Barとは? わかりやすく解説

bar

別表記:酒場バー

「bar」とは、英語に由来し横木あるいは棒状のもの、特に高飛び棒高跳び用い横木バレエ練習用い支え木や、カウンター形式酒場などのことを意味する表現

barの発音・読み方

「bar」の発音は英語、スペイン語イタリア語3種類ある。英語圏では「バー」、発音表記アメリカ英語では/bάɚ/イギリス英語では/bάː/となっている。これらをカタカナ発音を表すとアメリカ英語は「バァア」、イギリス英語では「バァー」に近い音になる。音節ではbar・(o)‐tなる。

スペイン語での発音は「バル」で発音表記は/ˈbaɾ/となり、これはカウンター形式のスペインバルを表す言葉として用いられている。イタリア語での発音は「バール」で、こちらはエスプレッソサンドイッチなどを提供する喫茶店を表す言葉として用いられている。ちなみに、英語でも「バール」という読み発音表記は英語の「バー」と同じ)があるが、これは圧力単位を表す「bar」を用い際に発音される

barの語源

「bar」の語源様々だが、元々はフランス語から借用され言葉であるとされている当時用いられていた意味としては「(門を固定させるかんぬき」など棒状の木という意味使用されていたが、後にそれが転じてフェンス」「柵」という意味付与させた。さらにそれらの意味が「二つのものを隔てるもの」という点から「カウンターという意味追加され、それが「酒場としての「bar」という意味合いへと発展させていったこのように、「bar」という言葉一つの意味から時代の変化などによって様々な意味を持つようになった多義語という特色持ち合わせている

barのその他の意味・用法

「bar(圧力の単位)」とは


圧力を表す単位としての「bar」は、1平方メートルにつき10万ニュートン(N/m2)の圧力を表す。ノルウェー気象学者ビヤークネスによって提唱され語源は「重さ」を意味するギリシャ語βάρος(ros)に由来している。国際単位系SIにおいてはその他の非SI単位」とみなされており、日本の気象分野においては1945年からミリバールmbar)という単位1992年ヘクトパスカル置き換えられるまで使用されていた。ちなみに単位表記は「b」で表すこともある。

「BAR(省略文字)」とは


上記の意味とは別にBarbados」「Browning Automatic Rifle」 と二つの言葉省略文字として「BAR」が存在する。まず、「Barbados」とは、カリブ海西インド諸島内にある小アンティル諸島にある国「バルバドス」のことである。公用語は英語で首都ブリッジタウン国名ポルトガル語の「髭のはえたもの」という意味Os Barbadosから由来している。1536年ポルトガル人のペドロ・ア・カンポスに発見されたのが始まりで、17世紀にはイギリス人占領され新世界での3番目の議会設立された。1958年ジャマイカと共に西インド諸島連邦結成し1966年イギリス連邦一員として独立する2021年11月までは立憲君主制だったが、現在は共和制移行している。商品作物としてはサトウキビ栽培しており、そのプランテーションは全耕地面積半分以上占めている。「BAR」はバルバドスの国としてのコードとして表記されている。

Browning Automatic Rifle」は、ブローニングM1918自動小銃という20世紀においてアメリカ合衆国などで使用され自動小銃のことである。1917年ジョン・M・ブローニングによって設計され容易に持ち運べる機関銃のような小銃を必要としていたため当時自動小銃機関銃合わせたような形状M1918製造された。銃身加熱によって交換不可能でかつ弾数少ないという欠点があった。制式採用後はコルト社、ウィンチェスター社、そしてマーリン・ロックウェル社によって製造され第一次世界大戦時ムーズ=アルコンヌ攻勢はその銃を装備した部隊動員されている。その後改良され第二次世界大戦朝鮮戦争使用された。

バル【Bar】


バル【(スペイン)bar】

読み方:ばる

スペイン式の飲食店カウンター備えられており、料理・酒類・コーヒーなどを出す。スペインバル。


バー【bar】

読み方:ばー

横棒また、棒状のもの。特に、高跳び棒高跳び横木や、バレエ練習のとき、つかまってからだを支え横木

カウンター形式洋酒酒場転じて洋酒飲ませる酒場

レストランなど設けたコーナー。「サラダ―」

五線譜小節区切るための縦線また、小節

「バー」に似た言葉

バール【bar】

読み方:ばーる

圧力単位。1バールは10万ニュートンの力が1平方メートル作用するときの圧力記号bar →パスカル


バール【(イタリア)bar】

読み方:ばーる

喫茶店エスプレッソカプチーノ清涼飲料水サンドイッチなどを出す店。


【BAR】(ぶろーにんぐおーとまてぃっくらいふる)

Browning Automatic Rifle

アメリカジョン・M・ブラウニング氏が設計・開発した自動火器
前の通り20連の着脱箱型弾倉使用する自動小銃であるとも言えるが、重量オープンボルト作動といった特徴機関銃寄りであり、実際火力生かしたフルオート中心運用為された
当時言うと英軍ブレン軽機関銃現代言うと分隊支援用のLSWが近い。
歩兵用い小火器としてはかなり重量があったが、堅牢でトラブル少なく、非常に重用された。

第一次/第二次世界大戦のほか、朝鮮戦争ベトナム戦争使用された。
また、NATOいくつかの国やアメリカ対外援助対象国などにも輸出され、国によっては1990年代まで使用していた所もある。
日本でも陸上自衛隊1960年代まで使用していた。

M1ライフルM1903上回る火力発揮でき、重量も一応携行使用可能な範囲収まっていたので、単発5連、乃至セミオート8連が主力だった当時には圧倒的であったことは想像に難くない

スペックデータ

種別自動小銃分隊支援火器
口径:7.62mm
全長:1,214mm
銃身長:610mm
重量:7.2~8.8kg
装弾数:20発(着脱箱型弾倉
使用弾薬.30-06スプリングフィールド弾
ライフリング:4条右回り
作動方式ガス利用オープンボルト
銃口初速:805m/s
発射速度300650発/分
有効射程:548m

バリエーション


BAR

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

バール crawbar, bar, var

①重い物を持ち上げ場合そのもの下に差し込んで「てこ」として用い鉄製工具釘抜きしてまた型枠ばらすときにも使われる。「かなてこ」「かじや」「クローバー」ともいう。 ②その他圧力単位(bar)、無効電力大きさを表す単位(var)、などもある。

小節[bar]

縦線により区切られ部分その中拍数合計はその曲の拍子等しくなる

bar

圧力を示す単位
1bar=14.5PSI
1bar=1kgf/cm2
1bar=100Kpa

バー Bar

バー (画像をクリックする拡大します)  

Bar

名前 バーバールバル

バール (単位)

(Bar から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 00:01 UTC 版)

バール: bar)は、圧力単位である。105 Pa に等しい。メートル法系の単位であるが、MKS単位系CGS単位系のどちらにおいても一貫性のない単位である。また、メートル法から発展した国際単位系(SI)にも含まれない非SI単位であり、SIの国際文書では、第8版(2006年)までは「その他の非SI単位」として記載されていたが[1]、現行の第9版(2019年)から全く記載されていない。


  1. ^ a b 独立行政法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター 『国際文書 国際単位系 (SI)』(第 8 版日本語版)、2006年http://www.nmij.jp/library/units/si/R8/SI8J.pdf  p. 40 表8
  2. ^ 計量単位令 別表第1 項番22、「圧力、バール」の定義
  3. ^ 計量法 別表第一 圧力の欄に、「パスカル又はニュートン毎平方メートル バール」と列挙されている。
  4. ^ 計量単位令 別表第1 項番22、「圧力」の欄
  5. ^ 計量単位規則 別表第2 圧力 バール」の欄
  6. ^ a b 『丸善単位の辞典』二村隆夫監修、丸善、2002年。ISBN 4-621-04989-5 


「バール (単位)」の続きの解説一覧

BAR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/19 02:08 UTC 版)

BAR, bar




「BAR」の続きの解説一覧

バー

(Bar から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/04 19:15 UTC 版)

下記の他に、日本では対象によって、英語の bar を「バール」と読むことが一般的となっているものがある。




「バー」の続きの解説一覧

B・A・R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 06:42 UTC 版)

B・A・R(ビーエーアール)は、かつて存在したイギリスF1コンストラクター。 1999年から2005年までF1世界選手権に参戦した。当初はチーム名をブリティッシュ・アメリカン・レーシング (British American Racing) とし、2003年からB・A・Rに改称した。「BAR」もしくは「B.A.R」と表記される場合もある[1]


  1. ^ ホンダF1アーカイブでは2001年までが「BAR Honda」、2002年は「B.A.R Honda」、2003年から2005年は「B・A・R Honda」と表記されている。
  2. ^ a b c 赤井邦彦「夢を叶える力。-BARに見る、F1新チーム設立までの挑戦」『F1倶楽部』第22号、双葉社、1998年11月、 23頁。
  3. ^ ブラックリーのB・A・R旧施設はホンダ、ブラウンGPを経てメルセデスGPのシャシー部門開発拠点となっている。
  4. ^ “BARホンダ、2002年体制を発表”. web CG. (2001年12月19日). http://www.webcg.net/WEBCG/news/000011007.html 2012年4月4日閲覧。 
  5. ^ “レーシングカーコンストラクター「レイナード」倒産”. web CG. (2002年4月1日). http://www.webcg.net/WEBCG/news/000011328.html 2012年4月7日閲覧。 
  6. ^ 2003年のコンストラクターズランキング5位以下のチームは、金曜日のフリー走行に3台のマシンで出走することが許され、より多くのセッティング情報を収集することができた。
  7. ^ “【ホンダF1ストーキング】スポンサーBATが撤退へ……たばこ広告禁止より早く”. レスポンス. (2003年4月18日). http://response.jp/article/2003/04/18/50426.html 2012年4月9日閲覧。 
  8. ^ “HondaとBATの新合弁会社がB・A・Rを取得”. 本田技研工業. (2005年1月11日). http://www.honda.co.jp/Racing/news/04f1/15/ 2012年4月9日閲覧。 
  9. ^ “Honda、BARH Ltd.の株式を全額取得” (プレスリリース), 本田技研工業, (2005年10月4日), http://www.honda.co.jp/news/2005/c051004.html 2012年4月9日閲覧。 
  10. ^ この決まりは「慣例」として存在していたが、1998年10月のF1委員会で正式にレギュレーション化されていた。


「B・A・R」の続きの解説一覧

Bar(一般名詞)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 09:03 UTC 版)

バー」の記事における「Bar(一般名詞)」の解説

下記の他に日本では対象によって、英語の bar を「バール」と読むこと一般的となっているものがある飲食の場形態バー (酒場) - 酒の味を楽しむことを目的とした、最低限接客をしているだけの酒場ホステスなどが接客するものはクラブ (接待飲食店)参照セルフサービス形式食事提供方法。「ドリンクバー」「サラダバー」「デザートバー」やホテルの「ミニバー」など。 棒、棒状のもの、特に横木走高跳棒高跳で、飛び越す高さの目標となる横木。 サッカー・ラグビーで、ゴール横木サッカーでは「クロスバー」という。 GUI横木状の領域。「メニューバー」「タスクバー」「ツールバー」など。 棒状菓子。「スナックバー」「キャンディバー」「チョコバー」「アイスバー」「シリアルバー」など。 建物入り口などで侵入を防ぐための横木転じて侵入参入阻む障害ことをさすこともある。工事現場などの保安器具としてロードコーンとともにコーンバーが設置されることがある英語では法廷設けられ横木バーという。 活字で、横線約物ハイフン「‐」、エンダッシュ「–」、エムダッシュ「—」、ホリゾンタルバー「―」など。 縦線約物バーティカルバー「|」など。 数学ではオーバーラインのこと。 楽譜において小節区切りを示す縦線縞模様分野によっては特定の縞模様を指す。 (比喩的に法廷法曹界米国司法試験 (Bar exam) 。passed the Bar で「司法試験に通った」意。 スロットマシンまたはパチスロ絵柄。たいていは黒色長方形にBARという文字描かれ絵柄である。レギュラーボーナス (REG) の絵柄として使われることが多いため、REGのことをBARという人や地方もある。転じて黒色長方形の絵柄(「北斗の拳」や「将軍」「STREET FIGHTER IV」 など)をすべてBARということもある。

※この「Bar(一般名詞)」の解説は、「バー」の解説の一部です。
「Bar(一般名詞)」を含む「バー」の記事については、「バー」の概要を参照ください。


BAR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 21:57 UTC 版)

メダル・オブ・オナー ヒーローズ」の記事における「BAR」の解説

連合軍兵士標準装備。主に援護使われるオートマチックライフル

※この「BAR」の解説は、「メダル・オブ・オナー ヒーローズ」の解説の一部です。
「BAR」を含む「メダル・オブ・オナー ヒーローズ」の記事については、「メダル・オブ・オナー ヒーローズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「Bar」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「Bar」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



Barと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「Bar」に関係したコラム

  • FXのチャート分析ソフトMT4のローソク足の設定方法

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、チャートの表示形式が標準ではバーチャート(Bar Chart)に設定されています。MT4では、バーチャート以外に...

  • FXやCFDのバーチャートとは

    FXやCFDのバーチャート(Bar Chart)とは、1日の値動きを直線だけで描画して時系列に並べたものです。バーチャートの描き方は、まず、高値の地点と安値の地点を縦線で結びます。次に、始値の地点から...

  • FXのチャート分析ソフトMT4で10分足や2時間足などを表示するには

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、次の時間足の表示ができます。ティック1分足5分足15分足30分足1時間足4時間足日足週足MT4では、10分足や1...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Bar」の関連用語

Barのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Barのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2023, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2023 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2023 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
Be.BIKEBe.BIKE
Copyright(C) 2001- 2023 CAR MATE MFG.CO.,LTD. All Rights Reserved.
Be.BIKE自転車用語集
交通エコロジー・モビリティ財団交通エコロジー・モビリティ財団
Copyright(c) EcoMo Foundation
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバール (単位) (改訂履歴)、BAR (改訂履歴)、バー (改訂履歴)、B・A・R (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバー (改訂履歴)、メダル・オブ・オナー ヒーローズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS