富士重工業とは?

【富士重工業】(ふじじゅうこうぎょう)

Fuji Heavy Industries(FHI).
自動車航空機などの生産手がける日本重機メーカー本社東京都新宿区所在する。
一般には「スバル」のブランド名で知られる自動車メーカーとして認知されている。

1917年(大正6年)、元海軍機関大尉・中島知久平群馬県新田郡尾島町(現在の太田市)に設立した「飛行機研究所」がルーツ
その後社名を「中島飛行機」と改め主として帝国陸海軍納入される軍用機及びそのエンジン開発生産を手がけ、第二次世界大戦の頃には三菱川崎と並ぶ、アジアでも有数航空機メーカーとなっていた。

しかし、戦争末期には同社工場事業所多くアメリカ軍による戦略爆撃の重要目標とされ、壊滅的打撃こうむることになる。
そして終戦後GHQによって二度と軍需産業復帰できないよ徹底的に解体され、「中島飛行機」は一度消滅する。

その後1953年55年にかけて分社化された旧工場事業所合同して「富士重工業」として再発足
現在、航空軍事分野では主に防衛省向けに練習機ヘリコプター納入を行っている他、日米各社旅客機部品製作にも多く参加している。
また、これ以外には「スバル」のブランド名で知られる自動車や「ロビン」のブランド名で知られる汎用小型エンジン生産なども行っている。

関連富嶽

メーカー公式webサイト
http://www.fhi.co.jp/

主な製品

ここでは、戦前中島飛行機時代戦後富士重工時代とに分けてべる。

中島飛行機時代

富士重工時代


SUBARU

(富士重工業 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/02 15:54 UTC 版)

株式会社SUBARU(スバル、英語: Subaru Corporation)は、日本自動車重工業メーカーである。




注釈

  1. ^ 株式額面金額変更のため、東邦化学→富士重工業(新社)を存続会社として旧社は吸収合併されている。
  2. ^ 終戦後、アメリカに接収されて、140オクタンの高品質な燃料を使用しての綿密なテストの結果、アメリカをして「第二次大戦の日本戦闘機のベストワン」と絶賛させた。
  3. ^ 「富士」は「富士山」に由来する。中島飛行機の創立者である中島知久平は、日本を代表する名山である富士山をこよなく愛した。
  4. ^ 本社は東京都新宿区角筈(新宿スバルビル所在地)である
  5. ^ 当時、ブリヂストン会長でもあった石橋正二郎個人が筆頭株主の会社(つまり、厳密にはブリヂストンの資本系列ではなかったが、銀行は事実上のブリヂストン支配の会社と認定していた)となっていた。
  6. ^ 1954年(昭和29年)、戦前の立川飛行機の転進で、同じくブリヂストン傘下にあったプリンス自動車工業と合併、富士精密工業としてスタートした後、1961年(昭和36年)、プリンス自動車工業と名称を変更、スカイライングロリア皇室御料車プリンスロイヤルなどを開発。1966年(昭和41年)、日産自動車に吸収合併された。
  7. ^ のちの富士ロビン。2007年に富士重工系列を離れマキタ沼津を経てマキタに吸収合併。
  8. ^ OEMによる完成車の相互供給も行なわれたが、2003年(平成15年)いすゞのSIA撤退をもって関係を解消している。
  9. ^ GM傘下在籍中には、同傘下のSAABにインプレッサ・スポーツワゴンのOEM車種サーブ9-2Xを提供したり、GMのタイ工場からオペル車のOEMであるトラヴィックなどの供給を受けたりしていた。また2003年(平成15年)から開発がスタートした「B9トライベッカ」ではSAAB版を最初からサーブ側と共同開発する計画だった。
  10. ^ 大型専業4社のほかにトヨタ自動車を含む。
  11. ^ 最終生産車は、東濃鉄道に納入された日産ディーゼル大型観光バス

出典

  1. ^ (2/2) 絶好調「スバル大変身」の原点は、トヨタからの“愛のムチ”だった - ビジネス+IT
  2. ^ “不正受給:富士重に補助金8億円返還処分”. 毎日jp (毎日新聞社). (2013年2月1日). オリジナルの2013年5月1日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130501152717/http://mainichi.jp/select/news/20130201ddm012040186000c.html 2013年2月1日閲覧。 
  3. ^ 富士重工業株式会社が「株式会社SUBARU」に社名を変更 (PDF)”. プレスリリース (2016年5月12日). 2016年5月12日閲覧。
  4. ^ ヤマハ発動機と富士重工業の間で 汎用エンジンの一部および米国販売会社の譲渡に関する契約を締結”. ヤマハ発動機プレスリリース (2016年12月7日). 2017年1月8日閲覧。
  5. ^ Why Subaru is one of the hottest automakers in the U.S. Chicago Tribune 2015年2月29日
  6. ^ 売れすぎスバルは一体どこまで拡大するのか 東洋経済オンライン 2016年4月1日
  7. ^ 外国人集住都市会議/会員都市(2019年1月8日閲覧)。
  8. ^ スバル360、アルシオーネ、初代レガシィ…富士重が歴代の名車が眠る技術資料館の特別公開に踏み切った!産経ニュース(2016年4月11日)2019年1月8日閲覧。
  9. ^ 北海道・美深試験場の「高度運転支援技術テストコース」完成~2017年11月より本格的な運用を開始~SUBARUニュースリリース(2017年10月23日)2019年1月8日閲覧。
  10. ^ 富士重工業 産業機器カンパニーをスバル自動車部門へ統合”. 富士重工業プレスリリース (2016年5月12日). 2016年5月12日閲覧。
  11. ^ ヤマハ発動機と富士重工業の間で 汎用エンジンの一部および米国販売会社の譲渡に関する契約を締結”. ヤマハ発動機プレスリリース (2016年12月7日). 2017年1月8日閲覧。
  12. ^ “日産ディ、西日本車体へのバスボディー発注集約を発表”. NIKKEI NET (日本経済新聞社). (2002年1月16日). オリジナルの2002年1月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20020118131653/http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20020116CIII077616.html 2017年3月15日閲覧。 
  13. ^ 富士重工業 塵芥収集車フジマイティーの生産を終了 (PDF)”. プレスリリース (2012年12月21日). 2016年5月12日閲覧。
  14. ^ 事業譲り受けに関するお知らせ (PDF)”. 新明和工業 (2013年1月7日). 2016年5月12日閲覧。
  15. ^ 当社前会長起訴についてのコメント
  16. ^ 富士重工・川合会長逮捕——防衛産業の罠に墜ちた「名経営者」
  17. ^ 日刊スポーツアーカイブ 中島洋次郎元衆院議員、首つり自殺
  18. ^ SUBARU NEWS 当社の元社員が書類送検されたことについてのコメント
  19. ^ 自動車の安全性確保とリコール制度の改善に関する意見書
  20. ^ 失敗百選 ~富士重レガシィのアクセル緩まず、リコール隠し~
  21. ^ サンバーリコール62万台!! 国は過去2度、スバルに行政指導していた!!
  22. ^ サンバー大量リコールの舞台裏第2弾!!「事故は2013年7月に起きていた!!」
  23. ^ クリーンロボット部における不正行為について
  24. ^ スバルの新車投入は大丈夫か、今度は「燃費疑惑」で下請け動揺
  25. ^ スバル無資格検査、30年以上前からか 社長が認める
  26. ^ a b スバル 緊急記者会見、完成検査員問題でトヨタ「86」を含む直近3年間の全車種25.5万台をリコール。費用は50億円
  27. ^ 産経Biz 日産とスバル、無資格検査なぜ起こった?
  28. ^ スバル、法令順守意識薄く不正検査で報告書提出
  29. ^ 「技術の日産」の看板が泣く「無資格検査問題」の深刻度
  30. ^ 日本のものづくり、本当に限界に達したのか
  31. ^ スバル「工場の流儀」への過度な畏怖が無資格検査招いた
  32. ^ スバル、排ガス測定値も改ざん 社長「企業風土根っこ」
  33. ^ スバル書き換え900台検査データ不正で報告書日本経済新聞』2018年4月27日
  34. ^ スバル、ブレーキも改ざん 燃費改ざん1900台に『日本経済新聞』2018年9月28日
  35. ^ スバルでさらに検査不正の恐れ 9車種計約10万台に追加のリコール livedoor News 2018年11月5日
  36. ^ スバル、数十万台以上リコールへ エンジン部品に不具合 朝日新聞デジタル 2018年10月25日
  37. ^ スバル、国内工場の操業停止 3車種でハンドル補助部品に不具合の恐れ”. 産経ニュース. 産経新聞 (2019年1月23日). 2019年1月25日閲覧。
  38. ^ 納車遅れる可能性、スバル完成車工場が操業停止”. YOMIURI ONLINE(読売新聞). 読売新聞 (2019年1月23日). 2019年1月25日閲覧。
  39. ^ 完成車生産きょう再開、変わろうとするスバルの決意”. ニュースイッチ. 日刊工業新聞 (2019年1月28日). 2019年1月28日閲覧。
  40. ^ スバル、3車種780台リコール ハンドル操作に異常の恐れ | 共同通信” (日本語). 共同通信. 共同通信 (2019年1月31日). 2019年1月31日閲覧。
  41. ^ » インプレッサ、XV、フォレスターのリコールについて | リコール | 株式会社SUBARU(スバル)”. 株式会社SUBARU(スバル)企業情報サイト. 株式会社SUBARU (2019年1月31日). 2019年1月31日閲覧。
  42. ^ 海外向け車両もリコール検討 | 共同通信”. 共同通信. 共同通信 (2019年1月31日). 2019年1月31日閲覧。
  43. ^ スバル、残業代未払い7.7億円 過労自殺から判明:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞 (2019年1月24日). 2019年1月25日閲覧。
  44. ^ ありがとう!富士重工業!社名変更記念式典潜入レポート#スバコミ 2017年4月28日閲覧
  45. ^ 富士重工業 吉永泰之社長インタビュー個性を失えば競争優位性も失うスバルの「トヨタ化」はしない | 週刊ダイヤモンド 企業特集 - ダイヤモンド・オンライン
  46. ^ [1][リンク切れ]
  47. ^ 週刊東洋経済2016年1月9日号





固有名詞の分類

新宿区の企業 トラストクリエイション  野村不動産ホールディングス  富士重工業  フィズサウンドクリエイション  三井不動産販売
日本の軍需産業 三菱重工業  IHI  富士重工業  沖電気工業  エイリイ・エンジニアリング
群馬県の企業 JA東日本くみあい飼料  千明牧場  富士重工業  とりせん  第一石鹸
栃木県の企業 栃木いすゞ自動車  岩下食品  富士重工業  山口本店  レンタルのニッケン
日本の鉄道車両メーカー 藤永田造船所  木南車輌製造  富士重工業  立山重工業  川崎重工業
かつて存在した日本のオートバイメーカー 三菱重工業  ダイハツディーゼルNHN  富士重工業  ブラザー工業  トーハツ
日本のスポーツチーム サウザンリーフ市原  松山フェニックス  富士重工業  豊田通商ファイティングイーグルス  久光製薬スプリングス
社会人野球チーム サウザンリーフ市原  松山フェニックス  富士重工業  三重高虎ベースボールクラブ  ミキハウスREDS

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「富士重工業」に関係したコラム

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

  • 株式の投資基準とされるEPSとは

    株式の投資基準とされるEPSとは、1株あたりの利益額のことです。EPSは、次の計算式で求めることができます。EPS=当期純利益÷発行済み株式数例えば、当期純利益が100億円で発行済み株式数が1億株の企...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「富士重工業」の関連用語

富士重工業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



富士重工業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSUBARU (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS