ノウハウとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ノウハウの意味・解説 

ノウ‐ハウ【know-how】

読み方:のうはう

《「ノーハウ」とも》

ある専門的な技術やその蓄積のこと。「仕事の―をおぼえる」

技術競争有力な手段なり得る情報経験また、それらを秘密にしておくこと。

「ノウ‐ハウ」に似た言葉

ノウハウ


ノウハウ

読み方のうはう
【英】 know-how

国際商工会議所ICCによれば,ノウハウとは「製品製造方法技術実施知識専門知識及び経験の全体であって,…〕特許実施利用するために必要な特許製造法結合している技術,さらに製造者研究により創造した競争者がまだ入手できないでいる実用化の方法,特性技術的専門知識もまたノウハウということができる」とされる。あるノウハウが特許要件満たしていても,これについて公開を忌んで特許権取得してない場合特許法による保護享受し得ない。ただし,そのノウハウが不正競争防止法上の営業秘密要件不正競争2条4項)を満たしていれば,同法保護を受けることができる。

(注:この情報2007年11月現在のものです)

手続き的知識

(ノウハウ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 00:48 UTC 版)

手続き的知識(てつづきてきちしき、Procedural Knowledge)とは、何かをする際のハウツー的な知識。普通はノウハウ(Know-how)ともいう。人工知能認知心理学知的財産権における意味も合わせて解説する。




「手続き的知識」の続きの解説一覧

ノウハウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 04:59 UTC 版)

ダメージコントロール」の記事における「ノウハウ」の解説

軍艦などの「ダメージコントロール」については、米西戦争日清戦争の頃から艦艇など被害軽減する方法として知られていた。 現在、この分野においては太平洋戦争中大規模な海戦経験したアメリカ海軍大日本帝国海軍の頃の戦訓取り入れた海上自衛隊のノウハウは、世界で類を見ないものになっている一方日米艦艇比べるとそれらの経験比較少なヨーロッパ諸国ロシア艦艇は、被害対策に対する意識違い表れているのが分かるヨーロッパ諸国ロシア艦艇居住区などの居住性良い一方で、現在でも可燃性のある材質使用していたり、延焼食い止める構造弱かったり、被弾すると危険な箇所士官室配置されていたりする。 近年増強著し中国人民解放軍海軍艦船も、ダメージコントロールのノウハウにおいてはNATO基準比較して開きがあるという[リンク切れ]。 こういったものは実戦経験して初め得られるノウハウでもあるため、訓練等で補うのは難しい。フォークランド紛争においてエグゾセ空対艦ミサイル攻撃受けたイギリス海軍42型駆逐艦シェフィールド」は、機関部シフト配置でなくパラレル配置になっていたうえにアルミニウム合金製の隔壁仕切弁融解したため、機械室容易に延焼してしまった。消防ポンプ起動できなかったうえに可搬式ポンプ能力不足消火主管機能せず、火災範囲艦内の約2/3達し、艦自身の消火活動はほとんど遂行不能となってしまった。艦は放棄され数日後曳航中に荒天遭遇沈没している。この事件についてアメリカ合衆国著名な海軍史家であるノーマン・フリードマンは、「現代精緻な軍艦対艦ミサイル耐えられないという誤解蔓延したが、20年にわたる冒険的なコスト削減ツケがとうとう回ってきたというのが実態である」と評している。 反対にそれらの経験を踏まえて設計され艦艇訓練行っているアメリカ海軍では、米艦スターク被弾事件米艦コール襲撃事件において、ダメージコントロール迅速確実に行った結果、(非戦時で、安全な後背地近かったこともあり)米艦艇沈没免れている。 もっとも先見の明というものはあり、太平洋戦争においてはじめて実戦投入された艦種である航空母艦ダメージコントロールについて、日本海軍実戦甚大な被害を受けてからようやく対策乗り出した反面アメリカ海軍実戦経験する以前から対策余念がなかった。 詳細は「軍艦構造を参照

※この「ノウハウ」の解説は、「ダメージコントロール」の解説の一部です。
「ノウハウ」を含む「ダメージコントロール」の記事については、「ダメージコントロール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ノウハウ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ノウハウ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 00:00 UTC 版)

ノウ ハウ

発音(?)

ノ↘ーハウ

名詞

  1. 技術知識手続き知識

語源

  • 英語:know-how.


関連語


「ノウハウ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ノウハウ」の関連用語

ノウハウのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ノウハウのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2023 Sekidou Kousuke.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの手続き的知識 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダメージコントロール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのノウハウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS