マヨネーズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 調味料 > ソース > マヨネーズの意味・解説 

マヨネーズ【(フランス)mayonnaise】

読み方:まよねーず

卵黄サラダ油・酢・塩などをまぜ合わせ乳化させたソースサラダ揚げ物などに用いる。マヨネーズソース

マヨネーズの画像

マヨネーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 14:18 UTC 版)

マヨネーズ: mayonnaise)は、食用油を主材料とした半固体状ドレッシング。卵は卵黄のみ使用するものと全卵を使用するものがある。


  1. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版) (PDF)
  3. ^ 五訂増補日本食品標準成分表、本表14油脂類
  4. ^ 五訂増補日本食品標準成分表 脂肪酸成分表編、本表14油脂類
  5. ^ Teodoro Bardají Más (1). La salsa mahonesa. Impr. Julián Peña. マヨ」と略されて呼ばれることもある。
  6. ^ 本山萩舟, 『飲食事典』p158, 1958年, 平凡社
  7. ^ ドレッシングの日本農林規格” (日本語). 農林水産省 (2008年10月16日). 2015年6月6日閲覧。
  8. ^ ドレッシング及びドレッシングタイプ調味料品質表示基準 (PDF)” (日本語). 消費者庁 (2011年9月30日). 2020年1月15日閲覧。 “「ドレッシングの日本農林規格」と異なり、この表示基準では、酸味料を使用したものもマヨネーズの定義に含まれる。”
  9. ^ 米アマゾン部門売り上げ1位 キユーピーマヨネーズ大人気” (日本語). J-CASTニュース 経済. J-CAST (2010年4月25日). 2010年12月7日閲覧。
  10. ^ Harold McGee 2008, p. 614.
  11. ^ “マヨネーズをかけないのは紅茶だけ?世界消費量第一位ロシアのマヨ事情”. (2014年7月24日). http://macaro-ni.jp/4245 2014年12月7日閲覧。 
  12. ^ a b c 福場博保、小林彰夫『調味料・香辛料の事典』朝倉書店1991年,p354-357
  13. ^ a b 福場博保、小林彰夫『調味料・香辛料の事典』朝倉書店1991年、p.348
  14. ^ ニッポン・ロングセラー考 Vol.004 キユーピーマヨネーズ” (日本語). COMZINE. NTTコムウェア (2003年8月24日). 2010年12月7日閲覧。
  15. ^ 笹田克彦 著、日経デザイン 編 『ロングセラーパッケージ大全』日経BP社、2016年。ISBN 978-4-8222-3514-7 
  16. ^ p.373「五四、マヨネーズの作り方(五人分)」 - 陸軍省副官寺倉正三 『軍隊調理法』 1937年、アジア歴史資料センター Ref.C01006952500
  17. ^ a b 栗原健志、水谷宏、野村裕子 ほか、自家製マヨネーズおよびサラダ中における Salmonella Enteritidisの消長 日本食品微生物学会雑誌 1994年 11巻 1号 p.35-41, doi:10.5803/jsfm.11.35
  18. ^ ドレッシング類と食中毒菌 (HTML)” (日本語). 全国マヨネーズ・ドレッシング類協会. 2007年12月2日閲覧。
  19. ^ 松田のマヨネーズ
  20. ^ JAS法まで変えた「松田のマヨネーズ」の存在感(ダイヤモンドオンライン)


「マヨネーズ」の続きの解説一覧

マヨネーズ(Mayonnaise)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 17:18 UTC 版)

スポンジ・ボブ」の記事における「マヨネーズ(Mayonnaise)」の解説

上記と同様ハンバーガーホットドッグでよく使用されているマヨネーズ。通称は「マヨMayo)」。実写として登場する場合もある。クローンクラゲにかけると消滅する劇場版2では武器として使った

※この「マヨネーズ(Mayonnaise)」の解説は、「スポンジ・ボブ」の解説の一部です。
「マヨネーズ(Mayonnaise)」を含む「スポンジ・ボブ」の記事については、「スポンジ・ボブ」の概要を参照ください。


マヨネーズ (Mayonnaise)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 02:19 UTC 版)

カニカーニ」の記事における「マヨネーズ (Mayonnaise)」の解説

上記と同様ハンバーガーホットドッグでよく使用されているマヨネーズ。通称は「マヨ (Mayo)」。実写として登場する場合もある。クローンクラゲにかけると消滅する劇場版2では武器として使った

※この「マヨネーズ (Mayonnaise)」の解説は、「カニカーニ」の解説の一部です。
「マヨネーズ (Mayonnaise)」を含む「カニカーニ」の記事については、「カニカーニ」の概要を参照ください。


マヨネーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 04:23 UTC 版)

黄色い本」の記事における「マヨネーズ」の解説

文藝春秋コミックアレ!1996年5月臨時増刊号初出30ページ 一種の社内セクハラ」を描いた作品12分けられた短いシーンからなる。若いOLたきちゃんは、前日同僚のスネウチ君にホテルにいこうか」と誘われたことで気まずい思いをしている。スネウチ君の前で何とか普段どおり振舞おうとし会社辞めてやろうかと思ったり、またぶしつけにそんなこと言い出したスネウチ君を懲らしめてやろうと思ったりする。その月、彼女はツネウチ君が紛失した書類のありかを一緒に考えてやり、何気ないふうに一緒にケンタッキー食べたりする。同僚の一人神戸ボランティア行き、スネウチ君はいつの間にたきちゃん部屋上がりこんでいる。そうしてたきちゃんとスネウチ君は結婚してしまったのだった

※この「マヨネーズ」の解説は、「黄色い本」の解説の一部です。
「マヨネーズ」を含む「黄色い本」の記事については、「黄色い本」の概要を参照ください。


マヨネーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 02:41 UTC 版)

お好み焼き」の記事における「マヨネーズ」の解説

最初に使用したのは大阪市の「ぼてぢゅう」で、昭和28年のことである。昭和40年代から大阪中心に普及し後に全国的に広く使われるようになった。 同じ関西でも大阪神戸ではマヨネーズに対する嗜好違いがある現在の大阪では、どの店でもマヨネーズがかけられ提供されるに対し神戸ではマヨネーズを置かない店も少なくなく、置いていても注文なければ出さない店が多い。全国的に大阪風の混ぜ焼きお好み焼き提供する店ではマヨネーズが使用されることが多い。店によってはマスタードトマトケチャップ少量加えることもある。マヨネーズが嫌いな場合は、 「マヨネーズ抜き」で注文することができる。

※この「マヨネーズ」の解説は、「お好み焼き」の解説の一部です。
「マヨネーズ」を含む「お好み焼き」の記事については、「お好み焼き」の概要を参照ください。


マヨネーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 02:41 UTC 版)

お好み焼き」の記事における「マヨネーズ」の解説

広島では、当初お好み焼きにマヨネーズを使う習慣はなかったが、マヨネーズをかける食べ方広がっているお好み焼きにマヨネーズを提供しているであっても焼き上がって客に提供され時点ではマヨネーズがかけられていないことも多い。このような店では、卓上セルフサービス用のマヨネーズが置いてあり、客が好みに応じてマヨネーズを使えるようにしている。

※この「マヨネーズ」の解説は、「お好み焼き」の解説の一部です。
「マヨネーズ」を含む「お好み焼き」の記事については、「お好み焼き」の概要を参照ください。


マヨネーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 07:48 UTC 版)

マオー」の記事における「マヨネーズ」の解説

諸説あるマヨネーズの発祥地の中で最有力候補とされている1756年フランスリシュリュー公爵有名なリシュリュー枢機卿とは血縁関係にある別人)がイギリス領だったメノルカ島攻め込んだ時、ふと立ち寄った港町マオン(マオー)の料理屋肉料理添えられたあるソースを大変気に入りパリ持ち帰った。そのソースフランスでマオンソース」として人気になり、それが「Mahonnaise(マオンネーズ)」と呼ばれ、さらに「Mayonnaise(マヨネーズ)」になったと言う

※この「マヨネーズ」の解説は、「マオー」の解説の一部です。
「マヨネーズ」を含む「マオー」の記事については、「マオー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マヨネーズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

マヨネーズ

出典:『Wiktionary』 (2021/06/15 14:30 UTC 版)

名詞

マヨネーズ

  1. 食用油主な材料とした半固体状のドレッシングサラダ使用される。

語源

関連語

翻訳


「マヨネーズ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



マヨネーズと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マヨネーズ」の関連用語

マヨネーズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マヨネーズのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマヨネーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスポンジ・ボブ (改訂履歴)、カニカーニ (改訂履歴)、黄色い本 (改訂履歴)、お好み焼き (改訂履歴)、マオー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマヨネーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS