所縁とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 所縁の意味・解説 

しょ‐えん【所縁】

仏語認識主観である心に、精神作用を起こさせる客観。⇔能縁

ゆかり。知るべ。「両親に所縁の地」


ゆかり【縁/所縁】

なんらかのかかわりあいつながりのあること。因縁。「縁(えん)も―もない」「文豪―の地」「―の者を頼って上京する」

血縁関係のある者。親族縁者

「おのが―、西東合はせて六百人ばかり」〈宇津保・藤原の君〉

《「ゆかりじそ」の略》梅干一緒に漬け込んだ紫蘇(しそ)の乾燥させて粉にしたもの。飯にふりかけたりする。




所縁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「所縁」の関連用語

所縁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



所縁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2020 Weblio RSS