着衣とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 着衣 > 着衣の意味・解説 

ちゃく‐い【着衣】

読み方:ちゃくい

[名](スル)衣服身につけること。また、につけている衣服。「—したままで体重を量る」⇔脱衣


ちゃく‐え【着衣】

読み方:ちゃくえ

[名](スル)ちゃくい(着衣)


着衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/19 09:10 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「着衣」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「着衣」を含むページの一覧/「着衣」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「着衣」が役に立つかもしれません。


着衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 04:25 UTC 版)

プロレス」の記事における「着衣」の解説

ショートタイツ ビキニ型のパンツ。最も一般的なリングコスチュームで黎明期から現在に至るまでほとんどの団体選手見られる伝統的に新日本プロレスでは黒、全日本プロレスでは赤、青、黄、緑などカラータイツ好んで着用され新人選手多く無地のこのタイプ着用している。また、馬場全日系は新日系よりも股上が深いものを使用する傾向があった。黒色無地タイツに肘、膝のサポーター類を一切着用しないスタイルストロングスタイル象徴呼ばれ現役では藤波辰爾西村修らが実践している。一定のキャリア積んだ選手の中には付きロゴ付きのものを着用しオリジナリティ演出する者もいる。他のタイプコスチューム着用する時もアンダーウェアとして着用されるほか三沢光晴どのようにロングタイツの上から着用するパターンもある。2000年代以降、ショートスパッツの流行により、中堅クラス上がって継続して着用する選手減少しており、新人ベテラン二極化されているタイチのように試合中盤でオーバーコスチュームを脱いでショートタイツになる選手もいる。 ロングタイツ 腰から膝下、または足首付近までを覆うタイツ。こちらも古くから使用されており、日本では力道山使用していたコスチュームとしても有名。リングシューズ、膝サポーターデザイン一部組み込むことができるの特徴膝下までのタイプ俗に田吾作タイツ」と呼ばれて上田馬之助ドン荒川矢野通などジャパニーズヒールの代名詞となっている。 ショルダータイツ(ハーフショルダータイツ) レスリング使用されているシングレット基本的に同一のものだが脚部ロングタイツになっているものや肩がワンショルダーになっているものもある。レスリング出身選手着用するほか、アンドレ・ザ・ジャイアントベイダー吉江豊、曙など上半身の肉が厚い超重量級選手体を引き締めて負荷軽減するために着用するショートスパッツ、ハーフタイツ 上記のコスチュームよりも比較新し時期登場したコスチューム。ショートスパッツは総合格闘技主流コスチュームで格闘技色の強い選手好んで使用する傾向がある2010年代には内藤哲也飯伏幸太オカダ・カズチカ潮崎豪中嶋勝彦など団体主力選手着用率が上昇しており、ショートタイツ変わって主流となっている。 全身タイツ 上半身下半身両方を覆うタイツ体全体デザインとするため獣神サンダー・ライガーマスカラ・サグラダなど覆面レスラー着用者が多い。MVP上半身がロングスリーブ、下半身がハーフタイツの自転車競技用のスキンスーツに近いデザイン変型タイツ着用している。 パンタロン タイツタイプの裾だけが広がってる物と道着のような全体に絞めつけのない物とがあり膝サポーターコスチューム下に隠してしまえる利点がある蹴り技を得意とする選手軽量級選手着用者が多い。また日本の袴を連想し東洋的イメージ演出するためにザ・グレート・カブキ越中詩郎道着)、グレート・ムタ新崎人生TAJIRIの他、前者のタイツタイプはタイガーマスク初代)小林邦昭橋本真也などが着用していた、現在はタイガーマスク(4代目)着用している。 道着 柔道空手使用されているものとほぼ同一でそれらの出身選手自身のバックボーンアピールする目的で着用する上衣や帯は首を絞めるための凶器にもなり得るためズボンのみ着用する選手も多い。平成維震軍はチームコスチュームとして使用していた。 トランクス ボクシング総合格闘技出身者着用することが多いがプロレスでは着用者絶対数比較少な傾向にある。トニー・ホーム桜庭和志杉浦貴代表例普段着 市販普段着のほか普段着似せて作られたコスチューム存在する。傷や衰えた体を隠す目的で上半身シャツなどを着用する選手も多い。デスマッチ系のプロレス団体では有刺鉄線蛍光灯破片などに対する皮膚の保護目的として着用する選手もいる。FMW大仁田厚が有名。 袴 荒武者ニックネーム知られる後藤洋央紀2011年から黒い袴を着用してリング上がっている。

※この「着衣」の解説は、「プロレス」の解説の一部です。
「着衣」を含む「プロレス」の記事については、「プロレス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「着衣」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

着衣

出典:『Wiktionary』 (2021/09/25 04:23 UTC 版)

発音

名詞

(ちゃくい)

  1. 衣服を着ること。また、着ている衣服

動詞

関連語


「着衣」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



着衣と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

着衣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



着衣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの着衣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのプロレス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの着衣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS