葵とは? わかりやすく解説

読み方:あおい

「葵」とは・「葵」の意味

#「フユアオイ」という意味
「葵」には「フユアオイ」という意味がある言葉の歴史古く7世紀後半から8世紀後半にかけて編纂された万葉集には「 黍に粟嗣ぎ延ふ田の 後も逢はむと 葵花咲く(なしなつめ きびにあわつぎ はうくずの のちもあわんと あうひはなさく)」という「葵」に関する歌があるほどだ。なお、フユアオイ種子食べられるだけでなく、としても使われていたため、平安時代には広く栽培されていた。

#量などをはかるという意味
「葵(あおい)」という漢字由来には諸説ある。だが、一般的にはフユアオイ性質漢字の元であるとするのがよく知られている説だ。フユアオイ太陽に向かってお辞儀をするように伸びる性質がある。それに合わせて「葵」という漢字作られたそうだ。「葵」に使われている「癸」は太陽から方角を知るための道具表している。これが草冠結びつくことで「太陽に向かって伸びていく植物」すなわち「葵」を指すようになったとされている。さらに「癸」が持つ「方位をはかる」という意味が変化し、「葵」には「(量などを)はかる」という意味が付け加えられるようになった

源氏物語第9巻
源氏物語第9巻は「葵(あおい)」と呼ばれている。この巻では、六条御息所ろくじょうみやすどころ)と葵の上あおいのうえ)との車争い恨み思った六条御息所生霊によって葵の上急逝光源氏紫の上との結婚決めるまでが描かれている。葵の上とは「源氏物語」の登場人物1人で、光源氏むかえた最初正妻だ。彼女は源氏との間に夕霧もうけた。なお、「葵の上」という名称は、後世読者がつけた名前である。源氏物語第9巻が、葵の上中心となる物語であることから、ちなんで名づけられた。

アオイ科植物全般を指す
古語ではなく現代語として『「葵」とは・「葵」の意味は?』と問われ場合一般的にはアオイ科植物全般を指す。アオイ科植物双子葉植物アオイ目の科に分類されている。主に熱帯地帯でよく成長する植物で花は両性花である。赤・ピンク・白・黄・紫などの花をつけ、その花弁は5筒状雄蕊中央にあるのが特徴だ。観賞用の花であるタチアオイ・ウスベニアオイ・ハイビスカスなどがアオイ科植物としてよく知られている。また、食用ではオクラ・カカオ・ドリアンなどのアオイ科植物がその仲間として挙げられる。現在、日本根付いている「葵」の大部分帰化種だ。在来種ハマボウなど数種類限られている。

#人名としての意味
「葵(あおい)」は男の子・女の子ともに人気が高い名前である。「葵」1文字だけでなく、違う漢字組み合わせた名前も少なくない。「葵」から連想されるイメージ多くさまざまな意味を「葵」に込めることができる。例えば、太陽に向かって伸びる性質から「凛とした姿」「たくましさ」を、花のイメージから「かわいらしさ」「華やかさ」といった意味を名前に持たせるのが一般的だまた、前に花言葉の意味持たせているケース珍しくない例えば、「タチアオイ」の花言葉には「豊かな実り」「大望」「気高く威厳満ちた美」、フタバアオイ花言葉なら「細やかな愛情」があり、名前にそれらの意味込められている場合がある。

家紋としての意味
江戸幕府将軍家であった徳川家家紋葵巴あおいどもえ)」を指して「葵(あおい)」と呼ぶ。「葵巴」はひいては江戸幕府象徴ともなった。その意匠は、フタバアオイ3枚使った巴紋ともえもん)で、「徳川葵」「葵の御紋」「三つ葉葵」と呼ばれることもある。

徳川家家紋の「葵」の由来には諸説あるが、京都賀茂神社元になったという説がよく知られている。賀茂神社が催す「葵祭あおいまつり)」で神聖な植物として「葵」が用いられており、これをモチーフにして賀茂神社の紋は「二葉葵ふたばあおい)」になった後世になり、徳川家の元となる松平氏所領にあった賀茂神社氏子であることを理由に、家紋に葵の紋を用いようになった。これが後に意匠変化させ、「三つ葉葵」が登場したのだと考えられている。徳川家康徳川家権威保持し、自らの威厳を示すため、「三つ葉葵」だけでなく葵の紋の使用厳しく制限した

#色の名前としての意味
「葵(あおい)」もしくは「葵色(あおいいろ)」は、RGB三原色の「R:170・G:137・B:189」、CMYKでは「C:38・M:50・Y:00・K:00」、ウェブカラーなら「#AA89BD」にあたる色だ。平安時代にはすでに存在した伝統色1つで、薄い灰色混じった明る紫色をしている。葵はさまざまな色の花を付けるが、そのなかで高貴な色とされていた「紫」が「葵」と呼ばれるようになった

#重(かさ)ねの色目
「葵(あおい)」は「重ね色目としての意味も持っている。「重ね色目」とは衣の裏表や2枚上の衣重ねる際の色の組み合わせのことだ。この色の組み合わせ概念は、平安時代から用いられている。四季草花樹葉なぞらえて名づけられており、「葵」はその1つである。平安時代における「葵」は、表は薄青、裏は薄紫で、陰暦4月ごろに用いられていた。

蕎麦(そば)の女房詞にょうぼうことば
女房詞とは、室町時代ごろから宮廷などに仕え女性用いようになった隠語のような言葉である。「葵(あおい)」は女房詞として蕎麦表している。蕎麦の実は三角(錐)の形をしているため、三角(みかど)が帝(みかど)に通ずるとして、「蕎麦」という言葉京都御所では避けられていた。そこで、葵の三角状で蕎麦の実とよく似た形をしていることから、蕎麦を「葵」と呼ぶようになった

日本地名
日本には「葵(あおい)」とつく地名複数存在している。静岡県静岡市葵区名古屋市東区中区千種区地名山口県山口市の地名などは「葵」と呼ばれる土地だ。また、京都市左京区下鴨にある学区指して「葵」と呼ぶこともある。

戦前駆逐艦の名前
「葵(あおい)」は、大日本帝国海軍駆逐艦樅型駆逐艦10番艦を指す。1940年4月1日に、この駆逐艦第三十二号哨戒艇改称された。1941年12月22日、「葵」はウェーキ島上陸作戦接岸において座礁してしまう。その後放棄されることとなった

「葵」の読み方

一般的な「葵」の読み方は、音読み呉音では「ギ」、漢音では「キ」だ。訓読みでは「あおい」、名乗り訓だと「あおい」「まもる」である。なお、「葵」を「あおい」と呼ぶようになった由来は、太陽に向かって伸びる葵を「仰ぐ日(あおぐひ)」と表現していたのが変化して次第に「あおい」と呼ぶようになった考えられている。

古語としての「葵」の読み方
古語では「葵」と書いて「あふひ」と読むことがある。そのため、和歌においては「あふひ」を言葉が近い「逢う日(逢う人))」とかけて用いるのが一般的であった例え新古今和歌集にある「古への あふひとびと咎むとも なほそのかみ今日忘れぬ」という藤原実方の歌では、「あふひと(逢う人)」と「あふひ(葵)」が掛けられている。

#名前としての「葵」の読み方
名前として「葵」が用いられる場合、その読み方複雑だ一文字で「あおい」と読むこともあれば、「葵」を「あお」と読み、ほかの漢字組み合わせて「あおい」と呼ぶこともある。例えば、女の子の名前では「葵依」「葵愛」、男の子では「葵叶」「葵大」「葵空」、これらはすべて「あおい」と読む。また、「葵」を「き」と読むことも少なくない。「一葵(かずき)」「夏葵(なつき)」「陽葵(はるき)」などが例として挙げられる。「愛葵衣(あおい)」のように「あ」「お」「い」一文字に「葵」をあてる名前もある。

難しい「葵」の読み方
「葵」はほかの漢字組み合わさることで難読となる言葉複数存在している。例としては「向日葵ひまわり)」「秋葵(おくら)」「山葵(わさび)」「菟葵いそぎんちゃく)」などが挙げられる


あおい〔あふひ〕【×葵】

読み方:あおい

【一】

アオイ科フヨウ属トロロアオイ属などに含まれる植物の総称。タチアオイ・モミジアオイ・トロロアオイ・ゼニアオイ・フユアオイなど。《 夏》

アオイ科双子葉植物総称温帯から熱帯にかけて分布し230属4300種ほどある。フヨウ・ムクゲなど。

フユアオイの別名。

ウマノスズクサ科フタバアオイのこと。

紋所の名。フタバアオイ図案化したもので、種類が多い。

徳川氏の紋が「葵巴(あおいどもえ)」であったところから》江戸幕府象徴

襲(かさね)の色目の名。表は薄青、裏は薄紫陰暦4月用いた

蕎麦(そば)をいう女房詞

【二】源氏物語第9巻巻名光源氏21歳から22歳葵の上六条御息所(みやすどころ)との車争い夕霧誕生御息所生き霊とりつかれた葵の上急逝源氏紫の上との結婚を描く。


あおい〔あふひ〕【葵】

読み方:あおい

静岡市区名駿府公園駿府城周辺官公庁街から、南アルプス大井川源流部まで、同市の大半占める。


き【×葵】

読み方:き

人名用漢字] [音]キ(漢) [訓]あおい

[一]〈キ〉植物の名アオイ。「紅蜀葵(こうしょっき)」

[二]〈あおい〉「立葵天竺葵(てんじくあおい)・二葉葵(ふたばあおい)」

名のり]まもる

難読向日葵(ひまわり)・蒲葵(びろう)・山葵(わさび)


作者浜村淳

収載図書源氏物語 花はむらさき 新版
出版社青心社
刊行年月2008.4



読み方:あおい

  1. 私はあなたの崇高な美しさ敬服しました、といふ意味を表す。〔花言葉

分類 花言葉


読み方:あおい

  1. 銭。馬場文助武蔵野(※「武野」か)俗談後編)の遊女の相詞又は「かくし詞」中に葵を銭としてある。
  2. 〔花〕銭、馬場文助武蔵野(※「武野」か)俗談後篇)の遊女の相詞には「かくし詞」の中に葵を銭としている。

分類 花柳界遊女の相詞/風俗

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:アオイaoi

アオイ科草本の総称

季節

分類 植物




読み方:アオイaoi

所在 山口県山口市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/09/04 23:07 UTC 版)

(あおい)




「葵」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/13 07:46 UTC 版)

徳川慶寅」の記事における「葵」の解説

大刀「慶寅」の鞘で相手の足を払いヒットすると光を伴って上昇しながら相手斬りつけていく。

※この「葵」の解説は、「徳川慶寅」の解説の一部です。
「葵」を含む「徳川慶寅」の記事については、「徳川慶寅」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 02:34 UTC 版)

オー!ファーザー」の記事における「葵」の解説

バー経営するホスト由紀夫一家にいつも料理作ってくれている

※この「葵」の解説は、「オー!ファーザー」の解説の一部です。
「葵」を含む「オー!ファーザー」の記事については、「オー!ファーザー」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 07:09 UTC 版)

ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!! 〜無人島犯し合いバトル〜」の記事における「葵」の解説

本作主人公ある少年

※この「葵」の解説は、「ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!! 〜無人島犯し合いバトル〜」の解説の一部です。
「葵」を含む「ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!! 〜無人島犯し合いバトル〜」の記事については、「ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!! 〜無人島犯し合いバトル〜」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 00:42 UTC 版)

堕天使カナン」の記事における「葵」の解説

第二話登場。何か重い病気入院している青年。本来はもうすぐ死ぬはずだった。茉莉笑ってほしいと思っている。

※この「葵」の解説は、「堕天使カナン」の解説の一部です。
「葵」を含む「堕天使カナン」の記事については、「堕天使カナン」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 01:40 UTC 版)

源氏物語各帖のあらすじ」の記事における「葵」の解説

源氏22歳4月-23歳正月) 二年後。桐壺帝はすでに退位し源氏の兄・朱雀帝即位している。賀茂祭の折、車の場所争いのことで六条御息所葵の上によって辱めを受け、これを深く恨む。折から妊娠していた葵の上産褥御息所生霊苦しめられ、無事男子夕霧)を出産したものの亡くなってしまう。夏の終り源氏紫の上新枕を交わす。葵参照

※この「葵」の解説は、「源氏物語各帖のあらすじ」の解説の一部です。
「葵」を含む「源氏物語各帖のあらすじ」の記事については、「源氏物語各帖のあらすじ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「葵」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 11:41 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. あおい参照

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「葵」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「葵」の関連用語


2
72% |||||

3
72% |||||

4
72% |||||

5
72% |||||

6
72% |||||

7
72% |||||

8
72% |||||

9
72% |||||

10
72% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



葵のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの葵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの徳川慶寅 (改訂履歴)、オー!ファーザー (改訂履歴)、ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!! 〜無人島犯し合いバトル〜 (改訂履歴)、堕天使カナン (改訂履歴)、源氏物語各帖のあらすじ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS