掛軸とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 掛軸の意味・解説 

かけ‐じく〔‐ヂク〕【掛(け)軸】

書画軸物表装し、床の間・壁などに掛けて飾りとするもの。掛け物

掛け軸の画像

掛軸

読み方:カケジクkakejiku

絹紙に書いた書画軸装したもの

別名 掛物(かけもの)


掛軸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/15 18:19 UTC 版)

掛軸(かけじく)とは、や東洋画を裂(きれ)や表装したもの。日本では床の間などに掛けて鑑賞し、「床掛け」と言われることもある。後述のように、掛け軸と同様な方法で保管・鑑賞される書画は中国美術に古来存在する[1]


  1. ^ 中国の書画の掛け軸には、何故印が押されているのでしょうか?やさしく解説!みんなの中国美術入門(監修:本郷美術骨董館)2018年1月14日閲覧
  2. ^ 掛け軸の肉筆・印刷の見分け方(掛け軸総本家)株式会社ベスト徽章(2018年1月14日閲覧)
  3. ^ 藤田好三:子供に掛け軸 風習たどる◇初正月の縁起物 北関東の「佐野掛地」を40年収集◇『日本経済新聞』朝刊2018年1月12日(文化面)


「掛軸」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「掛軸」の関連用語

掛軸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



掛軸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの掛軸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS