初代)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 初代)の意味・解説 

しょ‐だい【初代】

読み方:しょだい

家系芸道などで、一家を立てた最初の人また、その人の代。

その職務初め就任した人。第1代。「—の校長

[補説] 系統的なものにおける「最初の初めて」の意で、架空の人物キャラクターまた、事物に対して用いられる。「—マスコット」「携帯電話の—モデル」「—の電気自動車

「初代」に似た言葉

初代

読み方:しょだい

  1. 縫ったままのもの。

分類 衣類

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

(初代) から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/17 13:59 UTC 版)

(しろ)は代理の意。




「代」の続きの解説一覧

初代(Sir Topham Hatt I (1880-1956))

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 08:55 UTC 版)

トップハム・ハット卿」の記事における「初代(Sir Topham Hatt I (1880-1956))」の解説

1894年グレート・ウェスタン鉄道スウィンドン工場にて修行を受け、1901年ソドー島のティドマスの建設会社AW DryCo」に入社する技師としてティドマス・ナップフォード・アンド・エルスブリッジ軽便鉄道(Tidmouth, Knapford and Elsbridge Light Railway)等の建設携わり1914年ノースウェスタン鉄道建設手掛ける1923年にはゼネラルマネージャーとなり、1936年重役昇進した1948年鉄道が国化された際に局長となり、鉄道経営功績から準男爵位授与される製造建造に関する功績としては、1905年から1908年に4台の垂直型ボイラー機関車コーヒーポット設計・製造した他、1915年にビカーズタウンとグレートブリテン島を結ぶ跳ね橋設計・建設した。コーヒーポットテレビ版長編第10作きかんしゃトーマス トーマスのはじめて物語』ではグリンという名前で登場し跳ね橋長編第8作きかんしゃトーマス キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠以降登場する

※この「初代(Sir Topham Hatt I (1880-1956))」の解説は、「トップハム・ハット卿」の解説の一部です。
「初代(Sir Topham Hatt I (1880-1956))」を含む「トップハム・ハット卿」の記事については、「トップハム・ハット卿」の概要を参照ください。


初代(2005年-2010年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/08 23:15 UTC 版)

シボレー・コバルト」の記事における「初代(2005年-2010年)」の解説

コバルト北米市場において最も売れたGMコンパクトカーであったキャバリエと、トヨタ・カローラベース開発されプリズム統合後車種であり、2004年から2005年モデルとして販売開始された。 SUVブームがやや下火になり始めてコンパクトカー人気再燃しつつあるという開発当時の状況を受けてコンセプト従来よりも若者強く意識したものへと修正し、さらに日本製韓国製の小型車などにも対抗できるように商品力の向上を図った前身キャバリエ老朽化したJプラットフォーム」を採用していたが、コバルトでは新たに小型車向けのグローバルプラットフォームである「デルタプラットフォーム」が採用された。同プラットフォーム他にオペル・アストラサターン・アイオンシボレー・HHRなどで採用されている。 ボディタイプキャバリエ引き続きクーペセダン2種類ラインナップされた。グレードLS、1LT、2LT、3LT、LTZSS設定された最上級グレードLTZクローム仕上げグリルモールあしらっている。高性能グレードSSについては後述エンジン直4 DOHC 2.2Lが搭載され2009年モデル以降はVVT付きのものに換装された。トランスミッション5速MTまたは4速ATが用意されたロードホイールLSと1LTが15インチスチールにフルカバー、2LTが16インチ、シルバーペイントスチールホイール、3LTとLTZ16インチアルミホイールが標準となる。オーディオも、LS以外はMP3対応しiPod用のジャック装備される生産アメリカ合衆国オハイオ州ローズタウン工場行われたコバルト2010年をもってモデル打ち切りとなり、同車ポジション世界戦略車であるクルーズへと引き継がれることとなった2014年2月大規模なリコール実施。重いキーホルダー使用するイグニッションセンサー動作不良起こしエアバッグ開かなくなる可能性があるというもの。所有者に対して改修終わるまで不必要な鍵や飾り取り外すよう要請出された。

※この「初代(2005年-2010年)」の解説は、「シボレー・コバルト」の解説の一部です。
「初代(2005年-2010年)」を含む「シボレー・コバルト」の記事については、「シボレー・コバルト」の概要を参照ください。


初代(1981年-1991年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 16:12 UTC 版)

UD・コンドル」の記事における「初代(1981年-1991年)」の解説

1981年12月 バイソン後継車種として日産コンドル20/30を発売H40型)。日産・アトラス200/300の兄弟車1982年12月 昭和57年排出ガス規制対応。 1983年1月 FD33Tエンジン搭載車及び保冷車新設1984年6月 一部改良。FD33エンジン及びエクストラパック新設1986年11月 マイナーチェンジフロントグリル造形変更エンジンは、SD25からTD27に、FD33からFD35にそれぞれ変更左右ドアに「UDマークエンブレムが付く。 1989年6月 日産ディーゼル・コンドル35(P-NK110型)追加

※この「初代(1981年-1991年)」の解説は、「UD・コンドル」の解説の一部です。
「初代(1981年-1991年)」を含む「UD・コンドル」の記事については、「UD・コンドル」の概要を参照ください。


初代(1999年~2009年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 02:00 UTC 版)

ヒュンダイ・エクウス」の記事における「初代(1999年2009年)」の解説

1999年日本の三菱自動車製「プラウディア」との共同開発によりエクウスの名称で発売された。他国サウジアラビアなど)への輸出用モデルセンテニアルの名称で販売されている。マイナーチェンジ行われ2009年自社独自開発とされる2代目モデルフルモデルチェンジされた。 プラウディアとの相違点は、グリル、ボンネットマスコットが異なり、3.0Lエンジン設定がある(2006年マイナーチェンジで3.3Lエンジン変更され3.5Lエンジン輸出用除いて3.8Lエンジン変更されている)ことである。 なお、プラットフォーム子会社起亜自動車高級車オピラス(輸出名「アマンティ」)にも流用されている後期 フロント 後期 リヤ

※この「初代(1999年~2009年)」の解説は、「ヒュンダイ・エクウス」の解説の一部です。
「初代(1999年~2009年)」を含む「ヒュンダイ・エクウス」の記事については、「ヒュンダイ・エクウス」の概要を参照ください。


初代(AG型、2014年-2018年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 04:11 UTC 版)

ヒュンダイ・アスラン」の記事における「初代(AG型、2014年-2018年)」の解説

2014年10月30日韓国国内にて発表近年韓国市場における輸入高セダン急増対抗すべく開発された。仮想敵レクサス・ESアウディ・A6とし、発売当初より、韓国国内のみでの販売とされた。 5代目グレンジャーベースに、ジェネシス肉迫する高級感サイズ持たせており、エクステリア2代目ジェネシスから始まった新デザインアイコン「fluidic sculpture 2.0」(流体彫刻 2.0)に則ってデザインされている。 内装エンジンルームなど、各部分に音を吸収する特殊素材グレンジャーよりも多く使用することで、騒音振動大幅に軽減させた。 また、運転席フロントガラス部に車速交通情報などを表示するヘッドアップディスプレイ」、事故起こった際に歩行者の頭を保護する「アクティブフードシステム」(ボンネット)などを新たに追加することで安全性向上している。 搭載されエンジン全車V6直噴ラムダ。3.3Lと3.0Lの2種用意しいずれにも6ATを組み合わせている。グレンジャー用意されるハイブリッドディーゼル設定がない。 2018年1月大きな改良施されることがないまま、わずか3年3カ月モデル終了ヒュンダイラインナップでは珍しく一切韓国国外輸出販売)されなかった車種でもある間接的な後継車種ジェネシス・G70/G80。

※この「初代(AG型、2014年-2018年)」の解説は、「ヒュンダイ・アスラン」の解説の一部です。
「初代(AG型、2014年-2018年)」を含む「ヒュンダイ・アスラン」の記事については、「ヒュンダイ・アスラン」の概要を参照ください。


初代 (1997-2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 04:29 UTC 版)

雙龍・チェアマン」の記事における「初代 (1997-2014年)」の解説

W124型メルセデス・ベンツEクラスプラットフォームベース雙龍初の高級セダンとして登場。初代はまさにベンツそのものであっただけに「ベンツ血統」というキャッチコピーCMまで存在したEクラスベースとしているものの、外観SクラスW140型)を強く意識したものとなっていた。ラインナップメルセデス・ベンツライセンス取得し生産された3.2L・直列6気筒の「CM600」、2.8L・直列6気筒の「CM500」、2.3L・直列4気筒の「CM400」の計3種で、いずれも5G-TRONICと呼ばれる5速ATが組み合わされる。 1997年 - 発売1998年 - 雙龍自動車大宇自動車現在の韓国GM)に吸収され、「デーウ・チェアマン」として販売される2000年 - 雙龍ブランド復活とともに車名も「サンヨン・チェアマン」に戻る。 2001年 - ラジエーターグリルとアルミホイール意匠変更2003年 - 大掛かりなマイナーチェンジ実施前後デザイン大幅に変更2006年 - 3.6Lエンジン追加2008年 - 「チェアマンW」の投入に伴い車名を「チェアマンH」に変更グレードを3.2Lエンジンの「600S」と2.8Lエンジン搭載の「500S」に集約され、ノーマルボディのみとなるものチェアマンW登場後併売されている2011年 - マイナーチェンジ。フロントマスクを大幅に変更した2013年 - モデル廃止

※この「初代 (1997-2014年)」の解説は、「雙龍・チェアマン」の解説の一部です。
「初代 (1997-2014年)」を含む「雙龍・チェアマン」の記事については、「雙龍・チェアマン」の概要を参照ください。


初代(ビスカスカップリング式)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 09:58 UTC 版)

リアルタイム4WD」の記事における「初代(ビスカスカップリング式)」の解説

1986年昭和61年)、それまで機械式パートタイム四輪駆動採用していた初代シビックシャトルリアルタイム4WD搭載された。旧来ボタン操作トランスファー接続することによって前輪駆動四輪駆動切り替えていたものを、後輪駆動力伝えプロペラシャフトビスカスカップリング配すことにより、前後輪の「回転差」により、駆動力後輪にも伝わるようにしたもの前後輪の回転差が過大な時に発生するタイトコーナーブレーキング現象には、ビスカスカップリングトルク差を発生させないため、基本的に発生しない1988年昭和63年)に発表された初代コンチェルトには、新たにINTRAC搭載後輪ディファレンシャルギア代わりにビスカスカップリング左右2個配し、前輪及び左右後輪駆動力配分差動制限とを行いビスカスカップリングプロペラシャフトとの間にアンチロック・ブレーキ・システムABS)と連動して作動するドグクラッチを配し当時技術では難しかったスタンバイ4WD4輪ABSとを両立した。

※この「初代(ビスカスカップリング式)」の解説は、「リアルタイム4WD」の解説の一部です。
「初代(ビスカスカップリング式)」を含む「リアルタイム4WD」の記事については、「リアルタイム4WD」の概要を参照ください。


初代(MS型、2000年-2005年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 17:06 UTC 版)

キア・オプティマ」の記事における「初代(MS型、2000年-2005年)」の解説

初代オプティマ 2000年、マツダ・クロノスベースのクレドス/クラルス後継車種として登場欧州カナダなどではマジェンティス(Magentis )の車名販売された。起亜経営破綻により現代自動車傘下となった関係でヒュンダイ・ソナタEF型)とプラットフォーム共有する。本来はヒュンダイ・ソナタ(EF型)のマイナーチェンジ版として開発進められていたが、急遽旧態化していた「クレドスII」の後継車種となった。 初代オプティマリーガル 2002年韓国ではアメリカと同じ「オプティマ」のネーミング販売されマイナーチェンジ上級版の「オプティマリーガル」が追加された。排気量は1.8/2.0の直42.5V6仕様(オプティマリーガルの登場時に韓国国内オプティマ2.5リッターV6エンジンモデル生産終了)。なお、オプティマリーガル登場に伴いそれまで生産していたポテンシャ(マツダ・ルーチェ5代目)ライセンス生産)が廃止となった一部改良韓国車初のCVT搭載モデル(ランサー・セディアのCVTミッション搭載)を設定韓国国内ではSS-CVTという名称で呼ばれていた。(ちなみにSS-CVTとは「Steptronics Sports mode - Continuously Variable Transmission」の頭文字であるとされている

※この「初代(MS型、2000年-2005年)」の解説は、「キア・オプティマ」の解説の一部です。
「初代(MS型、2000年-2005年)」を含む「キア・オプティマ」の記事については、「キア・オプティマ」の概要を参照ください。


初代(1977年10月 - 1992年3月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 16:24 UTC 版)

こちら海です」の記事における「初代(1977年10月 - 1992年3月)」の解説

こちら海です」の下に波を現す形だった。海の部分大きかった

※この「初代(1977年10月 - 1992年3月)」の解説は、「こちら海です」の解説の一部です。
「初代(1977年10月 - 1992年3月)」を含む「こちら海です」の記事については、「こちら海です」の概要を参照ください。


初代(初回から2009年3月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 03:45 UTC 版)

リンカーン (テレビ番組)」の記事における「初代(初回から2009年3月)」の解説

番組開始当初から2009年3月までのオープニングフルアニメーション制作されており、メンバーデフォルメしたキャラクター登場していた。監督キャラクターデザイン中山大輔制作STUDIO 4℃電影空間にあるとされる近未来都市リンカーン」を舞台に、9人のスーパーヒーローたちが戦闘繰り広げるという内容最後全員シルエットバックタイトルロゴタイトルコールが入る。

※この「初代(初回から2009年3月)」の解説は、「リンカーン (テレビ番組)」の解説の一部です。
「初代(初回から2009年3月)」を含む「リンカーン (テレビ番組)」の記事については、「リンカーン (テレビ番組)」の概要を参照ください。


初代 (1981-1993年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 22:52 UTC 版)

フィアット・デュカート」の記事における「初代 (1981-1993年)」の解説

初代デュカート1981年導入され1993年フェイスリフト施されたエンジン2.0 Lの直列4気筒ガソリンエンジン1.9 LのディーゼルエンジングレードベースのSとSXがあった。生産イタリアのセヴェル南(Sevel Sud工場行われた。ほぼ同一の他ブランドの車としてアルファ・ロメオ AR6、プジョーJ5シトロエンC25、タルボ・エクスプレス(1986年 - 1992年)があった。デュカート各モデルの名称はその積載量に応じてデュカート 101.0トン)、デュカート 13(1.3トン)、デュカート 141.4トン)とデュカート マキシ181.8トンであった

※この「初代 (1981-1993年)」の解説は、「フィアット・デュカート」の解説の一部です。
「初代 (1981-1993年)」を含む「フィアット・デュカート」の記事については、「フィアット・デュカート」の概要を参照ください。


初代(V200型、1999 - 2006年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/22 08:24 UTC 版)

シボレー・エピカ」の記事における「初代(V200型、1999 - 2006年)」の解説

1999年発表韓国ベトナムでは大宇ブランドマグナスMagnus )、欧州では当初大宇ブランド後にシボレーブランドのエヴァンダ(Evanda )、それ以外の地域南米カナダ中国など)ではエピカの名称で販売された。また、2003年開催され第37回東京モーターショー現行型オプトラとともに参考出品され日本市場への投入検討されていたが、実現しなかった。 また、北米ではスズキにもスズキ・ヴェローナの名称でOEM供給された。 台湾では、現地自動車会社である台塑汽車台塑フォルモサ)・マグナスとして生産/販売された。 駆動方式は横置きFF。これにホールデン製の直列4気筒2,000cc、もしくはGM大宇製の直列6気筒2,500ccエンジン搭載している(初期型にはSC-1呼ばれる直4・2,000ccエンジン搭載されていたほか、韓国国内には直6・2,000ccエンジン設定もあった)。直列6気筒エンジンの横置きFFというレイアウトは、ボルボS80XC90等以外で同車のみが採用している方式である。また、デザインイタルデザイン担当している。

※この「初代(V200型、1999 - 2006年)」の解説は、「シボレー・エピカ」の解説の一部です。
「初代(V200型、1999 - 2006年)」を含む「シボレー・エピカ」の記事については、「シボレー・エピカ」の概要を参照ください。


初代(1986年-1989年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 08:59 UTC 版)

日産・ピンターラ」の記事における「初代(1986年-1989年)」の解説

R31スカイライン現地生産モデルボディタイプ4ドアセダンステーションワゴン2種類ラインアップがあり、搭載エンジン現地製のCA20E型2000ccエンジン搭載していた。尚、6気筒モデルスカイラインとして発売されていた。これまで販売されてきたセドリック230型から430型までのモデルを、DATSUN220C・DATSUN260C・DATSUN280Cの名で販売。)の輸入終了に伴う代替車種の一環誕生したスカイラインTI3.0L(RB30E)は、日本国内には無い高級なデザイン走りこそが売りであった日本のGT路線とは対照的で、装備などもローレルメダリストに近い。それより下のグレードにはGXシルエット用意されていた。1989年セフィーロ出現に伴い2代目以降6気筒モデル終了した

※この「初代(1986年-1989年)」の解説は、「日産・ピンターラ」の解説の一部です。
「初代(1986年-1989年)」を含む「日産・ピンターラ」の記事については、「日産・ピンターラ」の概要を参照ください。


初代(JW型、2021年 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 16:34 UTC 版)

ジェネシス・GV60」の記事における「初代(JW型、2021年 - )」の解説

2021年8月19日概要公開され9月30日韓国にて発表スタイリングは他ジェネシス車種同様、2本ライン構成される「クアッドランプ」と「クレストグリル」を採用し、ジェネシスファミリーの一員であることを強調している。但し、EVゆえにラジエーターグリルが不要のため、クレストグリルはバンパー中央部形成されている(グリル高電圧バッテリー冷却効率高めることが目的である)。 アウタードアハンドルは2代目G90やネクソ(ネッソ同様の自動格納式サイドミラーレクサス・ESにも例があるデジタル式採用している。インテリア設置されメーターはフルデジタル式で、シフトセレクターはダイアル式を採用。シフトセレクターは「クリスタルスフィア」と呼ばれ停止中はアンビエントランプとして機能し始動時に回転して現れる仕組みとなっている。 Bピラー内蔵され小型の近赤外線カメラにより、ドライバーの顔を認識してドア施錠/開錠し、車内に乗り込むドライバーごとに設定されたシートステアリング・ホイール位置自動であわせる「フェイスコネクト」をジェネシスブランド車で採用所定の位置に指をかざすと起動出来る「指紋認証システム」も採用することで、キー携帯することなく乗車可能となるベースとなったアイオニック5同様、EV専用RRプラットフォーム「E-GMP(Electric-Global Modular Platform)」を採用しAWD用意されるパワーユニットであるモーター2WDの場合、168kWの最高出力と350Nmの最大トルク誇り満充電時の航続可能距離は451kmを可能とする。モーター2WDモデルが1基、AWDモデルが2基を搭載し後者2WDAWD自由に切り替えられる「ディスコネクターアクチュエータシステム(DAS)」を採用バッテリー容量はいずも77.4kWhを誇る。

※この「初代(JW型、2021年 - )」の解説は、「ジェネシス・GV60」の解説の一部です。
「初代(JW型、2021年 - )」を含む「ジェネシス・GV60」の記事については、「ジェネシス・GV60」の概要を参照ください。


初代(CK型、2017年- )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/07 07:24 UTC 版)

キア・スティンガー」の記事における「初代(CK型、2017年- )」の解説

2017年5月23日韓国にて正式発表発売開始韓国国内仕様内外装起亜CIマーク一切装着せず、代わりに「E」をモチーフにしたオリジナルエンブレムを装着する手法モハベ次いで2例目でありセダンにおいては初である。尚、海外向けについては「E」エンブレム代わってCIマーク鎮座するシャシジェネシス・G80のものをベースに、ショートホイールベース化。G80同様、FRに加え起亜セダン系では初となるAWD設定されるエンジンG80からキャリーオーバーされたV6直噴の3.3L・GDIツインターボに加えK5採用済の直4の2.0L・GDIターボカーニバルに採用済の直4の2.2L・VGTターボディーゼルが用意されるトランスミッションエンジン・駆動方式種別に関わらず全て8速ATを採用する数々の安全装備に加えグレードにより、ブレンボブレーキシステム、lexcon製サラウンドシステム電動式パーキングブレーキ電動オットマンなども備える。 尚、この基本メカニズム大半は追って登場するジェネシス・G70共用する

※この「初代(CK型、2017年- )」の解説は、「キア・スティンガー」の解説の一部です。
「初代(CK型、2017年- )」を含む「キア・スティンガー」の記事については、「キア・スティンガー」の概要を参照ください。


初代(1982-1987年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 09:52 UTC 版)

シボレー・キャバリエ」の記事における「初代(1982-1987年)」の解説

キャバリエ1982年販売開始したFFコンパクトカーというGMにとって未開拓の分野であったため、2ドアクーペ・3ドアハッチバック・4ドアセダン・ステーションワゴン・コンバーチブルと多岐にわたりラインナップされた。エンジン4気筒OHV中心1.8リッターから2.8リッターまでが選択できた。 GMコンパクトカーというだけでなくそのラインナップ豊富さから、発売直後から順調に販売台数伸ばした。わずか3年後には販売台数初年度の8倍弱にまで達し1984年1985年においては販売台数全米ナンバー1記録し大ヒットモデルとなった1986年には2.8リッターV6エンジン搭載したZ24というGMシボレー伝統のスポーツグレードを冠したモデル発売された。

※この「初代(1982-1987年)」の解説は、「シボレー・キャバリエ」の解説の一部です。
「初代(1982-1987年)」を含む「シボレー・キャバリエ」の記事については、「シボレー・キャバリエ」の概要を参照ください。


初代(1954年-1963年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/22 05:56 UTC 版)

トヨタ・DA型トラック」の記事における「初代(1954年-1963年)」の解説

1954年3月 それまでBX型・FA型に代わってBA型・BC型・FA型(2代目)登場エンジン3900F型搭載1954年6月 FC登場1957年3月 新開発D型搭載のDA60型登場これを機にトヨタ3番目の販売チャネルトヨタディーゼル店新設し大型車市場本格参入する。なお、これ以降型式にDと付くものはD型エンジン搭載し、Fと付くものはF型エンジン搭載する

※この「初代(1954年-1963年)」の解説は、「トヨタ・DA型トラック」の解説の一部です。
「初代(1954年-1963年)」を含む「トヨタ・DA型トラック」の記事については、「トヨタ・DA型トラック」の概要を参照ください。


初代(1973-1977年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/16 15:54 UTC 版)

ビュイック・リーガル」の記事における「初代(1973-1977年)」の解説

ビュイック1963年フルサイズリヴィエラで高級パーソナルカー市場参入した最初のGMディビジョンであったが、その一方低価格中型高級パーソナルカー市場の開拓への対応は鈍かった。これに対してポンティアック1969年グランプリを、シボレーは翌1970年モンテカルロ作った同年オールズモビルフォーマルなノッチバッククーペのカトラスシュープリームを中型車ラインアップに加え同車間もなくオールズ中型車ベストセラーとなった。 これらと市場競合する車種求められビュイック1973年にAボディ中型車センチュリー最上位車種として「センチュリーリーガル」を発表したこの年1968年登場したGMのAボディ中型車最初のフルモデルチェンジ受けたでもある初期のリーガルフロントおよびリアスタイルが姉妹車センチュリー概ね共通であったが、異なグリルとテールライトレンズを与えて区別された。リーガル姉妹車グランプリモンテカルロ、カトラスシュープリーム、そしてより低価格のセンチュリーラグゼスクーペと、「コロネードピラーのハードトップルーフライン(サッシュレスセンターピラー付きハードトップ)とグリーンハウス(ウインドウエリア)を共有し新しファッショナブルなオペラウインドウシートメタル囲まれ小さな嵌め殺しのリアサイドウインドウ)を備えていた。 1973年当初はコロネードハードトップクーペのみが用意されていたが、1974年には4ドアコロネードセダン(6ライトグリーンハウスとサッシュレスドア)がデビューした1975年リーガルからセンチュリーの名称が落とされた。1976年フェイスリフトが行われ、合法化された角形ヘッドライトクーペでは横方向に、セダンでは縦方向並べられた。 リーガルインテリア概してセンチュリーよりも豪華に仕立てられていた。ダッシュボードやドアパネルの木目調部材やセンターアームレスト付ノッチバックベンチシート(布地ベロアビニール張り)を備え6040アームレスト分割ベンチシートオプション用意されていた。また、1976-77年型リーガルクーペにはコーデュロイ張りのリクライニングバケットシートを含むS/Rオプション用意されたエンジン当初全車で5.7L V8標準搭載されより大きい7.5L V81973-74年のみオプション用意されたクーペ1975年から3.8L V6標準とした。1975-76年の時点ではセンチュリーリーガルアメリカでV6エンジン用意する唯一の中型車であったドラマ刑事コジャック』でテリー・サバラス演じコジャック警部補愛車覆面パトカーとなった

※この「初代(1973-1977年)」の解説は、「ビュイック・リーガル」の解説の一部です。
「初代(1973-1977年)」を含む「ビュイック・リーガル」の記事については、「ビュイック・リーガル」の概要を参照ください。


初代 (2008–2017年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 01:26 UTC 版)

シボレー・トラバース」の記事における「初代 (20082017年)」の解説

2008年シカゴオートショー発表同年秋から発売開始ミニバンのアップランダーおよびSUVトレイルブレイザー後継車種である。プラットフォームビュイック・アンクレイブGMC・アカディアと同じGMラムダプラットフォームを採用する。これらラムダプラットフォーム車の生産ランシングのランシング・デルタ・タウンシップ組立工場にて行われている。 エンジン直噴 3.6L V6エンジン搭載し、これに6速ATが組み合わせられる駆動方式FWDAWD2種類ラインナップされている2012年4月ニューヨーク国際オートショーにてフェイスリフト受けた2013年モデル発表された。フロントマスクは従来の上下二分割のボウタイグリルを捨て新たに三本線のアッパーグリルと二本線のロワーグリルの組み合わせ採用されたまた、ヘッドライトフォグランプデザイン一新された。リアエンドはテールランプバンパー一新され、ライセンスプレートの位置リフトゲート移された。インテリアはインストゥルメンタルパネルなどが刷新され、センタースタックには6.5インチのカラータッチラジオとシボレー新しいインフォテインメントシステムであるMyLinkが搭載された。また、ビュイック・アンクレイブと同様世界初のフロントセンターエアバッグ標準装備車種となる。 なお、日本では三井物産オートモーティブによって2009年から輸入販売されていた(日本仕様自動車法規に基づきサイドアンダーミラー採用していた)が、同社2011年11月1日付ディストリビュータ契約をゼネラルモーターズ・ジャパンに譲渡した事に伴い販売終了した

※この「初代 (2008–2017年)」の解説は、「シボレー・トラバース」の解説の一部です。
「初代 (2008–2017年)」を含む「シボレー・トラバース」の記事については、「シボレー・トラバース」の概要を参照ください。


初代(1964-1967年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 08:07 UTC 版)

シボレー・マリブ」の記事における「初代(1964-1967年)」の解説

シボレーシェベルとして1964年登場セダンステーションワゴンクーペコンバーチブル幅広いバリエーション展開するとともにスタイリッシュかつ機能的なコンセプトが受け、爆発的に売れた。「マリブ」の名はクーペ高出力モデルの「マリブSS」として用意されたのが始まりである。以降、「マリブ」は上級グレード名として3代目まで使用された。

※この「初代(1964-1967年)」の解説は、「シボレー・マリブ」の解説の一部です。
「初代(1964-1967年)」を含む「シボレー・マリブ」の記事については、「シボレー・マリブ」の概要を参照ください。


初代(Y型 2008年-2016年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 18:49 UTC 版)

ルノー・コレオス」の記事における「初代(Y型 2008年-2016年)」の解説

.mw-parser-output .pathnavbox{clear:both;border:1px outset #eef;padding:0.3em 0.6em;margin:0 0 0.5em 0;background-color:#eef;font-size:90%}.mw-parser-output .pathnavbox ul{list-style:none none;margin-top:0;margin-bottom:0}.mw-parser-output .pathnavbox>ul{margin:0}.mw-parser-output .pathnavbox ul li{margin:0}ルノーサムスン・QM5 > ルノー・コレオス 2016年4月北京モーターショーにて世界初公開2016年8月先陣切ってオーストラリア販売開始その後徐々に各市場での販売開始された。先代引き続いて全量ルノーサムスン釜山工場製となり、世界80か国以上に輸出される計画である。但し、中国向けに関して東風汽車との合弁企業である東風諾(ドンフェンルノー)の最新工場武漢工場」にてカジャーとともに生産されるコレオス中国名表記は「科傲」)。尚、フランス市場においてはカジャーエスパス中間埋めポジション位置するエクステリアルノーデザイン部であるローレンス・ヴァン・デン・アッカーの提唱する近年のデザインアイコン「サイクル・オブ・ライフ」に則り両サイドランプから中央に向かってライン延びデザイン採用するとともに最新のデザインアイコンであるL字型LEDヘッドライト下に配置している。 エクステリアカジャーとの競合避けるため、全長先代比で大幅に延ばされ逆に先代比で全幅は-10全高は-15㎜)、Dセグメント昇格している。 エンジン先代からキャリーオーバーされるM9R型2.0Lコモンレールディーゼルと2TR型2.5Lガソリンエンジンどちらかもしくは両方市場に応じて投入する。但し、中国向けガソリンエンジンルノーサムスン・QM6と同じ2.0LのM5Rとなる。 タリスマン採用済のインフォテインメントシステム「R-Link」は「R-Link 2」に進化し、8.7インチタッチパネルディスプレイを介してオーディオナビエアコン等を操作するベースとなっているタリスマンとは異なり右ハンドル車生産されるため、オーストラリアニュージーランドイギリス等の右ハンドル市場でも販売される。 なお、ルノーサムスン版は2016年6月2日釜山モーターショーのプレスデーで初披露され、新たにQM6名乗ることになった事実上QM5後継車種となる。

※この「初代(Y型 2008年-2016年)」の解説は、「ルノー・コレオス」の解説の一部です。
「初代(Y型 2008年-2016年)」を含む「ルノー・コレオス」の記事については、「ルノー・コレオス」の概要を参照ください。


初代(1898年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 06:56 UTC 版)

京都市歌」の記事における「初代(1898年)」の解説

黒川真頼作詞上真行作曲それぞれ手掛けた初代の京都市歌京都市小学校長会が選定したもので、1898年明治31年1月29日発表された現存する最古の市歌とされる1909年明治42年制定の横浜市歌より11年早く発表されており「日本最古市歌とされるが、8年後には2代目市歌発表され短命に終わっている。 初代「京都市歌」は、歌詞旋律とも著作権の保護期間満了している(パブリックドメイン)。 一、ちとせの昔(むかし) さだめたる 平(たひら)のみやの みやどころ ちとせの後(のち)も たひらかに かくぞさかゆる 宮(みや)どころ 二、 山(やま)もうるはし 宮(みや)どころ 川(かは)もさやけし 宮(みや)どころ 花(はな)ももみぢも 山川(やまかは)の きよしうるはし 宮(みや)どころ 三、 こころの花(はな)を うるはしき てわざにみする みやこ人(びと) これぞ御国(みくに)の ひかりよと みてこそあふげ よものくに (原文旧字体

※この「初代(1898年)」の解説は、「京都市歌」の解説の一部です。
「初代(1898年)」を含む「京都市歌」の記事については、「京都市歌」の概要を参照ください。


初代 (2000-2004年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/25 00:26 UTC 版)

ヒュンダイ・サンタフェ」の記事における「初代 (2000-2004年)」の解説

スタイリングカリフォルニア州アーバインのヒュンダイ・カリフォルニア・デザインセンターが担当した北米仕様車ソナタ続いてアラバマ州モンゴメリーのHMMA(ヒュンダイ・モーター・マニュファクチュアリング・アラバマ)にて生産が行われる第2車種となった。しかし、2011年モデルからは起亜自動車ジョージア州ウェストポイント建設したKMMG(キア・モーターズ・マニュファクチュアリング・ジョージア)に生産移管することになった2009年から稼働した同工場ではキア・ソレント生産が行われている。 エンジンは、韓国仕様車は2.2リットルディーゼルエンジン北米仕様車V型6気筒2.7リットル(デルタエンジン)、および3.3リットルラムダ(λ)エンジン)のガソリンエンジン搭載される。 朝鮮日報で、フロントデザインがインフィニティFX酷似していると指摘され()中国黄海汽車SUV「チション」のフロントデザインがCMサンタフェ酷似しているという報道もある。() 中央日報で、オーストラリア幼児運転手前面押し出したサンタフェCM問題となり、放送禁止処分受けた報じられた。 2005年11月 - 韓国発売NFソナタプラットフォーム流用している。ボディサイズ先代よりも拡大している。北米では2006年1月デトロイトモーターショーデビュー果たした

※この「初代 (2000-2004年)」の解説は、「ヒュンダイ・サンタフェ」の解説の一部です。
「初代 (2000-2004年)」を含む「ヒュンダイ・サンタフェ」の記事については、「ヒュンダイ・サンタフェ」の概要を参照ください。


初代(1970年-1977年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/21 22:11 UTC 版)

ダイハツ・デルタ」の記事における「初代(1970年-1977年)」の解説

1970年10月ベスタ → V100/V200の後継として、また、ダイナ兄弟車として発表以降第5世代まで発売されるシャシ設計ダイナと共通だが、当時ダイナには設定無かった1.5t級があるうえ、トヨタ製エンジンに加えダイハツエンジン搭載された。1.5t級のデルタ1500にはダイハツ FAガソリンエンジンが、2.0t級のデルタ2000ではダイハツ FBガソリンダイハツDGディーゼルエンジン重積載車にはトヨタB 型ディーゼルエンジン設計一部生産ダイハツ担当)が設定されている。マイナーチェンジガソリンエンジントヨタ製変更され1500トヨタ12R 型、2000トヨタ5R型となる。

※この「初代(1970年-1977年)」の解説は、「ダイハツ・デルタ」の解説の一部です。
「初代(1970年-1977年)」を含む「ダイハツ・デルタ」の記事については、「ダイハツ・デルタ」の概要を参照ください。


初代(DH型、2016年-2020年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 16:40 UTC 版)

ジェネシス・G80」の記事における「初代(DH型、2016年-2020年)」の解説

ヒュンダイ・ジェネシス」も参照 2016年6月開催され釜山モーターショー初公開2016年6月13日予約受付開始2016年7月7日韓国にて正式発表発売開始前身車種ジェネシスであり、G80実質的に同車フェイスリフト版である。 ジェネシスデザイン好評であったため、エクステリア変更最小限とどめられているが、ヘッドライトHIDからアダプティブLED変更されアルミホイールデザイン変更している。 インテリアはセンタークラスタ、シフトノブ、スピーカーグリル、アナログ時計など一部デザイン変更され本木目やアルミニウムをより多く使用して品質高めた。まった、電子式シフトレバースマートフォン無線充電システム装備されAppleCarPlayアプリ使用することも可能になった。 エンジンジェネシスからキャリーオーバーされたV6直噴の3.8Lと3.3Lの2種ラムダ(λ)エンジンに加え電子制御式可変容量ターボチャージャー(e-VGT)で過給する2.2Lのディーゼルエンジン選択可能であるトランスミッションエンジン・駆動方式種別に関わらず全て8速ATとなり、ジェネシス同様、FRに加えて「HTRAC(エイチ・トラック)」と呼ばれるAWD設定される安全性について抜かりはなく、9つエアバッグに加え高速道路で部分的な自律走行可能な高速道路走行支援システムや、ドライバー集中力低下した際にアラーム休憩勧める不注意運転警報システム衝突回避支援システムなどを統括した「Genesis Smart Sense(ジェネシス・スマート・センス)」が新たに装備された。また、車体一般部品の保証期間既存3年6kmから5年10万km延長された。なお、これは以前ジェネシスDH型)にも適用される追って2016年10月にはV6・3.3L・GDIターボエンジン搭載したG80 SPORTスポーツ)」も発売された。レクサスの「F SPORT」やBMWの「M SPORT」などに似た、プレミアムスポーツ的な性格与えられている2017年10月16日、スポーツデザインセレクションパッケージが追加されるなど、商品性改善された2018年型発売された。 2018年8月27日、ジェネシスアクティブセーフティコントロール(後側衝突防止補助後方交差衝突防止補助高速道路走行補助車線離脱防止補助ドライバーへの注意警告ハイビームアシスト、スマートクルーズコントロール)や、カカオ音声認識AIシステム、スマート姿勢制御システムなどが新たに搭載されたされた2019年型が発売された。

※この「初代(DH型、2016年-2020年)」の解説は、「ジェネシス・G80」の解説の一部です。
「初代(DH型、2016年-2020年)」を含む「ジェネシス・G80」の記事については、「ジェネシス・G80」の概要を参照ください。


初代(1971年-1979年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/21 22:11 UTC 版)

ダイハツ・デルタ」の記事における「初代(1971年-1979年)」の解説

1971年3月、ニューラインキャブ、およびコンパーノトラックの後継として「デルタ750(セブンハーフ = 750kg積み)」が発売された。トヨタとの提携によりライトエーストラックOEM車となるが、コンソルテや、前述のデルタ1500 / 2000とは異なりダイハツエンジンの搭載はなく、トヨタ製3Kエンジンのみの設定であった

※この「初代(1971年-1979年)」の解説は、「ダイハツ・デルタ」の解説の一部です。
「初代(1971年-1979年)」を含む「ダイハツ・デルタ」の記事については、「ダイハツ・デルタ」の概要を参照ください。


初代(1976年-1982年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/21 22:11 UTC 版)

ダイハツ・デルタ」の記事における「初代(1976年-1982年)」の解説

1976年11月タウンエースOEM車種として「デルタワイドバン / デルタワイドワゴン」が発表される

※この「初代(1976年-1982年)」の解説は、「ダイハツ・デルタ」の解説の一部です。
「初代(1976年-1982年)」を含む「ダイハツ・デルタ」の記事については、「ダイハツ・デルタ」の概要を参照ください。


初代(1988年4月 - 1990年3月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 07:42 UTC 版)

nNNニュースプラス1」の記事における「初代(1988年4月 - 1990年3月)」の解説

前番組NNNライブオンネットワーク』から継承、『プラス1開始時1990年頃手直しして使用キャスター後ろ壁面に、縦2段横並びテレビモニター複数埋め込まれているキャスター席は左右にサブキャスター着席し中央徳光立って伝えていた。(土曜日・『日曜夕刊』と『きょうの出来事』では、中央にテーブル取り付け左右一体化させていた。)左奥には、編集機材プロンプタ原稿を映すための機材などが置かれた小部屋があった。

※この「初代(1988年4月 - 1990年3月)」の解説は、「nNNニュースプラス1」の解説の一部です。
「初代(1988年4月 - 1990年3月)」を含む「nNNニュースプラス1」の記事については、「nNNニュースプラス1」の概要を参照ください。


初代(1988年4月 - 1996年9月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 07:42 UTC 版)

nNNニュースプラス1」の記事における「初代(1988年4月 - 1996年9月)」の解説

カラーリングは「NNN(赤) ニュース(青)(改行プラス1金色)」。又統によるデザイン。「NNNニュース」が冠してある。 ロゴ全体傾き気味であることと、「プラス1」の「1」の下線が「プ」の部分まで長く伸びているのが特徴。 1996.04から09までの半年間は週末版には「サタデー」・「サンデーの文字追加され週末版カラーリングは「NNN(赤) ニュース(白)(改行プラス1金色)(改行サタデー/サンデー紺色)」。

※この「初代(1988年4月 - 1996年9月)」の解説は、「nNNニュースプラス1」の解説の一部です。
「初代(1988年4月 - 1996年9月)」を含む「nNNニュースプラス1」の記事については、「nNNニュースプラス1」の概要を参照ください。


初代(E-HB、EB、FB12型 1986年-1990年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/09 09:17 UTC 版)

日産・サニーRZ-1」の記事における「初代(E-HB、EB、FB12型 1986年-1990年)」の解説

1986年2月 B12サニー派生クーペとして追加RZ-1名称の由来は「Runabout Zenith No.1」の頭文字から創作され造語。アールズィーワンと読む。 基本シャシーセダンおよび3ドアハッチバック、カリフォルニアステーションワゴン)と共通だが、外板多く専用設計されていた。セダンや3ドアハッチバック、カリフォルニア角張ったスクエア基調デザインをしていたが、それ以上にエッジ強調したシャープな外観与えられている。強いスラント角を持ったフロントマスク、ブリスターフェンダー、ラップアラウンドウィンドウ処理されガラスを持つリアハッチゲート乗車定員4名など、セダンおよびハッチバックとは異な個性放っていた。 内装デザイン基本的にセダン・ハッチバックと共通。エンジン当初、E15S型(1.5L 直4SOHC)およびE15ET型(1,500cc直4SOHCターボ)の2種類であったが、1986年8月にCA16DE型(1.6L 直4DOHC)が追加され、「TWINCAMシリーズ」を新たに追加。「"TWINCAM NISMO"」と呼ばれるグレード設定され、これはサスペンションエアロパーツ内装一部変更などを施したスポーツ仕様であり、パワーウィンドウ装備されないスパルタンモデルであった海外輸出は、ほとんどの地域で「セントラRZ-1」として輸出されたほか、欧州では「サニークーペ」として販売していた。内装も、メーター類が200km/h対応の他は日本仕様同一であった。 1986年2月サニーのクーペモデルとして販売開始1986年8月マイナーチェンジ実施。CA16DEを搭載したツインカムシリーズを追加1987年11月マイナーチェンジ実施フロントグリルやテールレンズの意匠変更およびE15エンジン廃止しGA15S型、およびGA15E型エンジン搭載これによりターボモデルは廃止1988年6月、フロントビスカスLSDなどのオプション装備追加1989年6月装備充実させたTYPE Jを追加1989年12月生産終了在庫応分のみの販売となる。 1990年1月事実上の後継車種となるNXクーペ登場に伴いそのまま販売終了

※この「初代(E-HB、EB、FB12型 1986年-1990年)」の解説は、「日産・サニーRZ-1」の解説の一部です。
「初代(E-HB、EB、FB12型 1986年-1990年)」を含む「日産・サニーRZ-1」の記事については、「日産・サニーRZ-1」の概要を参照ください。


初代(2019年-、QX0型)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/15 05:16 UTC 版)

ヒュンダイ・ヴェニュー」の記事における「初代(2019年-、QX0型)」の解説

2019年4月17日ニューヨーク国際オートショー発表された北米仕様車には直列4気筒 1.6L Smartstream Gエンジン搭載され、 これにIVTヒュンダイにおけるCVT呼称)が組み合わせられる当初は6速MTラインナップにあった販売不振カタログから落とされた。 韓国市場2019年9月から発売開始したオーストラリア市場ではHCアクセント投入見合わせられたため、これらの国々でのラインナップではヴェニューがヒュンダイエントリーモデルとなる。

※この「初代(2019年-、QX0型)」の解説は、「ヒュンダイ・ヴェニュー」の解説の一部です。
「初代(2019年-、QX0型)」を含む「ヒュンダイ・ヴェニュー」の記事については、「ヒュンダイ・ヴェニュー」の概要を参照ください。


初代(1993-1999年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 22:05 UTC 版)

いすゞ・ジャーニー」の記事における「初代(1993-1999年)」の解説

1993年8月 モデルチェンジ発表1995年8月 マイナーチェンジ平成6年排出ガス規制適合、フロントデザインを変更エンジンターボ付のTD42T型を追加した他、AT車追加された。 初代ジャーニー前期型 標準ボディ 初代ジャーニー前期型 ロングボディ 初代ジャーニー後期型 ロングボディ

※この「初代(1993-1999年)」の解説は、「いすゞ・ジャーニー」の解説の一部です。
「初代(1993-1999年)」を含む「いすゞ・ジャーニー」の記事については、「いすゞ・ジャーニー」の概要を参照ください。


初代(1705年 - 1724年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 07:09 UTC 版)

にんべん」の記事における「初代(1705年 - 1724年)」の解説

宝永2年1705年):屋号伊勢屋定め、伊兵衛名乗る伊勢屋兵衛資金貸与する代わりに加賀藩主前田綱紀の干肴御用譲り受ける宝永5年1708年):前田綱紀三女敬姫池田吉泰婚礼前田吉徳徳川綱吉養女松姫因幡御前)の婚礼に際し御用与る享保3年1718年):大坂須磨三郎右衛門岩田屋喜兵衛からの仕入ルート開拓する享保5年1720年)春:瀬戸物町現在地)に出店支配人源兵衛を置く。 越後屋などと同様現金掛け値なし商法取り入れる。 享保6年1721年12月10日大火類焼し土蔵造り建て替える以降関東大震災まで焼失免れる同業問屋4軒・仲買65名が結託して仕入妨害試みるが、予め大坂熊野在庫取置き対抗する享保7年1722年):瀬戸物町店を本店定め小舟町店は源兵衛与える。 享保8年1723年):前田吉徳家督相続に際し御用与る前田綱紀養女長姫(神田御前)と酒井忠寄婚礼に際し御用与る享保9年1724年5月9日:初代伊兵衛前田綱紀葬儀のため前田家中屋敷(現・文京区本駒込に向かう途中中風倒れる。以降経営傾き始める。

※この「初代(1705年 - 1724年)」の解説は、「にんべん」の解説の一部です。
「初代(1705年 - 1724年)」を含む「にんべん」の記事については、「にんべん」の概要を参照ください。


初代(グランド・アベニュー・パーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 08:09 UTC 版)

スポーツマンズ・パーク」の記事における「初代(グランド・アベニュー・パーク)」の解説

1875年5月6日セントルイス一画にグランド・アベニュー・パーク(Grand Avenue Park)という野球場開場。ナショナル・アソシエーション・リーグに1875年誕生したセントルイス・ブラウンストッキングス本拠地となったナショナル・アソシエーションその年限り消滅すると、このチームは翌1876年からナショナルリーグ移籍した。このときに球場名がスポーツマンズ・パーク変更された。ブラウンストッキングスは1877年シーズン終了後球団解散した1882年、アメリカン・アソシエーション・リーグが発足セントルイスには前述のチームと同じ名前のセントルイス・ブラウンストッキングス(現セントルイス・カージナルス)というチーム誕生した。ブラウンストッキングスはスポーツマンズ・パーク改修し本拠地として使用した。ブラウンストッキングスは翌1883年チーム名セントルイス・ブラウンズ改め1892年にはナショナルリーグ移籍した。そしてこの年までは初代スポーツマンズ・パーク(グランド・アベニュー・パーク)を本拠地にしていた。

※この「初代(グランド・アベニュー・パーク)」の解説は、「スポーツマンズ・パーク」の解説の一部です。
「初代(グランド・アベニュー・パーク)」を含む「スポーツマンズ・パーク」の記事については、「スポーツマンズ・パーク」の概要を参照ください。


初代(1983年 - 1996年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 16:07 UTC 版)

雙龍・コランド」の記事における「初代(1983年 - 1996年)」の解説

1983年登場当初は巨和時代から引き継いだ2ドアボディのみであったが、のちにいすゞ・ビッグホーンベースとしたライセンス生産派生車種「コランド・ファミリー」も追加された。エンジン当初2.2Lディーゼルエンジンだったが、のちにメルセデス・ベンツ製の2.3Lに換装されているまた、コランドK9呼ばれる9人乗り仕様もあった。

※この「初代(1983年 - 1996年)」の解説は、「雙龍・コランド」の解説の一部です。
「初代(1983年 - 1996年)」を含む「雙龍・コランド」の記事については、「雙龍・コランド」の概要を参照ください。


初代(CV型、2021年 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 16:32 UTC 版)

キア・EV6」の記事における「初代(CV型、2021年 - )」の解説

2021年3月15日一部概要公開され同年8月2日韓国にて正式発表内外装新しデザインテーマである「Offerjit United」に沿ったものとしつつ、エクステリアは「Power to Progress」というテーマ与えられており、韓国ドイツアメリカの各デザインスタジオ共同で手掛けている。 他KIA車種同様、「タイガーノーズグリル」を昇華させて採用しKIAファミリー一員であることを強調している。 アウタードアハンドルはGV60同様の自動格納式採用している。 ベースとなったアイオニック5同様、EV専用RRプラットフォーム「E-GMP」を採用しAWD用意されるパワーユニットであるモーター2WDの場合、168kWの最高出力と350Nmの最大トルク誇り満充電時の航続可能距離は451kmを可能とする。モーター2WDモデルが1基、AWDモデルが2基を搭載し後者2WDAWD自由に切り替えられる「ディスコネクターアクチュエータシステム(DAS)」を採用バッテリー容量はいずも77.4kWhを誇る。-

※この「初代(CV型、2021年 - )」の解説は、「キア・EV6」の解説の一部です。
「初代(CV型、2021年 - )」を含む「キア・EV6」の記事については、「キア・EV6」の概要を参照ください。


初代(1994-1999年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 18:43 UTC 版)

フェラーリ・F355」の記事における「初代(1994-1999年)」の解説

1994年5月マラネッロフェラーリ本社にて発表された。「F355」の名称は排気量約3,500cc、5バルブ搭載エンジン由来するクーペベルリネッタボディスタイリング先代348シリーズ続きイタリアカロッツェリアピニンファリーナ」が手がけ348ライン受け継ぎながらもフィンなどの突起廃し曲線的なデザイン採用している。なおクーペモデルのトンネルバックスタイルは本モデル最後にデザイン変更された。 348シリーズ採用されたセミモノコックフレーム構造継承され、より改良されたものが採用された。 縦置きに搭載されエンジン5バルブ化され新開発90度 3,495cc V型8気筒DOHC「F129B」型で、ボッシュ社のモトロニック(前・中期型はM2.7、後期型はM5.2)で制御され最大出力380PS/8,200rpm、最大トルク36.7kgf·m/5,800rpmを発生ギアボックスフェラーリ初の6速MT。高回転化に対応するべく、鍛造アルミ製ピストンチタンコンロッドなどの贅沢な材料多く使用されていた。また、回転化は数値だけでなく、フェラーリの持つ魅力のひとつである「音色」にも貢献し348比較して、より官能的なエキゾーストノート奏でることが可能になった。 角型2灯式のリトラクタブル・ヘッドライトテールエンド空力意識してダックテール状に処理されている。テールランプ348四角異形タイプかフェラーリ伝統丸型4灯に変更されている。 ボディタイプ当初前述のベルリネッタ」、デタッチャブルトップタルガトップ)の「GTS」の2種類で、1年後1995年4月電動ソフトトップ持ったフルオープンボディの「Spider」が追加された。日本輸入され車両多くはベルリネッタボディだった。 横置きされるトランスミッション当初リジッドロッド式の6速MTのみだったが、1997年マニエッティ・マレリ社と共同開発したパドルタイプの2ペダル・セミオートマチックシステムである「F1マチック搭載車追加され、よりイージーフェラーリドライブ楽しめるようになった足回り前後ともダブルウィッシュボーン式電子制御式可変ダンパー装着しており、「スポーツ」と「コンフォート」の2種類プログラム選択できるまた、ホイール径も18インチにサイズアップが図られフロント225/40ZR18、リア265/40ZR18のピレリ製ハイグリップラジアルタイヤが設定されたエクステリアパワーユニットといったメカニズム注目が集まるが、F355は内装従来型に比べ改良され、F355でフェラーリ採用となったレカロシートあいまって、より近代的なドライビングポジション取れようになったシートポジションや運転席SRSエアバッグ標準装備化、前面本革覆われたダッシュボードなど、質実ともに向上したまた、パワーアシスト付きステアリング標準仕様になっていた(レスオプション可能だった)。 日本には1994年に正式輸入開始された。当時販売価格それぞれベルリネッタが1,490万円GTSが1,550万円Spiderが1,625万円だった。 1997年コーンズは、フェラーリビジネスパートナーとなって20周年迎えた記念として、フェラーリによって製作され20台のF355「コーンズ・スペシャル・エディション」を販売した内訳は、ロッソコルサ/ネロ7台、ロッソフィオラノ/ネロ6台、ブルーツールドフランス/タン7台である。 1999年後継車360モデナ発表し生産・販売終了する2010年6月30日燃料パイプ不具合による火災恐れがあるということでFerrari Japan国土交通省リコール回収無償修理)を届け出た

※この「初代(1994-1999年)」の解説は、「フェラーリ・F355」の解説の一部です。
「初代(1994-1999年)」を含む「フェラーリ・F355」の記事については、「フェラーリ・F355」の概要を参照ください。


初代(スラット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 13:51 UTC 版)

レオ・ザ・ライオン」の記事における「初代(スラット)」の解説

創業開始当初ロゴで、1924年 - 1928年まで使用された。設立当時は、サイレント映画主流だった為、後述する他のライオンとは異なり後述する静止画外で唯一吠えないライオンロゴである。

※この「初代(スラット)」の解説は、「レオ・ザ・ライオン」の解説の一部です。
「初代(スラット)」を含む「レオ・ザ・ライオン」の記事については、「レオ・ザ・ライオン」の概要を参照ください。


初代(1993年 - 2002年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 05:11 UTC 版)

光岡・ビュート」の記事における「初代(1993年 - 2002年)」の解説

ベース2代目マーチ。「1000cc」と「1300cc」が設定され内装オプション木目パネルによる加飾革張りシートなどが用意されていた。駆動方式FFのみ。 ボディタイプ4ドア / 2ドアセダン、3ドア / 5ドアハッチバック、2ドアコンバーチブル / ロードスターの6種類グレード最初期のベースグレード、ベーシックデラックス3種類。また、上記の独自オプション仕様のほか、長寿だったベース車両マイナーチェンジに合わせて多くの仕様違いカラーバリエーション存在する

※この「初代(1993年 - 2002年)」の解説は、「光岡・ビュート」の解説の一部です。
「初代(1993年 - 2002年)」を含む「光岡・ビュート」の記事については、「光岡・ビュート」の概要を参照ください。


初代(1983年 - 1988年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 00:01 UTC 版)

スズキ・カルタス」の記事における「初代(1983年 - 1988年)」の解説

詳細スズキ・セレリオ#2代目2014年-)を参照 2017年4月パキスタンセレリオ現地仕様車がカルタスの名称で発売パキスタンでは2016年まで2代目カルタス製造されており、その後継となる。

※この「初代(1983年 - 1988年)」の解説は、「スズキ・カルタス」の解説の一部です。
「初代(1983年 - 1988年)」を含む「スズキ・カルタス」の記事については、「スズキ・カルタス」の概要を参照ください。


初代(通称「白筺体」)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 03:47 UTC 版)

ミュージックガンガン!」の記事における「初代(通称「白筺体」)」の解説

画面サイズ32インチで、画面上部に2基のスピーカー搭載している。

※この「初代(通称「白筺体」)」の解説は、「ミュージックガンガン!」の解説の一部です。
「初代(通称「白筺体」)」を含む「ミュージックガンガン!」の記事については、「ミュージックガンガン!」の概要を参照ください。


初代(しょだい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 04:42 UTC 版)

ゆうやみ特攻隊」の記事における「初代(しょだい)」の解説

心霊探偵部霊感2号前代。額に×字型傷がある。既に殉職しているため本編では2号回想登場したのみである。殉職原因不明

※この「初代(しょだい)」の解説は、「ゆうやみ特攻隊」の解説の一部です。
「初代(しょだい)」を含む「ゆうやみ特攻隊」の記事については、「ゆうやみ特攻隊」の概要を参照ください。


初代(1965年 - 2012年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 10:20 UTC 版)

大名古屋ビルヂング」の記事における「初代(1965年 - 2012年)」の解説

東海道新幹線開通後まもなく名古屋駅桜通口正面に竣工し以来、その存在感特徴ある大名古屋ビルヂング」の看板掲げられているため、全国的に知名度高い建物一つとなっている。建物形状よりも、名称が知名度アップ貢献している好例であるが、名古屋市民の間では有名であるものの、全国的に有名なビルであるという意識は低いといわれる古く伊勢湾台風起こった1959年遡る当時東京駅周辺のビル管理手がけていた三菱地所は、かねてから地方進出機会を伺っていた。そんな中当時三菱地所社長渡辺武次郎被災直後名古屋訪れた際、その被害惨たんたる状況から、地方進出第一号として名古屋駅前に大型ビル建設することを決めた1965年5月完工記念式典配布されパンフレットには、『伊勢湾台風災害御見舞まいりましたであります名古屋駅に着く前、汽車の窓から見ますと、罹災後1ヶ月経ているのに一面に海のようにまだ溜まっており、人々戸板乗って家から出入りしておりました。(中略ひとつここに耐震不燃高層ビルヂング決意致したであります』と、その経緯記されている。 全体完成1965年であるが、1962年ビル正面中央部分1963年ビル左側部分1965年ビル右側部分と、三段階に分けて完成させている。かつて屋上左側に象徴的な球形回転型ネオンサイン広告主森永製菓コカコーラ)が備え付けられていたが、2007年秋頃に撤去され2008年4月から土岐プレミアムアウトレット看板設置されていた。屋上右側に六角形広告広告主三菱電機)も取り付けられたがこちらは球形広告より先に撤去され後に三陽商会広告設置された。 地下1階飲食店等入居し、「ダイナード」の愛称付けられていた。ユニモールメイチカなどとも繋がり実質的に名駅地区地下街一部となっていた。屋上には、毎年5月 - 9月上旬期間限定営業されるビアガーデンマイアミ」があり、夏になると賑わい見せた2004年度都道府県地価調査では、大名古屋ビルヂングが9.9%上昇して商業地の上昇率において全国1位記録した大名古屋ビルヂング2005年左上コカコーラ球体広告見える。

※この「初代(1965年 - 2012年)」の解説は、「大名古屋ビルヂング」の解説の一部です。
「初代(1965年 - 2012年)」を含む「大名古屋ビルヂング」の記事については、「大名古屋ビルヂング」の概要を参照ください。


初代(1980年-1995年 type 14)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 16:23 UTC 版)

フォルクスワーゲン・キャディ」の記事における「初代(1980年-1995年 type 14)」の解説

初代ゴルフピックアップトラック仕立てたもの。 北米へはラビット・ピックアップとして輸出された。ラビット北米でのゴルフの名称。 トラックキャンパーを搭載したキャディ トラックキャンパーを搭載したキャディ ラビットピックアップ 北米仕様 ラビットピックアップ 北米仕様

※この「初代(1980年-1995年 type 14)」の解説は、「フォルクスワーゲン・キャディ」の解説の一部です。
「初代(1980年-1995年 type 14)」を含む「フォルクスワーゲン・キャディ」の記事については、「フォルクスワーゲン・キャディ」の概要を参照ください。


初代(1998年-2006年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 01:05 UTC 版)

スズキ・XL7」の記事における「初代(1998年-2006年)」の解説

1998年2代目エスクードベースホイールベース延長し、H27A型V型6気筒2.7Lエンジン搭載した3列シートSUVとして登場日本ではグランドエスクードとして発売された。

※この「初代(1998年-2006年)」の解説は、「スズキ・XL7」の解説の一部です。
「初代(1998年-2006年)」を含む「スズキ・XL7」の記事については、「スズキ・XL7」の概要を参照ください。


初代(1999年 - 2004年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 15:38 UTC 版)

トヨタ・レジアスエース」の記事における「初代(1999年 - 2004年)」の解説

H100系 1999年7月5日登場同年8月ハイエース・レジアスマイナーチェンジで、レジアスツーリングハイエース分離されるのを前にそれまでトヨペット店ビスタ店(現ネッツ店沖縄県沖縄トヨペット扱い)で併売されていたハイエーストヨペット店専売切り替わり当時ライトバン扱いなくなったビスタ店向けの姉妹車として投入された。機構的に4代目ハイエース同じであるが、レジアスエースではバンのみの設定となっている。 2000年12月1日一部改良。2.0Lガソリンエンジン車にCDルートバンと、スーパーロングバン及びコミューターに2.4Lガソリンエンジン・2RZ-E型を追加従来の2Lガソリン車ラインアップ11タイプ拡大したこれによりガソリン車ラインアップ従来18タイプか31タイプとした。 また、福祉車両カラードバンパーやカラードラジエーターグリルを標準装着した上級タイプ車「タイプVII」を追加設定し、全車後部ドアの開閉補助する「バックドアイージークローザー」を標準装備したほか、車椅子3点式シートベルト調整可能アンカー装備するなど機能性安全性の向上図った2001年8月3日一部改良スーパーGLステアリングワゴン用になり、スーパーGLより若干装備落とされスーパーGL-E追加。同グレードには5ドア設定されていた。標準タイプスーパーGL新車体色設定するとともに、バックドアガーニッシュの採用シート表皮変更するなどして、質感向上したまた、ハイルーフのみの設定であった日本RV協会 (JRVA) 加盟ビルダー向けの“キャンパーベース・スーパーロング”にロールーフが追加され2004年まで発売された。 2002年8月一部改良。3.0Lディーゼルエンジン搭載車にエンジンアンダーカバーや吸音材追加最新の車外騒音規制クリアした。なお、全ディーゼル車同年10月施行され自動車NOx・PM法適合しないため、特定地域内での購入ができなくなった装備ではスーパーGLには、アンサーバック機能備えたワイヤレスドアロックリモートコントロールを採用して利便性の向上を図ったまた、福祉車両ウェルキャブ車いす仕様車はデュアルエアコンを標準装備したほか、10乗りタイプVIII追加設定した。 2003年7月22日一部改良ガソリンエンジン新開発の1TR-FEに変更し出力性能を向上させるとともに環境性能高め平成13年規制適合と同時に良-低排出ガス認定(☆)を受ける。また、自動変速装置電子制御式ECT)を採用滑らかな変速感も実現した2004年4月ネッツ店への統合により、ネッツ店扱われる。(同店でのキャブオーバーワンボックスカーは1996年ライトエースフルモデルチェンジ以来同年8月にはフルモデルチェンジが行われたため、初代モデルネッツ店での扱い短期間であった。 2004年7月生産終了在庫応分のみの販売となる。 2004年8月2代目入れ替わる形で販売終了

※この「初代(1999年 - 2004年)」の解説は、「トヨタ・レジアスエース」の解説の一部です。
「初代(1999年 - 2004年)」を含む「トヨタ・レジアスエース」の記事については、「トヨタ・レジアスエース」の概要を参照ください。


初代(開始当初 - 1964年9月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 07:11 UTC 版)

ナショナル劇場」の記事における「初代(開始当初 - 1964年9月)」の解説

この代のみモノクロ切り絵アニメと思われるもので、ナショナル坊や世界を回るという内容になっている

※この「初代(開始当初 - 1964年9月)」の解説は、「ナショナル劇場」の解説の一部です。
「初代(開始当初 - 1964年9月)」を含む「ナショナル劇場」の記事については、「ナショナル劇場」の概要を参照ください。


初代(GC系 1982年-1987年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 16:15 UTC 版)

フォード・テルスター」の記事における「初代(GC1982年-1987年)」の解説

初代テルスター マツダ新し販売網として設立されオートラマ店専売車としてレーザーとともに販売開始4代目カペラベースとしたボディ4ドアセダンとTX5と呼ばれる5ドアハッチバックの2タイプ用意されたエンジンは1.6L&1.8L&2.0Lの直4ガソリンエンジン設定1982年10月 - 新発売この年カペラともども日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞した1983年11月 - TX5に2.0Lターボが、セダンに2.0Lディーゼル追加1985年5月 - マイナーチェンジエンジン性能の向上。

※この「初代(GC系 1982年-1987年)」の解説は、「フォード・テルスター」の解説の一部です。
「初代(GC系 1982年-1987年)」を含む「フォード・テルスター」の記事については、「フォード・テルスター」の概要を参照ください。


初代(2008年-2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 03:45 UTC 版)

スズキ・セレリオ」の記事における「初代(2008年-2014年)」の解説

2008年パリモーターショーにて発表された同年12月インド発売開始2009年4月から輸出開始された。ヨーロッパなど大半地域で「アルト」として、インドでは「Aスター」として発売されフィリピン南アメリカ北アフリカなど一部地域でセレリオ」の車名使用された。 また、日産自動車にもヨーロッパ市場向けに日産・ピクソとしてOEM供給が行われた。ピクソはアルト/セレリオ異なヘッドライトおよびフロントグリル与えられているアルト/セレリオ外観2008年1月ニューデリーオートエクスポ出展された「Aスターコンセプト」に基づいている。トヨタ・アイゴなどと同様リアドア嵌め殺し窓採用されているが、一部モデル三角窓設けられスライド可能になっている。 エンジンは1.0L 直列3気筒のK10B型エンジン搭載され5速MTおよび4速ATが組み合わせられた。 生産マルチ・スズキ・インディアマーネーサル工場集約され世界各国輸出された。中国仕様車のみ重慶長安スズキ生産されている。 日本国内でも、メーカーテスト目的で至極少数輸入登録されディーラー貸与され欧州仕様右ハンドル車目撃されている。 Aスターコンセプト アルト欧州仕様フロントアルト欧州仕様リア

※この「初代(2008年-2014年)」の解説は、「スズキ・セレリオ」の解説の一部です。
「初代(2008年-2014年)」を含む「スズキ・セレリオ」の記事については、「スズキ・セレリオ」の概要を参照ください。


初代(SC57)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 14:11 UTC 版)

ホンダ・CBR1000RR」の記事における「初代(SC57)」の解説

2004年仕様 - 3月31日CBR954RR後継モデルとして以下のカラーバリエーション発売された。 ██ウイニングレッド ██フォースシルバーメタリック ███パールフェイドレスホワイト 2005年仕様 - マイナーモデルチェンジによりMotoGPワークスチームレプソルホンダRC211V同一色が限定車として発売されカラーバリエーションが以下のように改められた。ハザードランプ標準装備した。 ██CBR1000RRSpecial Edition ██ウイニングレッド ███パールフェイドレスホワイト ██キャンディタヒチアンブルー

※この「初代(SC57)」の解説は、「ホンダ・CBR1000RR」の解説の一部です。
「初代(SC57)」を含む「ホンダ・CBR1000RR」の記事については、「ホンダ・CBR1000RR」の概要を参照ください。


初代(1999年-2011年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 23:09 UTC 版)

日野・デュトロ」の記事における「初代(1999年-2011年)」の解説

1999年5月 製造開始テレビCMにはともさかりえ出演ダイナトヨエースとの違いは、1トン級の設定が無いこと、運転席エアバッグ標準装備となること(ダイナトヨエース2004年標準装備された)。ルートバンのBピラー以降はH100系ハイエースからの流用2002年6月 マイナーチェンジ。フロントデザインが変更され、ミラーステー下に配置されていたターンシグナルランプヘッドランプ内に移設されるなどの変更受けた2003年11月、2トントラック初のハイブリッド車として、日野HIMRシステムベースとしたパラレルハイブリッド方式のデュトロ・ハイブリッドを追加2006年9月マイナーチェンジの際、新長期排出ガス規制値比NOxPM10 %低減、及びHINOブランド意匠グリル変更アイシン精機(現:アイシン製のオートマチックトランスミッション6速となり、トルクコンバーターステップAT(有段AT)を装備する2トン小型トラックでは最多段数となる。 ギアポジションは、P、R、D、D4321の5ポジションである(表示変えMC前のシフトレバー周りそのまま使用)。オーバードライブボタンは「D5表記となる。 エンジン4.0 LのN04C統一2WDフロント独立懸架車のサスペンションスプリングトーションバーからコイル変更海外では300シリーズの名前で販売されている地域もあるほか、国内向けとはフロントグリル異なっている。インドネシアでは、マイクロバスモデルが販売されている。 運転席 ルートバン(中期型ハイブリッド主要部 標準幅・LPG車ヤマト運輸デュトロ 110 バスインドネシア販売されているデュトロにバスボディを架装したマイクロバスモデル) 海外仕様国内とのフロントグリル違い一例インドネシア仕様

※この「初代(1999年-2011年)」の解説は、「日野・デュトロ」の解説の一部です。
「初代(1999年-2011年)」を含む「日野・デュトロ」の記事については、「日野・デュトロ」の概要を参照ください。


初代 (1990-1992年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 02:15 UTC 版)

インフィニティ・M」の記事における「初代 (1990-1992年)」の解説

インフィニティ最初の販売車としてQ45とともに販売開始された、インフィニティ初の2ドアクーペである。レパードF31)の姉妹車であり、VG30Eエンジンのみを搭載1991年からASC社(American Specialty Cars)と共同で開発したコンバーチブルモデルも追加した1992年販売終了し同じくレパードレパードJフェリー)と姉妹車J30後継に当たる。ただしJ30M30異なりセダンで、クーペやコンバーチブルモデルは設定されなかった。 M30は、レパードとは異なりサンルーフ全車標準装備されるなど装備充実していたためメーカーオプション存在せずまた、スポーティーモデルの「M30s」や、コンバーチブル含めてトランスミッションはRE4R01A型電子制御4速ATのみであったため、販売不振に終わり、最も売れなかったインフィニティモデルとされているまた、当時マキシマ装備されていた、ソナーサスペンションII装備されフロントバンパーに取付けられたソナーモジュールによって路面スキャンし、サスペンション調節されたまた、それによってスポーツモードとコンフォートモードが選択できた。 生産日産自動車追浜工場

※この「初代 (1990-1992年)」の解説は、「インフィニティ・M」の解説の一部です。
「初代 (1990-1992年)」を含む「インフィニティ・M」の記事については、「インフィニティ・M」の概要を参照ください。


初代(1960-1961年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 06:49 UTC 版)

ダッジ・ダート」の記事における「初代(1960-1961年)」の解説

ランサー後継として登場エンジンは3.7L・6気筒の「スラント6」ならびに5.2Lもしくは5.9LのV8エンジン用意されボディバリエーション4ドアセダンステーションワゴン、2ドアセダン、2ドアハードトップと実に幅広い設定であった1961年改良されエクステリアはヴァージル・エクスナー(en:Virgill Exner)がデザインしたが、凹凸特徴グリル視認性に劣るリヤコンビネーションレンズをはじめとして、非常に不評であり、結果として1960モデルと比べて大幅に販売台数落とすことになってしまった。

※この「初代(1960-1961年)」の解説は、「ダッジ・ダート」の解説の一部です。
「初代(1960-1961年)」を含む「ダッジ・ダート」の記事については、「ダッジ・ダート」の概要を参照ください。


初代 (2001-2017年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/07 15:55 UTC 版)

雙龍・レクストン」の記事における「初代 (2001-2017年)」の解説

4WDシステムはトルク・オン・デマンド式を採用(かつていすゞのSUV使われていたタイプとほぼ同等)。 2001年8月販売開始、2900cc ディーゼルエンジン120馬力)を搭載2001年11月:3200cc ガソリンエンジン220馬力搭載車追加2003年7月:新グレード「XJ290」を追加2003年12月一部改良、2700cc XDiエンジン170馬力)を搭載2005年4月一部改良、2700cc NEW XDiエンジン176馬力)を搭載2006年3月マイナーチェンジ、名称を「レクストン II」に改称。2700cc XDi XVTエンジン191馬力)を搭載2007年10月一部改良、名称を「レクストン II ユーロ」(スーパーレクストン)に改称。2700cc XDi XVTエンジンCDPFシステム搭載186馬力)を搭載2012年5月:ビッグマイナーチェンジ。新開発の2.0Lコモンレール式ディーゼルエンジン「e-XDi200 LETLow End Torque)」+5AT搭載し、名称を「レクストン W」に改称。尚、「W」は「Work of Art」の頭文字で、「新たに誕生したニュープレミアムSUV」を意味する2017年5月後継車種G4レクストン」の登場により在庫のみとなり、完売したため終了

※この「初代 (2001-2017年)」の解説は、「雙龍・レクストン」の解説の一部です。
「初代 (2001-2017年)」を含む「雙龍・レクストン」の記事については、「雙龍・レクストン」の概要を参照ください。


初代(1988年-1993年 シリーズ通算7代目 S80/82W系)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/07 20:39 UTC 版)

ダイハツ・ハイゼットデッキバン」の記事における「初代(1988年-1993年 シリーズ通算7代目 S80/82W系)」の解説

初代ハイゼットデッキバン(1992年改良型) アトレーデッキ コスミックルーフ 1988年7代目ハイゼットバンの荷室部分切り取り4人乗りトラックしたものである。 ハイゼット・デッキバンの派生としてアトレーデッキが限定車として登場したターボEXベースとしガラスサンルーフ回転対座シート備えている1990年4月マイナーチェンジで(当時の)新規格に対応。全長100mm延長されエンジン全車547ccのEB型から659ccのEF型変更となる。

※この「初代(1988年-1993年 シリーズ通算7代目 S80/82W系)」の解説は、「ダイハツ・ハイゼットデッキバン」の解説の一部です。
「初代(1988年-1993年 シリーズ通算7代目 S80/82W系)」を含む「ダイハツ・ハイゼットデッキバン」の記事については、「ダイハツ・ハイゼットデッキバン」の概要を参照ください。


初代(M100型/M150型、1998年-2005年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 02:21 UTC 版)

GM大宇・マティス」の記事における「初代(M100型/M150型、1998年-2005年)」の解説

初代マティス3代目スズキ・アルトベースにしたティコ後継車として1998年デビューしたジウジアーロデザインしたボディは元々はフィアット車向けにデザインされたといわれている。エンジン3気筒800ccで、これはスズキ製F8Cエンジン改良型搭載されている。ヨーロッパ中心に輸出され140台以上も売れた2002年にはマイナーチェンジが行われ(M150型)、外装変更になった韓国ではCVT仕様追加されたが、日本ではトルクコンバーターオートマチックのままであったまた、日本のチューナートミーカイラが、同車ベースにしたコンプリートカー、「トミーカイラm08」を発売したことがあった。 中国ではGMグループの上通用汽車によって楽馳(Lechi)として現在も製造・販売が行われている。仕向地によっては、シボレーブランドからスパーク車名販売されていた。

※この「初代(M100型/M150型、1998年-2005年)」の解説は、「GM大宇・マティス」の解説の一部です。
「初代(M100型/M150型、1998年-2005年)」を含む「GM大宇・マティス」の記事については、「GM大宇・マティス」の概要を参照ください。


初代(1997年-2003年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 02:22 UTC 版)

ヒュンダイ・アトス」の記事における「初代(1997年-2003年)」の解説

欧州Aセグメントサイズのトールワゴンとして1997年発売開始された。搭載されエンジン全て直列4気筒のイプシロンファミリーで、韓国仕様当時のキョンチャ(韓国版軽自動車規格収まるようにG4HA型0.8Lが搭載され他のアジア諸国向けにもラインナップされたが、ヨーロッパなどにはG4HC型1.0LやG4HG型1.1Lがラインナップされた。 マレーシアでは政府から「国産車メーカー認定受けたイノコム自社ブランド車としてアトス生産行った1999年4月15日韓国キア・ヴィスト (Kia Visto) が発売開始された。アトス全高若干下げて5ドアハッチバックボディにした車種であるが、1998年傘下に収めた起亜自動車ラインナップ拡充のためにヒュンダイブランドではなくキアOEM供給投入することになった。キョンチャとして販売されたヴィストには2000年に0.8Lターボ追加されている。また、ヴィストは韓国以外にインドネシアでも製造・販売が行われた。 このハッチバック海外向けにはヒュンダイ・アトスプライム (Hyundai Atos Prime) として投入された。また、インドではサントロの名称で発売され同国におけるヒュンダイ急速なシェア拡大大きく寄与したトールワゴンアトス2002年12月販売終了し2003年12月にはヴィストも販売終了した韓国国内におけるアトス/ヴィストの系譜2004年デビューのヴィスト後継車種モーニング(輸出名:ピカント)に受け継がれることとなる。その後キアでは日本いうところのスーパーハイト軽であるレイ出していた一方でヒュンダイ2021年CUVキャスパー投入するまでの実に19年韓国のキョンチャ市場から撤退していた。 ヒュンダイ・アトス キア・ヴィスト

※この「初代(1997年-2003年)」の解説は、「ヒュンダイ・アトス」の解説の一部です。
「初代(1997年-2003年)」を含む「ヒュンダイ・アトス」の記事については、「ヒュンダイ・アトス」の概要を参照ください。


初代(1997-2002年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/01 07:19 UTC 版)

フォード・エクスペディション」の記事における「初代(1997-2002年)」の解説

1996年(97MY)にフォード・ブロンコ後継車として登場。4.6Lと5.4LのV8OHVエンジン搭載した強靭なラダーフレームを持つフルサイズSUVである。2ドアモデルのみであったブロンコとは異なり4ドアモデルのみが発売された。かつては近鉄モータース正規輸入していたこともあった。

※この「初代(1997-2002年)」の解説は、「フォード・エクスペディション」の解説の一部です。
「初代(1997-2002年)」を含む「フォード・エクスペディション」の記事については、「フォード・エクスペディション」の概要を参照ください。


初代(BH型、2008年-2013年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 06:31 UTC 版)

ヒュンダイ・ジェネシス」の記事における「初代(BH型、2008年-2013年)」の解説

ヒュンダイ自社独自開発したとされるものとしては初となるFR乗用車であり、開発にあたって他社高級乗用車、特にレクサス・GSインフィニティ・Mなどがベンチマーク参考目標)とされた。製造は、韓国の蔚山ウルサン工場内新設され専用ライン行われるボディサイズ全長4975mm/全幅1890mm/全高1480mmで、素材高張力鋼使用し接合には接着剤スポット溶接との併用によってベンチマークとされる各車種よりもねじり剛性1214%向上しているという。 エンジン自社独自開発V6・3.3L(262馬力・32.2kgm)と3.8L(290馬力・36.5kgm)のラムダ(λ)エンジン。更に北米仕様車同じく独自のV8・4.6L(375馬力タウTAU、τ)エンジン加わる(韓国仕様車は3.3Lと3.8Lのみ)。 トランスミッションは、前期の場合3.3Lと3.8L車がアイシンAW製の6速、4.6L車はZF6速のAT、後期型両方ともヒュンダイ製8速AT。 その他スマート・クルーズ・コントロール(レーダークルーズコントロール装備されないグレードもある)やアダプティブ・ヘッドランプ(AFS)やスマートエントリーレキシコン製のオーディオなどといった装備奢られている。 2009年北米カー・オブ・ザ・イヤー乗用車部門韓国メーカー車として初め受賞している。 ヒュンダイによる高級車としては、三菱自動車との提携によるエクウス初代モデル輸出センテニアル)(日本ではプラウディア」及び「ディグニティ」として2001年まで製造・販売されていた)がある(さらにその源流と言える車種として、デボネア2代目3代目モデルベースとなるグレンジャー初代・2代目モデルや、グレンジャー2代目モデルの上グレード車として開発されダイナスティがあった)。エクウスは主に韓国本国中東諸国などで販売され日本欧米には輸出されていないまた、エクウス2代目モデル本車ベースとし、欧米などへは「ジェネシスプレステージ」の名称で輸出される見通しであると報じられている。 アメリカでの販売については、そのリスク大きさ危惧する意見がある原油価格高騰サブプライムローン問題などの影響で2008年度には乗用車市場の縮小予想されていることに加えトヨタ自動車レクサスホンダアキュラのような独立した高級ブランド展開することなく高級車販売試みることの困難さ指摘されている。ヒュンダイこれまで自社製品を「日本車安価な代用品」と位置付けていたため、ディーラー網未整備であり、自前単独販売店数少ない雑多な自動車展示場2番手・3番手以下のブランドとして販売されている現状は、高級車イメージとは相反するというわけである。 自動車評論家国沢光宏自身の公式ブログにおいて、2007年12月時点において日本市場へは投入されない模様であり、それを理由日本の自動車評論家による試乗さえもシャットアウトされていると主張している。その一方で、福島県郡山市にあるヒュンダイディーラーの公式ブログでは検討中あるらしいとの記述があり(ヒュンダイ日本法人によってテスト用日本持ち込まれているとの記述もあった)、さらに韓国のニュースサイトが、次いで産経新聞2009年日本でも発売する報じられたが、ヒュンダイ乗用車販売大型商用バスユニバース販売継続するという)の日本市場からの撤退により、正規輸入発売可能性は消滅している。但し、並行ながらも日本においてはクーペの項で記述されている「ジェネシス・ジャパン PROJECT」により、2012年4月より購入が可能となっている。 2011年3月7日マイナーチェンジ内外装リフレッシュさせ商品力を向上させた。エクステリアについてはヘッドライト、リヤコンビレンズ、バンパー変更全長は10mm延びて4.985mmとなったエンジンについてV6・3.3Lと3.8Lという排気量そのままにGDi換装することで出力環境性能を向上。同時にトランスミッション自社開発の8速ATに切り替えた2011年5月17日後述にもあるとおり2009年ソウルモーターショー出品後、試験的に3台製作された「ジェネシス・プラダ」(GP(=Genesis PRADA500)がマイナーチェンジ後のモデルベース限定発売された(2012モデル2011年5月17日発表2013モデル2012年9月25日発表。各600台)。インテリアコーディネイトはプラダ担当しシート素材同社バッグと同じサフィアーノを採用している。ボディカラー3層コート処理され専用色の「ブラックネロ」「ブルーバルティコ」「ブラウンモロ」を用意2013モデルでは「ブラウンモロ」は廃止されて2色)。エンジンはこのモデル専用設定されるエクウスリムジン用V8・5.0Lτ(=タウ、430PS、52.0kg・m)を搭載するが、2013モデル版については、これに加えてV6・3.8LのGDi(GP380)も用意される。尚、プラダとのコラボレーション証として生産番号記されたシリアルプレートがプラダ全車備わる。 後期 フロント 後期 リヤ

※この「初代(BH型、2008年-2013年)」の解説は、「ヒュンダイ・ジェネシス」の解説の一部です。
「初代(BH型、2008年-2013年)」を含む「ヒュンダイ・ジェネシス」の記事については、「ヒュンダイ・ジェネシス」の概要を参照ください。


初代 (1993-2011年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 09:43 UTC 版)

雙龍・ムッソー」の記事における「初代 (1993-2011年)」の解説

2018年韓国レクストン スポーツとして発表され同年のジュネーヴ・モーターショーデビューしたモデルにムッソーの名が復活。ロングホイルベース版は「ムッソー グランド」(韓国名:レクストンスポーツ カーン)を名乗る

※この「初代 (1993-2011年)」の解説は、「雙龍・ムッソー」の解説の一部です。
「初代 (1993-2011年)」を含む「雙龍・ムッソー」の記事については、「雙龍・ムッソー」の概要を参照ください。


初代(1999年-2007年モデル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 14:35 UTC 版)

シボレー・シルバラード」の記事における「初代(1999年-2007年モデル)」の解説

C/Kシリーズ後継として登場デザインはC/Kシリーズ強く受け継いだものだったが、ボディ丸みを帯びた。C/Kと同様に「CHEVROLET」と後ろに大きく書かれデザイン仕様も多い。プラットフォームはGMT800系が採用されている。 2001年モデルで、フォードのスーパーデューティーに対抗するため、さらに大型化させたヘビーデューティーシリーズを導入後輪左右2輪ずつある3500シリーズや8.1Lエンジン搭載したものもあった。2002年モデルフェイスリフトし、シルバラードはより攻撃的なフロントマスクになった。そして2代目導入された後も、「クラシックシリーズ」としてしばらく生産継続された。 2002年モデルからクワドラステアがオプション設定された。これはデルファイ開発した四輪操舵機構であり、トラック回転半径大幅に減らし牽引時の車線変更改善した。しかし、この高価なオプション販売低迷したため、GM2005年以降クワドラステアを全ラインアップから落としたちなみに後期仕様ヘッドライト形状からCat eyeキャットアイ、英語で猫の目という意味)と呼ばれることがある同時期販売されフォード・F-150 SVTライトニングダッジ・ラム SRT-10に対抗するために、SSTコンセプト発表した。6.6lエンジンベースチューニング施したものが搭載され最高出力は487psを発揮足回りトランスミッションコルベットのものが使われ車高調機能付きエアサス装着している。2003年にこれと同時期発表したSSコンセプト2003年モデルとして発売した出力は345hpに抑えられている)。

※この「初代(1999年-2007年モデル)」の解説は、「シボレー・シルバラード」の解説の一部です。
「初代(1999年-2007年モデル)」を含む「シボレー・シルバラード」の記事については、「シボレー・シルバラード」の概要を参照ください。


初代(1992-2007年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 07:23 UTC 版)

ルノー・トゥインゴ」の記事における「初代(1992-2007年)」の解説

1992年9月モンディアル・ド・ロトモビルパリモーターショー)にて発表され、翌1993年より欧州内で販売開始された。当時ルノー社内デザイナーで、後にデザイン担当役員務めるパトリック・ル・ケモン(Patrick le Quement)による斬新なデザインを持つ小型車として登場したが、そのデザインは、初代のホンダ・トゥデイを元にしているといわれており、ルノーもこれを否定していない。プラットフォーム既存車種流用しない専用設計で、4本のホイール車体の隅に追いやることで車体大きさ似合わない広い室内空間確保し後席スライドや座面ごとの跳ね上げ前席倒してフラット化など、多彩なシートアレンジ実現した。しかしスペース効率徹底した弊害として右ハンドル仕様が用意されなかった。 駆動方式前輪駆動のみ。短いノーズには当初はR8以来C3GOHVガソリンエンジン通称クレオンユニットの1238cc仕様が横置きで搭載されその後1997年に1148ccのD7F型OHCエンジン置き換えられた他、2001年には16バルブ高出力D4Fエンジン加わった変速機当初一般的な5段MT2ペダルMTの「easyイージー)」の2種類用意された。このイージー人為的な変速操作に対して自動クラッチ操作が行われるもので日本ではAT限定免許での運転も可能だが、ATモード無くMT同様に常に人間の手による操作と足によるアクセル踏み加減の調整を必要としており、運転感覚MTのそれに近い。またこのシステムトラブル多く後年リコール対象にもなっている。構造も3ペダルMT大差ないことからクラッチペダル後付けして完全なMTにしてしまう改造が行われた個体も多い。2001年からは「クイックシフト5」と呼ばれる新たなATモード付きシーケンシャル5MT登場、ATモード切り替えることでイージーの様手動操作から開放された他に本国ではトルクコンバータ式のATも用意されていたが日本へは正規輸入されていない生産期間1993年から2007年までと非常に長いが、マイナーチェンジは6回に渡り行われ登場時の仕様である1stコレクションから生産終了時の7thコレクションまでに分けられる1998年4thコレクションへの変更カラードバンパー採用ヘッドライト・テールライト意匠小変更、ダッシュボード形状変更助手席エアバッグ採用などが行われており、これ以前前期型これ以降後期型へと大別出来る。

※この「初代(1992-2007年)」の解説は、「ルノー・トゥインゴ」の解説の一部です。
「初代(1992-2007年)」を含む「ルノー・トゥインゴ」の記事については、「ルノー・トゥインゴ」の概要を参照ください。


初代(1964年-1984年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 13:11 UTC 版)

日野・レンジャー」の記事における「初代(1964年-1984年)」の解説

1964年昭和39年7月、KM300型として登場発売当初は3.5t積であったハイ・ロー共用点灯式の2灯ヘッドランプ採用1964年昭和39年12月ロングホイールベースのKM340系を追加1967年昭和42年11月マイナーチェンジ。コーナーランプを移設し、フロントグリルデザイン変更(コーナーランプ・ヘッドランプのベゼル一体化)。 1968年昭和43年)、キャブドアを後ろヒンジ前開きから、前ヒンジ後ろ開き変更1969年昭和44年11月、ビッグマイナーチェンジ。フロントグリル・コーナーランプのデザイン変更ヘッドランプが4灯化される1978年昭和53年11月マイナーチェンジエンジンを110psのDQ100型に変更しハイバックシートサイドミラー大型化など安全性高めた1980年昭和55年昭和54年排ガス規制適合する形でK-KM系に変更ネーミングレンジャーKMからレンジャー3M変更される。これは同年の3代目レンジャー登場際にレンジャーKLからレンジャー4D変更されたのに合わせたためである1982年昭和57年グリルシルバー縁取りRANGER 3Mエンブレム取り付けられ同時期3代目レンジャー似せたデザインになる。 3.5t積の初代レンジャー2代目KL型の登場後継続生産されデーキャブレンジャー後述)の登場まで20年にわたって生産された。

※この「初代(1964年-1984年)」の解説は、「日野・レンジャー」の解説の一部です。
「初代(1964年-1984年)」を含む「日野・レンジャー」の記事については、「日野・レンジャー」の概要を参照ください。


初代(1918年~1945年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 16:04 UTC 版)

福岡県立図書館」の記事における「初代(1918年1945年)」の解説

1915年大正4年10月福岡県議会では大正天皇御即位記念事業として福岡県立図書館設立することが議決された。1918年大正7年3月には天神現在の中央区天神5丁目)に福岡県立図書館落成し5月1日から無料閲覧開始した建物木造2階建、延492坪、書庫煉瓦造3階建、延120坪だった。開館時蔵書数和洋25,000冊だった。 太平洋戦争中1945年昭和20年6月19日起こった福岡大空襲では福岡県立図書館焼失した6月30日には福岡県中学修猷館に仮事務所置いて業務再開している。

※この「初代(1918年~1945年)」の解説は、「福岡県立図書館」の解説の一部です。
「初代(1918年~1945年)」を含む「福岡県立図書館」の記事については、「福岡県立図書館」の概要を参照ください。


初代(X3型、1994年-1999年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 22:32 UTC 版)

ヒュンダイ・アクセント」の記事における「初代(X3型、1994年-1999年)」の解説

1994年エクセルの後継車種として登場いくつかの地域ではエクセル(例:オーストラリア)またはポニーの名称で販売された。韓国国内ではボディタイプによって名称が違い4ドアセダンは「アクセント」、5ドアハッチバックは「ユーロアクセント」、3ドアハッチバックは「プロアクセント」と言う名称で販売されていた。エンジンは1.3リッターSOHC12バルブ1.5リッターDOHC16バルブ、1.6リッターDOHC16バルブのアルファエンジンであった中国では傘下起亜自動車現地合弁である東風悦達起亜汽車にて生産が行われ、「千里馬」(Qianlima)の名称でキア車として2003年から2006年まで販売が行われていた。

※この「初代(X3型、1994年-1999年)」の解説は、「ヒュンダイ・アクセント」の解説の一部です。
「初代(X3型、1994年-1999年)」を含む「ヒュンダイ・アクセント」の記事については、「ヒュンダイ・アクセント」の概要を参照ください。


初代(1996年-1999年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 16:14 UTC 版)

光岡・レイ」の記事における「初代(1996年-1999年)」の解説

1996年登場ボディ当時オートザムブランドで販売されていたマツダ・キャロル3代目ベース専用のフロントマスク、リアテールランプと木目調パネル与えられたまた、前後バンパーにオーバーライダーをそれぞれ装着し若干全長伸ばした登録車小型普通車仕様存在した

※この「初代(1996年-1999年)」の解説は、「光岡・レイ」の解説の一部です。
「初代(1996年-1999年)」を含む「光岡・レイ」の記事については、「光岡・レイ」の概要を参照ください。


初代(官製煙草)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 15:21 UTC 版)

チェリー (たばこ)」の記事における「初代(官製煙草)」の解説

1904年6月29日いわゆる官製煙草」として大蔵省専売局最初に発売した銘柄のひとつバージニア使用した甘み細巻き特徴両切たばこで、10本入りの通常パッケージの他、10本入り(太巻き)や50本入りの丸缶(細巻き太巻き)も一時期存在した戦時中敵性語にあたるとして「櫻」改称されている。 発売翌年1905年に、斜め格子模様ピンク色下地桜の線画あしらわれたパッケージデザイン変更された。以降細部変更への改称はあったものの、基本的なデザイン変更されることはなかった。また、桜の線画2代目継承されている。 著名な愛煙者池波正太郎横光利一山本五十六などがおり、池波は「チェリーのうまさは、ピースどころじゃない」と語ったという。フィクションの人物としては、『風立ちぬ』の主人公である堀越二郎吸っているタバコという設定である。

※この「初代(官製煙草)」の解説は、「チェリー (たばこ)」の解説の一部です。
「初代(官製煙草)」を含む「チェリー (たばこ)」の記事については、「チェリー (たばこ)」の概要を参照ください。


初代(ローカル番組時代 - 1976年9月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 03:17 UTC 版)

パンチDEデート」の記事における「初代(ローカル番組時代 - 1976年9月)」の解説

丸い半透明ボード中に埋め込まれていた。

※この「初代(ローカル番組時代 - 1976年9月)」の解説は、「パンチDEデート」の解説の一部です。
「初代(ローカル番組時代 - 1976年9月)」を含む「パンチDEデート」の記事については、「パンチDEデート」の概要を参照ください。


初代(1960年~1966年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 04:35 UTC 版)

シボレー・C/K」の記事における「初代(1960年1966年)」の解説

丸みを帯びたボディ特徴直列6気筒V型6気筒V型8気筒3種エンジン搭載された。

※この「初代(1960年~1966年)」の解説は、「シボレー・C/K」の解説の一部です。
「初代(1960年~1966年)」を含む「シボレー・C/K」の記事については、「シボレー・C/K」の概要を参照ください。


初代(1964年-1966年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 08:49 UTC 版)

プリムス・バラクーダ」の記事における「初代(1964年-1966年)」の解説

最初のバラクーダは、ダッジ・ダートなどクライスラー製造する多くの車種でも利用されたA-ボディ呼ばれるシャーシに基づいて開発された。 1964年モデルヴァリアント特別車として発売されヴァリアントバッジ付いていた。バラクーダは、よりスポーツ性の高いスタイリング示しフォード・マスタングより2週間早く市場出されたこともあって、最初のポニー・カー(1964年フォード・マスタングに代表される手ごろな価格コンパクトかつスポーツ走行可能なスタイリッシュな車)であるとされているプリムス役員当初バラクーダを「パンダ」と名づける考えであったが、デザイナー達の反対にあって「バラクーダとなった第1世代バラクーダは、当時としては最大のリア・ウィンドウ・ガラスで構成される大型のファストバック特徴としていた。 1965年モデルには273立方インチ(4.5L)のコマンドー・エンジンと235馬力発生するV8エンジンラインナップされ、同時にサスペンションタイヤなどにも改良加えられた。 1966年モデルは、フロントライトテールライトデザイン一新され先年モデルからは明らかに違ったデザイン施されたヴァリアントよりは上質のイメージ打ち出し途中からはヴァリアントエンブレム廃されて、バラクーダ独自のエンブレム付けられた。この年モデルは、より掘りの深い輪郭フェンダーと、その上部のターン・シグナルエラ型とされた。また大型バンパーチーズおろしのようなパターンのアグレッシブなスタイリンググリルへと変更された。

※この「初代(1964年-1966年)」の解説は、「プリムス・バラクーダ」の解説の一部です。
「初代(1964年-1966年)」を含む「プリムス・バラクーダ」の記事については、「プリムス・バラクーダ」の概要を参照ください。


初代(1922年 - 1927年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 06:33 UTC 版)

グリコ (菓子)」の記事における「初代(1922年 - 1927年)」の解説

江崎グリコ創業者江崎利一が「健康」をイメージしたマーク考案していたのだが、なかなかいい案が出なかった。そんななか江崎散歩中に神社広場遊んでいた子供がゴールインポーズをしているのを見て「これだ!」とひらめき、ゴールインマークを作成。これがゴールインマークの誕生である。ランナーランニングシャツには「グリコの文字のほか上部分に英文表記の「GLYCO」が加えられている。ただ、初代は体格痩せ型であったせいか、表情もどこか険しいものであったそのため、このゴールインマークを見た女学生から「顔が怖い」との意見があり、2代目変更することになる。

※この「初代(1922年 - 1927年)」の解説は、「グリコ (菓子)」の解説の一部です。
「初代(1922年 - 1927年)」を含む「グリコ (菓子)」の記事については、「グリコ (菓子)」の概要を参照ください。


初代(1993 - 2004年、NB-7型)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 05:45 UTC 版)

キア・スポーテージ」の記事における「初代(1993 - 2004年、NB-7型)」の解説

2015年9月15日韓国にて発表ネーミング先代の「スポーテージR」から他国同様のスポーテージ」に戻した3代目TL型ツーソンプラットフォームならびにパワートレイン共用しディーゼルエンジンは「ユーロ6」基準満たした2.0Lに換装され、K5先行搭載されスマートフォン無線充電システム採用するほか、スマートテールゲートシステムなどの便利機構採用高張力鋼採用比率先代18%から51%に引き上げたことで、ねじれ剛性を向上させながら軽量化成功している。

※この「初代(1993 - 2004年、NB-7型)」の解説は、「キア・スポーテージ」の解説の一部です。
「初代(1993 - 2004年、NB-7型)」を含む「キア・スポーテージ」の記事については、「キア・スポーテージ」の概要を参照ください。


初代(「テレビしまね」時代のみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 08:02 UTC 版)

山陰中央テレビジョン放送」の記事における「初代(「テレビしまね時代のみ)」の解説

大文字この頃ロゴアナログ時代松江本局途中でロゴ3代目変わっているが、当時オープニング映像でも流された)や大田中継局(「テレビしまね」だけはアナログ終了まで残された)でも見られた。

※この「初代(「テレビしまね」時代のみ)」の解説は、「山陰中央テレビジョン放送」の解説の一部です。
「初代(「テレビしまね」時代のみ)」を含む「山陰中央テレビジョン放送」の記事については、「山陰中央テレビジョン放送」の概要を参照ください。


初代(J1型、1990年-1995年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 15:29 UTC 版)

ヒュンダイ・エラントラ」の記事における「初代(J1型、1990年-1995年)」の解説

1990年ステラ後継車種として登場。ただしこの車名に関してヨーロッパでは英ロータスから、オーストラリアでは三菱自動車現地法人から、それぞれクレームがついたため、これらの地域では2代目まではラントラ(Lantra)の名称が使用された。 発売当時はそれほど人気モデルではなかったが、経済性性能次第評判得て最後国内海外合わせて100万以上の販売実績を誇るベストセラーとなったまた、このエラントラ並み大きさ性能を持つ車を韓国では「準中型車 (준중형차) 」または「中小型車 (중소형차) 」と呼び始めたが、後にこれは韓国Cセグメント車を称する名になった韓国国内でのキャッチコピーは「"휴먼터치세단(ヒューマンタッチ・セダン)"」「"고성능 엘란트라(高性能エラントラ)"」「"고성능 신화(高性能神話)"」。

※この「初代(J1型、1990年-1995年)」の解説は、「ヒュンダイ・エラントラ」の解説の一部です。
「初代(J1型、1990年-1995年)」を含む「ヒュンダイ・エラントラ」の記事については、「ヒュンダイ・エラントラ」の概要を参照ください。


初代(1996年~)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 05:36 UTC 版)

こどもちゃれんじ」の記事における「初代(1996年~)」の解説

当時製造技術低かったため、しま模様茶色歴代しまじろうパペットのなかで一番薄い。服装は、緑色の服青色オーバーオールで靴は薄い青色となっている。また手を入れ部分青色である。

※この「初代(1996年~)」の解説は、「こどもちゃれんじ」の解説の一部です。
「初代(1996年~)」を含む「こどもちゃれんじ」の記事については、「こどもちゃれんじ」の概要を参照ください。


初代(LFD型、2016年- )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 12:14 UTC 版)

ルノーコリア・SM6」の記事における「初代(LFD型、2016年- )」の解説

2016年1月13日韓国にて「SM6」の名で発表されると同時に同年3月発売予定であることもアナウンスされた。尚、タリスマン用意されるエステートSM6においては未設定である。 2016年3月販売開始。同じ中型車であるSM5SM6登場後グレード縮小して併売される。 2016年8月1日、1.5Lディーゼルエンジン車を追加2017年1月、「2017-2018 韓国カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞ルノーサムスン車が同賞獲得するのは2000年の「SM5以来である。 2018年3月6日タクシー仕様追加世界初となるルームミラー内蔵型4.3インチタッチスクリーン付のタクシーメーター装備2018年10月、LPLi仕様ガソリンエンジン仕様アレンジし直したPrimeシリーズ追加2019年7月、「プリミエール追加2019年12月SM5販売終了したため、ルノーサムスン唯一生産されるレシプロエンジン搭載セダンとなった2020年7月15日、「THE NEW SM6」として約4年4カ月ぶりにマイナーチェンジエクステリア前後意匠手直しして新鮮さ主張するとともにアルミホイールデザイン一新。ハイランドシルバー、サンドグレー、ヴィンテージレッドなどの新色追加ヘッドライト下部デイライトとリヤコンビネーションレンズにはシーケンシャル式ターンレンズを新たに採用した安全装備については、アダプティブクルーズコントロールACC)とレーンキープアシストLCA)により更なるアシスト走行を可能とし、アクティブエマージェンシーブレーキシステム(AEBS)と車線逸脱防止装置LKA)を追加したまた、ガソリンエンジンパワーユニットがH5F型1.3L直噴ターボ(TCe260)とM5P型1.8L直噴ターボ(TCe300)に刷新され、改良モデルから引き継ぐ2.0L・LPeと併せて計3種となった。尚、今回改良を機にPEグレード廃止されたため、全て電動パーキングブレーキ(E-PKB)装着車となっている。

※この「初代(LFD型、2016年- )」の解説は、「ルノーコリア・SM6」の解説の一部です。
「初代(LFD型、2016年- )」を含む「ルノーコリア・SM6」の記事については、「ルノーコリア・SM6」の概要を参照ください。


初代 (2004 - 2008年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 09:08 UTC 版)

クライスラー・パシフィカ」の記事における「初代 (2004 - 2008年)」の解説

初代パシフィカは、中型クロスオーバー車として販売された。1998年ダイムラー・クライスラー発足した時に初め共同設計された車であった。クライスラー30か月10億ドル未満コスト開発行った2002年ニューヨーク国際オートショー初公開された。クライスラーパシフィカを「スポーツ・ツアラー」として販売しウィンザー工場2003年1月から2007年11月までロングホイールベースミニバンとともに生産した。「パシフィカ」の名はクライスラー・レーザーが廃止され後の1987年から1988年までダッジ・デイトナのトリムパッケージ名として使われている。

※この「初代 (2004 - 2008年)」の解説は、「クライスラー・パシフィカ」の解説の一部です。
「初代 (2004 - 2008年)」を含む「クライスラー・パシフィカ」の記事については、「クライスラー・パシフィカ」の概要を参照ください。


初代(1936年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 05:10 UTC 版)

群馬県の歌」の記事における「初代(1936年)」の解説

ウィキソース群馬県の歌 (1936年)の原文あります。 初代の「群馬県の歌」は、1936年昭和11年4月11日に「敬神知事」として知られる君島清吉知事の提唱制定された。その背景には、1934年昭和9年)に開催され陸軍大演習際に桐生市発生した昭和天皇誤導事件群馬県警察部失態県内外非難浴び金沢正雄知事辞任追い込まれる一因となったことが関係している。君島就任早々から事件失墜した県の汚名をそそぐべく「東日本御経営聖業奉賛会」の組織提唱し、その一環として4月一之宮貫前神社開催する奉賛大祭に合わせて県民歌制定企画された。 歌詞一般公募実施した入選作無かったため作詞・作曲とも群馬県音楽協会現在の群馬音楽協会とは別組織が行っているが、文語体難解な歌詞のため普及至らなかった戦後国粋主義色が強いことを理由演奏されなくなり後述2代目群馬県の歌制定に伴い廃止された。詞・曲とも団体名義のため1986年昭和61年12月31日著作権の保護期間満了しパブリックドメインとなっている。

※この「初代(1936年)」の解説は、「群馬県の歌」の解説の一部です。
「初代(1936年)」を含む「群馬県の歌」の記事については、「群馬県の歌」の概要を参照ください。


初代 (1989.10.2 - 1991.9)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 00:59 UTC 版)

筑紫哲也 NEWS23」の記事における「初代 (1989.10.2 - 1991.9)」の解説

ドーナツ型のキャスターテーブル。

※この「初代 (1989.10.2 - 1991.9)」の解説は、「筑紫哲也 NEWS23」の解説の一部です。
「初代 (1989.10.2 - 1991.9)」を含む「筑紫哲也 NEWS23」の記事については、「筑紫哲也 NEWS23」の概要を参照ください。


初代(1889年~)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/09 17:48 UTC 版)

台北大橋」の記事における「初代(1889年~)」の解説

現在の台北大橋前身清朝統治時代遡り1888年光緒14年)に正式着工された。 1889年光緒15年8月、初代台湾巡撫劉銘伝により建設至り三重埔(中国語版)(現・三重区)と台北大稲埕埠頭連結された。全長は1,498メートルだった。 日本の民俗学者伊能嘉矩記述では元の設計鉄橋だったが経費不足により木造橋へと改められた。橋上には鉄道軌道台北 - 新竹を結ぶ全台鉄路商務総局鉄道現在の縦貫線前身)が敷設され両側には馬車通れる歩道があった。北岸鉄製旋開橋となっていて船舶通航時は開閉されていた。ただ木造であったため、河川の氾濫弱かったばかりか直接晒される橋脚土台部分劣化速く頻回補修必要だった1895年明治28年)、清朝から日本割譲されると淡水橋呼ばれるようになった。また清朝軍の退却時に破壊された修繕して鉄道の運行再開した1897年明治30年8月台風襲来淡水橋不通になったことで、台湾総督府鉄道経路新店渓渡河萬華板橋樹林経由再度大漢渓渡河する現在のルート変更することを決定した1899年明治32年)、旧ルート鉄道撤去され新ルート鉄道開通により、三重地区鉄道の歴史幕を閉じたその後21世紀台北捷運開業する当時淡水橋大龍峒(中国語版)と大稲埕一帯重要な交易拠点として機能しこれらの周辺の発展には欠かせないインフラだった。 木造の初代台北橋1889年)。船舶通航時は写真右側光線部分橋桁開閉されていた

※この「初代(1889年~)」の解説は、「台北大橋」の解説の一部です。
「初代(1889年~)」を含む「台北大橋」の記事については、「台北大橋」の概要を参照ください。


初代(帯番組および日曜朝時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 23:07 UTC 版)

忍者ハットリくん」の記事における「初代(帯番組および日曜朝時代)」の解説

6種類パターンがある。「シンゾウ巻物開いてサブタイトル表示されるもの」、「獅子丸煙玉投げてサブタイトル表示されるもの」、「ハットリくん畳返しをしてサブタイトル表示されるもの」、「影千代隠れ蓑解いてサブタイトル表示されるもの」、「シンゾウ暗闇ライト照らしてサブタイトル表示されるもの」、「シンゾウが壁を反転させるハットリくん登場してサブタイトル表示されるもの」。

※この「初代(帯番組および日曜朝時代)」の解説は、「忍者ハットリくん」の解説の一部です。
「初代(帯番組および日曜朝時代)」を含む「忍者ハットリくん」の記事については、「忍者ハットリくん」の概要を参照ください。


初代(2002年 – 2010年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:30 UTC 版)

フォルクスワーゲン・トゥアレグ」の記事における「初代(2002年2010年)」の解説

2002年発表発売開始ディーゼルエンジンの2.5L/直列5気筒TDI、3.0L/V型6気筒TDI、5.0L/V型10気筒TDIガソリンエンジンの3.2L/V型6気筒、4.2L/V型8気筒、のラインナップがあり、日本にはガソリンエンジン仕様(3.2L/V型6気筒、4.2L/V型8気筒)のみが導入されている。2005年には世界限定500台(うち、日本への割り当て100台)で、6.0L/W型12気筒(W12/WR12)搭載の「W12 SPORT」が発売された。なお、このW12スポーツ日本販売されるフォルクスワーゲン車として初めて1,000万円を超えた。 2006年フォルクスワーゲン傘下アウディから姉妹車であるSUVアウディ・Q7発売された。 2007年にはマイナーチェンジが行われ、ガソリンエンジンは3.2L/V型6気筒が3.6L/V型6気筒FSI直噴)に、4.2L/V型8気筒が4.2L/V型8気筒FSI変更されたほか、ワッペングリルの採用に加え2,300点の部品更新された。エンジンは、V型6気筒FSI出力向上した日本国内輸入販売されるモデルにはサイドアンダーミラー付着されアウディ・Q7みられるような保安基準に準拠するカメラモニター装備されなかった。MY08ではカメラ及びバックミラー内蔵式モニター標準装備となった2009年環境対応技術であるブルーモーションテクノロジーの下にプロトタイプの「トゥアレグV6TSIハイブリッド」を発表アウディS4などに搭載されている3L、V6スーパーチャージャーガソリン直噴エンジンと38kwの電気モーターアイシンAW(現:アイシン)製8速ATで駆動するバッテリー三洋電機ニッケル・水素充電池使用ちなみにセンターデフ電子制御湿式多板クラッチから機械式トルセン変更されている。 後期型フロント後期型リア

※この「初代(2002年 – 2010年)」の解説は、「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」の解説の一部です。
「初代(2002年 – 2010年)」を含む「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」の記事については、「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」の概要を参照ください。


初代(1964-1967年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 17:12 UTC 版)

ポンティアック・GTO」の記事における「初代(1964-1967年)」の解説

前年度から再びル・マンのオプションパッケージとしての地位戻ったGTOは、1973年GM-Aボディ全面改定に伴い事実上の3代目モデルへ移行したボディ基礎デザインル・マン共用されたコロネード・ハードトップと称するものになった。これはハードトップとは称しているが、実際にはルーフ強度上の為にサイドウインドウの後ろに頑丈なピラー用意され、リアクォーターウインドウもはめ殺し窓となっており、純粋な意味でのハードトップ機能性失われた1973年式ボディラインナップベース車両ル・マンに従い、クォーターウインドウを持つクーペと、クォーターウインドウ部分同時期グランダムでも用いられていたルーバーで覆うデザインとしたスポーツクーペ二種類用意されたまた、1973年改正された連邦法は、車体への損害なしで毎時8km/h(毎時5マイル/h)の速度での衝撃耐えることができる、新しフロントバンパー装着新型車両要求した。これは俗に5マイルバンパー呼ばれるもので、1974年からは全車義務付けなるものであったこれによって1973年式にはボディから大きく突出した重量の重いクロームバンパーを前後装着する事となり、往年のエンデューラバンパーと独特の空力デザイン失われた。そして1973年式GTOを含む、1973年から1977年までのGM-Aボディによるポンティアック中級車(ル・マン、ラグジュアリー・ル・マン、グランダム)の全体的なスタイルは、一般購買層には不評であった。 但し、コロネード・ハードトップデザインのポンティアック中級車がこの時軒並み不調であった一方で同時期GM-Aボディから派生したポンティアック・グランプリやシボレー・モンテカルロ(en:Chevrolet Monte Carlo)は、スクエアオフスタイリングと呼ばれる全体的に角張ったボディデザインドア後方鋭角的跳ね上げられるルーフラインやより斜めに寝かされピラーなどのデザインが、購買層から高い支持を受けてもいた。また、このデザインポンティアック姉妹ブランドであるオールズモビルでも利用されこの時期のオールズモビル・カトラスも市場からは高い支持を受けていた。 1973年式GTO内装オプションラインナップは、基本的に前年度同じくベース車のル・マンクーペやル・マンスポーツクーペと共用されるものであった標準のル・マンクーペは布・ビニール併用張り若しくはオールビニール製のベンチシート特徴で、より豪華なル・マンスポーツクーペはオールビニール製の内装トリムに、ストラト・バケットシートか折り畳みアームレスト付きのノッチバック・ベンチシートが選択できた。 パワートレイン標準400立方インチエンジンであったが、圧縮比前年よりもさらに低圧縮の8.0:1となり、出力230馬力/4400rpm、44.93kg-m 3200rpmとなった400エンジン変速機標準3速MTオプション4速MTとターボハイドラマチック3速ATの3種類が選択できた。基本フロアシフトで、前年までの伝統的なオプションであった4速クロスレシオMT搭載されなかったが、3速AT車には久々にコラムシフト選択肢復活した。オプションエンジンは455立方インチエンジンであったが、400エンジン同じく圧縮比8.0:1となり、出力250馬力/4000rpm、51.15kg-m/2800rpmであった455エンジンはターボハイドラマチック3速ATしか選択できず、前年までの455 HOエンジン搭載されなかった。 なお、1973年式モデルイヤー発表段階では、当時トランザム搭載されていたネット310馬力スーパーデューティ455エンジン(SD 455)の搭載アナウンスされており、実際に開発時のテスト車両にSD 455エンジン搭載されたものも用いられていたが、結局市販車両に採用されることはなかった。GTOと同様グランダムでもSD 455エンジンテスト車両が8台制作されたが、これもGTOテスト車と同様全て廃棄された1973年式売り上げ台数は4,806台。全ての年式の中で最も少な台数である。これは当時新型グランダムとの同ブランド内での競争や、それに伴いかつて程GTO十分なプロモーションが行われなかった事も影響していた。そしてこの年度の後半発生したオイルショックによって、マッスルカー消費者完全に見放される事になる

※この「初代(1964-1967年)」の解説は、「ポンティアック・GTO」の解説の一部です。
「初代(1964-1967年)」を含む「ポンティアック・GTO」の記事については、「ポンティアック・GTO」の概要を参照ください。


初代(1967年-1969年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 03:11 UTC 版)

シボレー・カマロ」の記事における「初代(1967年-1969年)」の解説

初代カマロ1967年発売された。GM Fボディ プラットフォーム用いられ駆動全てFRフロントエンジン・リアドライブ)。エンジン直列6気筒もしくはV型8気筒で、排気量は3.8Lから7.0Lであったシート全て2+2ボディは2ドアハードトップとコンバーチブル設定されたグレードベーシックグレード名がつかないもの(単にカマロ/カマロコンバーチブル)。ハイパフォーマンスV8エンジン積んだSSスーパー・スポーツ)。トランザムレース出場のためのレース用5,000ccエンジン載せたZ28の3種類。また、オプションラリーのための補助灯やライトカバーを備えたRS(ラリー・スポーツ)パッケージ選択できた。1967年販売されモデルのみ三角窓装備し1969年にはサイドのプレスラインやフェンダーアーチなどのボディパネル変更、そしてレース目的とした425PSハイパワーエンジンZL-1がこの年限りオプションとして登場する。このエンジン搭載したモデル69製作されたことが記録されているが、サーキットではフォード・マスタングと覇を争い1969年SCCA(Sports Car Club of America)トランスアメリカン・チャンピオンシップの2.5L以上クラス優勝した。初代カマロ1969年生産終了になった。わずか3年間のみの販売であった日本でも10台ほど販売されている。 Z28

※この「初代(1967年-1969年)」の解説は、「シボレー・カマロ」の解説の一部です。
「初代(1967年-1969年)」を含む「シボレー・カマロ」の記事については、「シボレー・カマロ」の概要を参照ください。


初代(2017年 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 05:37 UTC 版)

フォルクスワーゲン・アルテオン」の記事における「初代(2017年 - )」の解説

CC後継車種に当たり、かつフィデオンが存在する中国市場除いた販売地域フラッグシップモデルとなる車種である。サッシュレスドアを持つ、いわゆるピラードハードトップ車に類する

※この「初代(2017年 - )」の解説は、「フォルクスワーゲン・アルテオン」の解説の一部です。
「初代(2017年 - )」を含む「フォルクスワーゲン・アルテオン」の記事については、「フォルクスワーゲン・アルテオン」の概要を参照ください。


初代(JK1型、2020年 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 05:54 UTC 版)

ジェネシス・GV70」の記事における「初代(JK1型、2020年 - )」の解説

2020年10月29日全世界に向けて内外装デザイン一部概要発表された2020年12月8日韓国にて発表スタイリング韓国アメリカドイツにあるジェネシスデザインスタジオ共同で手掛けたジェネシス最新デザイン言語Athletic Elegance」に則り、クレストグリルやクアッドランプといったシグネチャーデザインが導入されている。 ベースとなったG70同様にRWDベースプラットフォーム採用しAWD用意されるパワーユニット直列4気筒・2.2L ディーゼルならびに直4・2.5LとV63.5L2種ターボチャージャー付きガソリン構成される

※この「初代(JK1型、2020年 - )」の解説は、「ジェネシス・GV70」の解説の一部です。
「初代(JK1型、2020年 - )」を含む「ジェネシス・GV70」の記事については、「ジェネシス・GV70」の概要を参照ください。


初代(2009年-2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/29 07:30 UTC 版)

ホンダ・スピリア」の記事における「初代(2009年-2014年)」の解説

詳細は「ホンダ・アコード#8代目_CU1/2型(2008-2013年)」を参照 2009年4月20日東風ホンダ上海モーターショーにCU1/2型アコードベースとするコンセプトカーSR-9」を出展し年内新型車発売予告したSR-9市販モデル7月27日スピリアとして発表されたスピリア8月19日から生産開始され9月5日発売開始された。 当初は直列4気筒2.4L(K24Y5型)のみのラインナップであったが、2012年11月22日から開催され第10回広州国際モーターショーでフェイスリフトモデルが発表され、2.0Lエンジン(R20A4型)搭載車追加された。

※この「初代(2009年-2014年)」の解説は、「ホンダ・スピリア」の解説の一部です。
「初代(2009年-2014年)」を含む「ホンダ・スピリア」の記事については、「ホンダ・スピリア」の概要を参照ください。


初代(1988年4月 - 1990年3月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 15:46 UTC 版)

NNNニュースプラス1」の記事における「初代(1988年4月 - 1990年3月)」の解説

前番組NNNライブオンネットワーク』から継承、『プラス1開始時1990年頃手直しして使用。ワーキング・スタジオの形式取り入れたセットでキャスター後ろ壁面に縦2段横並びテレビモニター複数埋め込まれているキャスター席は左右にサブキャスター着席し中央徳光立って伝えていた。(土曜・『日曜夕刊』と『きょうの出来事』では、中央にテーブル取り付け左右一体化させていた。)左奥に同時通訳担当者が入る小部屋があった。

※この「初代(1988年4月 - 1990年3月)」の解説は、「NNNニュースプラス1」の解説の一部です。
「初代(1988年4月 - 1990年3月)」を含む「NNNニュースプラス1」の記事については、「NNNニュースプラス1」の概要を参照ください。


初代(1988年4月 - 1996年9月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 15:46 UTC 版)

NNNニュースプラス1」の記事における「初代(1988年4月 - 1996年9月)」の解説

カラーリングは「NNN(赤) ニュース(青)(改行プラス1金色)」。又統によるデザイン。「NNNニュース」が冠してある。 ロゴ全体傾き気味であることと、「プラス1」の「1」の下線が「プ」の部分まで長く伸びているのが特徴。 1996.04から09までの半年間は週末版には「サタデー」・「サンデーの文字追加され週末版カラーリングは「NNN(赤) ニュース(白)(改行プラス1金色)(改行サタデー/サンデー紺色)」。

※この「初代(1988年4月 - 1996年9月)」の解説は、「NNNニュースプラス1」の解説の一部です。
「初代(1988年4月 - 1996年9月)」を含む「NNNニュースプラス1」の記事については、「NNNニュースプラス1」の概要を参照ください。


初代(前期PGC10型・後期KPGC10型)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 15:40 UTC 版)

日産・スカイラインGT-R」の記事における「初代(前期PGC10型・後期KPGC10型)」の解説

1969年5月 デビュー戦である1969年JAFグランプリレース大会のクラブマンレース特殊ツーリングカーの部は、大会規定により日産の全ワークス選手参加資格失ったため、やむなくニッサン・スポーツ・カー・クラブ (SCCN) やプリンスモータリストクラブ・スポーツ (PMC-S) のアマチュア選手5名でワークスチーム編成した。これに対しライバルとなるトヨタ高橋晴邦ワークス選手ではある参加資格があった。予選では藤田皓二が2分13421位、以下ロバートL.レイガン長村瑞臣順でGT-R勢が上位占めトヨタ・1600GT高橋藤田に約1.5秒遅れの4位、5位に高橋と同タイム萩原裕、1600GTを2台挟んで8位に篠原孝道という結果であった決勝で、1速を低速カーブ設定している日産勢は、1速がスタート専用ギアトヨタ勢にスタート一斉に遅れたその後順調に順位上げた篠原先頭の高橋追いつき一騎打ちとなるが、高橋巧みなブロックにより順位変わらないままフィニッシュとなった。しかし高橋速度で勝る篠原直線でもブロックしており、これにコース監察競技役員走路妨害疑い報告し競技委員会もこれを確認したため、高橋罰則1周減算され、総合成績1位篠原2位萩原3位高橋 (クラス1位) となった1969年10月 「'69日本グランプリレース大会ツーリングカーレースにてGT-R1 - 3位を独占1970年5月 「'70JAFグランプリレース大会」特殊ツーリングカーレースにてGT-R1位2位4位獲得する1970年6月 、「全日本富士300マイル100マイルBレースにて、長谷見昌弘ドライブするGT-R優勝長谷見はスペアカー決勝臨み最後尾スタートであった1971年5月 「'71日本グランプリレース大会ツーリングカーbレースにてGT-R1 - 3位、5位を獲得する1972年3月 「'72富士GCシリーズNo1 富士300キロスピードレース」スーパーツーリングレースにて、GT-R豪雨の中高橋国光全車周回遅れにして1位通算50勝を達成する1972年9月 「'72GCシリーズ 富士インター200マイルレース大会スーパーツーリングTS-bcレースにて北野元駆ったGT-R1位久保田洋史3位正谷栄邦が6位を獲得し通算52勝目を飾る。そして最終的に通算57勝の成績残したC10型強さを語る上の代名詞として「49連勝」というフレーズ昨今において雑誌広告DVDなどメディアにおいて広く使用され認知されている。ただし、この連勝数については諸説があり、例えプリンスの丘公園におけるC10型功績称える碑には50連勝と書かれていることに対してモータースポーツ専門誌の『Racing On444号では、うち18クラス優勝、また1971年7月25日行われた富士1000kmレースにおいて総合6位(クラス2位)となっているため、連勝記録46止まっていると指摘している。なお、日産モータースポーツ部門であるNISMOHPにおいて「49勝し更に50勝目挙げた」という表記取っている。

※この「初代(前期PGC10型・後期KPGC10型)」の解説は、「日産・スカイラインGT-R」の解説の一部です。
「初代(前期PGC10型・後期KPGC10型)」を含む「日産・スカイラインGT-R」の記事については、「日産・スカイラインGT-R」の概要を参照ください。


初代 (2011-2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 06:13 UTC 版)

クライスラー・200」の記事における「初代 (2011-2014年)」の解説

2009年デトロイトモーターショーにて公表されたセブリング再設計し、パワートレイン変更LEDライトなどを装備した。 ダッジブランドで販売するアベンジャーは、主要コンポーネント共有する兄弟車である。 また、イタリアをはじめとした欧州圏でランチアブランドの「フラヴィア」としても