2条とは? わかりやすく解説

〒067-0012  北海道江別市2条
〒074-0002  北海道深川市二条
〒078-2102  北海道雨竜郡秩父別町2条
〒415-0305  静岡県賀茂郡南伊豆町二條

2条(定義)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/07/23 06:57 UTC 版)

製品事故」の記事における「2条(定義)」の解説

5 この法律において「製品事故」とは、消費生活用製品使用に伴い生じた事故のうち、次のいずれかに該当するものであつて、消費生活用製品欠陥によつて生じたものでないことが明らかな事故以外のもの(他の法律の規定によつて危害発生及び拡大防止することができると認められる事故として政令定めるものを除く。)をいう。

※この「2条(定義)」の解説は、「製品事故」の解説の一部です。
「2条(定義)」を含む「製品事故」の記事については、「製品事故」の概要を参照ください。


2条(定義)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/07/23 06:57 UTC 版)

製品事故」の記事における「2条(定義)」の解説

6 この法律において「重大製品事故」とは、製品事故のうち、発生し、又は発生するおそれがある危害重大であるものとして、当該危害内容又は事故の態様に関し政令定め要件該当するものをいう

※この「2条(定義)」の解説は、「製品事故」の解説の一部です。
「2条(定義)」を含む「製品事故」の記事については、「製品事故」の概要を参照ください。


2条

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/11 08:37 UTC 版)

直流送電」の記事における「2条」の解説

2条送電においては導体一組使用されそれぞれ大地に対して高い電位を持っており、反対の極性となっている。それらの導体最大の電圧絶縁されていなければならず、配電線コスト1条大地帰路より高額になる。しかし、2条送電魅力的な選択となりうる利点存在する通常の負荷においては1条金属帰路送電の場と同様ごくわずか大地電流しか流れない。これは大地帰路損失環境への影響低減する配電線事故発生した場合大地帰路電極が各端局に導入されていればリターンパスとして大地使われることで1条モードとして、およそ半分電力流し続けることができる。 1条配電線電流半分しか運ばない2条配電線導体それぞれに最大電力定格与えられるため、2番目の導体同定格の1条配電線よりもコスト縮減できる。 地形あまりにも適していない場合片方配電線損傷してある程度電力送電続けられるように、2番目の導体送電線鉄塔分離して架けることができるだろう。 2条システム金属製大地帰路導体実装することもある。 2条システムは3,200 MW、+/-600 kV程度送電しうる。当初1条として発注され海底ケーブル実装追加ケーブルで2条運用更新しうる。

※この「2条」の解説は、「直流送電」の解説の一部です。
「2条」を含む「直流送電」の記事については、「直流送電」の概要を参照ください。


2条

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/03 05:35 UTC 版)

文字之教端書」の記事における「2条」の解説

一 時節ヲ待ツトテ唯(ただ)手ヲ空フシテ待ツ可キニモ非(あら)ザレバ、今ヨリ次第漢字ヲ廃スルノ用意專一ナル可シ。其(その)用意トハ文章ヲ書クニ、ムツカシキ漢字ヲバ成ル丈(た)ケ用ヒザルヤウ心掛こころがく)ルコトナリ。ムツカシキ字ヲサヘ用ヒザレバ、漢字ノ數ハ二千三千ニテ澤山ナル可シ。此書三册ニ漢字ヲ用ヒタル言葉ノ數、僅(わずか)ニ千ニ足ラザレドモ、一(ひ)ト通リノ用便ニハ差支(さしつかえナシ。コレニ由(より)テ考レバ漢字ヲ交ヘ用ルトテ左マデ學者骨折ほねおり)ニモアラズ。唯(ただ)古(いにしえ)ノ儒者流儀ニ傚(ならい)テ妄(みだり)ニ、難(むずかし)キ字ヲ用ヒザルヤウ心掛ルコト緊要ナルノミ。故(こと)サラニ難文ヲ好ミ、其稽古ノタメニトテ、漢籍素讀ナドヲ以(もつ)テ子供ヲ窘(くるしむ)ルハ無益ノ戯(たわむれ)ト云(いい)テ可ナリ。 — 福澤諭吉

※この「2条」の解説は、「文字之教端書」の解説の一部です。
「2条」を含む「文字之教端書」の記事については、「文字之教端書」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2条」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

2条のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2条のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの製品事故 (改訂履歴)、直流送電 (改訂履歴)、文字之教端書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS