-7脂肪酸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのω-7脂肪酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS