2本目のナイフの出現とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 2本目のナイフの出現の意味・解説 

2本目のナイフの出現

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 02:30 UTC 版)

柏の少女殺し事件」の記事における「2本目のナイフの出現」の解説

その後、A家とB家間の民事訴訟和解の方向で進んだが、請求された2360万円という金額はA宅を売却しなければならないであった。このことを聞かされたAは、その和解額が最終的に取り決められ前日5月24日面会訪れたに対し「ぼく、やっていないよ」と、初め自身の無実主張した。 この訴えに基づいて若穂井は翌25日裁判所和解中断申し入れた。そして、27日若穂井とAの長姉面会したところ、Aはやはり自身の無実訴えとともに、「買ったナイフ自室押入れ布団包み中にある」と主張した。この言葉に基づいて同日夜に若穂井らがAの自室押入れ内を捜索したところ、包装紙くるまれ新品布団隙間から、凶器とまった同型ナイフ発見された。 この捜索は、若穂井、Aの母と次姉、そして小笠原、網正雄(元柏市議)と藤枝征司(流通経済大学社会学部講師)ら3人支援者の計6人の立会いの下で行われ押入れの戸を開けてからナイフ発見されるまでの一部始終録音写真撮影されている一方、この捜索には弁護側人間しか立会ておらず証拠保全問題があるとの指摘もあるが、これについて若穂井は「私自身そんな場所からナイフ見つかるかは半信半疑だった」と弁解している。Aの母によればかつての家宅捜索ではAの着衣などが押収されたが、その他にナイフの鞘探してゴミ箱などを見る程度で、布団包み捜索はされなかったという。 なお、それまで捜査審判では、Aが予めナイフ2本購入していた可能性はまったく浮上しておらず、また若穂によれば、Aは必要に応じて小遣い与えられていたため、1本500円ナイフ2本購入していたことは考え難いという。

※この「2本目のナイフの出現」の解説は、「柏の少女殺し事件」の解説の一部です。
「2本目のナイフの出現」を含む「柏の少女殺し事件」の記事については、「柏の少女殺し事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2本目のナイフの出現」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「2本目のナイフの出現」の関連用語

2本目のナイフの出現のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2本目のナイフの出現のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの柏の少女殺し事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS