南アルプスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 南アルプスの意味・解説 

みなみアルプス 【南アルプス】 ◇

赤石山脈の別名。

みなみアルプス [4] 【南アルプス】 ◇

山梨県西部、南アルプス山麓位置する市。富士川舟運交通要衝として栄えた。富士川上流釜無川右岸市街地広がる果樹栽培が盛ん。

赤石山脈

(南アルプス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/11 16:06 UTC 版)

赤石山脈(あかいしさんみゃく、あかしさんみゃく)は、長野県山梨県静岡県に跨って連なる山脈。通称南アルプスとも呼ばれ、飛騨山脈(北アルプス)、木曽山脈(中央アルプス)と共に日本アルプスと呼ばれる事もある。また、「あかしさんみゃく」との読みも存在する[1]




  1. ^ 日本テレビ放送網「アメリカ横断ウルトラクイズ 6」1982年発行 P.104(問題の正解説明欄)。同書では「赤石山脈(あかしまたはあかいし)」とある。
  2. ^ 南アルプス国立公園の公園区域概要と、ユネスコエコパークに指定されている。また長野県側は南アルプス(中央構造線エリア)ジオパークに指定されている。、環境省、2010年12月14日閲覧。
  3. ^ 『アルペンガイド南アルプス』山と渓谷社、2009年、ISBN 978-4-635-01358-1
  4. ^ 『日本百名山』深田久弥(著)、朝日新聞社、1982年、ISBN 4-02-260871-4、P286-P321
  5. ^ 第4回日本ジオパーク委員会議事録(PDF)
  6. ^ 2014年6月12日環境省の発表
  7. ^ a b 白籏史朗、『アルパインガイド 30 南アルプス』昭和51年版。[要文献特定詳細情報]
  8. ^ 身延山地には、巨摩山地(櫛形山地)を含めることもある。
  9. ^ 『南アルプス概論 長野県版』、南アルプス世界遺産登録長野県連絡協議会2012年、P29
  10. ^ a b 『北岳・甲斐駒(山と高原地図41)』昭文社、2010年、ISBN 978-4-398-75721-0
  11. ^ a b 『塩見・赤石・聖岳(山と高原地図42)』昭文社、2010年、ISBN 978-4-398-75722-7
  12. ^ マイカー規制、登山バス・乗合タクシー時刻表伊那市、2010年12月14日閲覧。(アーカイブ版)
  13. ^ 南アルプス観光情報南アルプス市、2010年12月14日閲覧。(アーカイブ版)


「赤石山脈」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「南アルプス」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

南アルプスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



南アルプスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤石山脈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS