粘度とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > FA用語 > 粘度の意味・解説 

粘度


粘度

英語 viscosity

流体流れ対す抵抗性のことで、粘性率粘性係数ともいい、その流体種類温度によって変化する。流体の粘度は1713年アイザック・ニュートン(イギリス、1642~1727年)によって、粘性流動における粘性係数として定義さ

れている。SI単位ではパスカル秒(Pa・s)で表され、1Pa/s= 1N・s/ m2管路流れ流体の粘度μは、μ=τ・v/hで表される。v/hは速度勾配で、hは長さ、vは長さ時間で割ったもの、τはせん断応力で、力を面積で割ったものである潤滑油塗料等の性状特性の重要項目である。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

粘度

読み方: ねんど
【英】: viscosity

、油、ガスなどの流体流動するとき、必ずその流れ抵抗ようとする内部摩擦力が働く。流体の持つこのような性質粘性といい、この性質にその強さ概念含めて粘度という。粘度には絶対粘度と動粘度とがある。絶対粘度は、流速勾配りゅうそくこうばい}(流線に対して直角な方向における流速変化率)とそれに対して発生する剪断せんだん応力との比例係数として定義され、CGS 単位の 1 単位ポアズ (P) 、その 1/100 はセンチポアズ (cP) と命名されている。動粘度絶対粘度を流体密度で除したもので、CGS 単位の 1 単位ストークス (St) 、その 1/100 をセンチストークス (cSt) という。粘度は、原油油層内での挙動石油類パイプによる輸送問題にとって、また石油製品性状としても重要な要素であるほか、坑井掘削にあたって使用する循環泥水性能とっても重要な要素である。液体の粘度は一般に温度の上昇により低下し、ガス体の粘度は逆に増加する。また圧力の上に対して液体ガスともに粘度は増加する。油層内の原油の粘度は、原油組成により、その平均比重あるいは分子大きいほど大きく、また油層内の温度圧力によるほか、ガス原油内に溶存する程度によっても変化する。石油類性状を示す粘度としては通常動粘度が用いられる。動粘度測定するには動粘度計を用いる。動粘度計の毛管中を一定量試料流れるのに要する時間測定し、これから粘度を求め方法で、日本工業規格JIS)K2283(原油および石油製品動粘度試験方法並びに石油製品粘度指数算出方法)に規定がある。動粘度以外に、米国ではセイボルト粘度、英国ではレッドウッド粘度がよく用いられている。これらは流出孔のある所定容器試料を入れて、その一定量流出するのに要する時間測定し、その秒数で粘度の高低を表す。動粘度をこれらの値に換算する表が、前記 JIS解説ところに載っている。掘削泥水の粘度は、泥水坑井壁と掘り管の間のアニュラス上昇しつつカッティングス保持してこれを地上持ってくる能力に関係する重要な性質であるが、その現場における測定には、一定量泥水一定形状漏斗からの流出時間で表すファンネル粘度計泥水を満たした回転円筒のなかにつるした円筒にかかるトルク角度で表すビスコシメーターが使われる。

粘度

【英】viscosity

流体粘性程度をあらわす値。せん断速度対すせん断応力の比を粘度あるいは粘性係数という。一般にはP(ポアズ)あるいはその100分の1のcPで表すが,SI単位ではPa・s(=10P)で表す。
その他、潤滑剤やメンテナンス用品、作業環境保護など工場・現場が必要としている商品や供給会社に関する情報については、「ジュンツウネット21」で見ることができます。 ⇒ 「ジュンツウネット21」

粘度

オイルなどの粘り度合いを表す尺度

粘度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/11 23:58 UTC 版)

粘度(ねんど、ドイツ語: Viskositätフランス語: viscosité英語: viscosity)は、物質のねばりの度合である。粘性率粘性係数、または(動粘度と区別する際には) 絶対粘度とも呼ぶ。一般には流体が持つ性質とされるが、粘弾性などの性質を持つ固体でも用いられる。


  1. ^ Watter, H., 2015, Hydraulik und Pneumatik: Grundlagen und Übungen - Anwendungen und Simulation: 4. Aufl., Springer Vieweg.
  2. ^ a b 高橋幹二、日本エアロゾル学会編、 『エアロゾル学の基礎』 森北出版、2003年、15-16頁。ISBN 4-627-67251-9 
  3. ^ Amiroudine, S. et Battaglia, J.-L., 2014, Mécanique des fluides - Cours et exercices corrigés: 2e éd., Dunod.
  4. ^ Reynolds, O. 1886. On the Theory of Lubrication and Its Application to Mr. Beauchamp Tower's Experiments, Including an Experimental Determination of the Viscosity of Olive Oil. Philosophical Transactions of the Royal Society of London.[1]
  5. ^ Betten, J., 2005, Creep Mechanics: 2nd Ed., Springer.
  6. ^ Williams, Malcolm L.; Landel, Robert F.; Ferry, John D. (1955). “The Temperature Dependence of Relaxation Mechanisms in Amorphous Polymers and Other Glass-forming Liquids”. J. Amer. Chem. Soc. 77 (14): 3701-3707. doi:10.1021/ja01619a008. 
  7. ^ Toru Masuko, Joseph H. Magill (1988), A comprehensive expression for temperature dependence of liquid viscosity., 日本レオロジー学会誌 Vol.16
  8. ^ a b 吉田晶樹 『地球はどうしてできたのか―マントル対流と超大陸の謎』 講談社、2014年、268頁。ISBN 978-4-0625-7883-7 
  9. ^ a b 林茂雄 『移動現象論入門』 東洋書店、2007年、338-341頁。ISBN 978-4-88595-691-1 


「粘度」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「粘度」の関連用語

粘度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



粘度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2019. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2019 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
潤滑通信社潤滑通信社
copyright © 潤滑通信社 All Rights Reserved
接着剤ツールファースト接着剤ツールファースト
© 2019 TOOLFIRST. All Rights Reserved.
Be.BIKEBe.BIKE
Copyright(C) 2001- 2019 CAR MATE MFG.CO.,LTD. All Rights Reserved.
Be.BIKE自転車用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの粘度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS