葵区とは? わかりやすく解説

あおい‐く〔あふひ‐〕【葵区】

読み方:あおいく


葵区

読み方:アオイク(aoiku)

所在 静岡県静岡市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

葵区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/05 22:14 UTC 版)

葵区(あおいく)は、2005年4月1日に誕生した静岡市行政区の一つで、政令指定都市行政区としては日本一の面積を誇る。


注釈

  1. ^ 2006年3月20日制定、同年7月10日公募により命名。デザインは同区出身の漫画家しりあがり寿
  2. ^ ただし、東海道線を跨いで南側となる黒金町、柚木も葵区に含まれる。
  3. ^ 政令指定都市の行政区で面積最小なのは大阪市にある浪速区
  4. ^ なお一部の手続きは、市生涯学習交流館・生涯学習センター分館で可能である。農協郵便局などの金融機関は設置されている。
  5. ^ 開通前は「第二東名高速道路」という仮称だった。
  6. ^ 井宮町は井宮地区から安西地区に変更されたため第4ブロックではなく第2ブロックに属する。
  7. ^ プロゴルファー酒井美紀福島県いわき市出身)とは別人。

出典

  1. ^ 三区のイメージカラー及びロゴマークの制定 (PDF)”. 静岡市ホームページ. p. 7 (2007年7月26日). 2014年6月6日閲覧。
  2. ^ 国土地理院. “全国都道府県市区町村別面積調”. 2014年6月6日閲覧。
  3. ^ 日本の東西南北端点の経度緯度”. 国土地理院ホームページ. 2014年6月6日閲覧。
  4. ^ 静岡県 市区町村の役所・役場及び東西南北端点の経度緯度(世界測地系)”. 国土地理院ホームページ. 2014年6月6日閲覧。
  5. ^ 我が国の人口重心 -平成22年国勢調査結果から-”. 総務省統計局ホームページ. 2014年6月6日閲覧。
  6. ^ 「中部地方の選奨土木遺産」 -土木学会 2017年
  7. ^ 「STOP迷惑客引き」パンフレット(表)”. 静岡県警察本部 (2013年). 2022年9月5日閲覧。
  8. ^ 「STOP迷惑客引き」パンフレット(裏)”. 静岡県警察本部 (2013年). 2022年9月5日閲覧。
  9. ^ 静岡県暴力団排除条例改正”. 静岡県警察 (2019年). 2022年9月5日閲覧。



葵区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 23:10 UTC 版)

静岡市」の記事における「葵区」の解説

中心部 静岡浅間神社徳川家康築造本社富士宮市駿府城址(現在は駿府城公園となっており桜の名所徳川家康銅像家康手植ミカン復元され駿府城東御門 他) 賤機山城跡(賤機山山頂にある今川氏詰城徳川慶喜旧居跡(紺屋町(現浮月楼)、西草深町の2か所)、西郷隆盛山岡鉄舟会見場跡(葵区伝馬町ペガサート) 山田長政生家跡(葵区浅間通り商店街) 臨済寺今川氏菩提寺で、徳川家康幼少期過ごした寺) 長源院徳川家康位牌印籠などの遺品がある) 清水寺徳川家康奉納した千手観音がある) 宝台院 静岡浅間神社 舞殿重文)、大拝殿重文)(2015年3月撮影臨済寺本堂重要文化財庭園国の名勝)(2016年8月撮影長源院 山門三門解脱)(2013年12月撮影清水寺 観音堂(県指定有形文化財)(2017年9月撮影安倍川以西 木枯森(『枕草子』。歌枕として有名) 洞慶院名所として知られる安倍城址(狩野長の居城跡) 増善寺今川徳川両家所縁の寺)

※この「葵区」の解説は、「静岡市」の解説の一部です。
「葵区」を含む「静岡市」の記事については、「静岡市」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「葵区」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

葵区のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



葵区のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの葵区 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの静岡市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS