水墨画とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > > 水墨画の意味・解説 

すい ぼくが -ぐわ [0] 【水墨画】

一色を用い、その濃淡調子によって描く絵。中国山水画中心に唐代成立鎌倉中期日本禅宗とともに入り、禅の精神を表すものとして盛んに描かれた。水墨

水墨画

読み方:スイボクガ(suibokuga)

もっぱら墨だけを用い、その濃淡潤い調子によって表現した絵画


水墨画

読み】:スイボクガ
【英】:INDIAN INK PAINTING

墨によって描かれた絵画墨絵墨画ともいう。彩色画の対概念で、また、墨線のみの白描画白画に対して、墨の暈(ぼかし)による濃淡や筆の抑揚表現のあるものをいう中国始まり朝鮮日本に伝った。中国では、戦国時代帛画にもその徴候見られるが、盛唐期(7世紀末〜8世紀前半)に輪郭線・色彩による伝統的画法から解放されて生れたものである。「水墨」の語は中唐期(8世紀後半)の詩人劉商の詩にみられる10世紀には水墨技法著しく発展し、南宋では技術的完成がめざされた。また、水墨画と禅思想との関係は緊密で、南宋から元初には一画期を現出した。日本では、奈良時代その先駆的なものがみられるが、鎌倉後期1314世紀)に宋元画影響によって始りを迎えといえる室町時代には如拙周文らを軸に詩画軸流行し、その後室町後期雪舟桃山時代狩野派による金碧障壁画江戸前期の狩野探幽後期円山応挙また、池大雅与謝蕪村らの南画など様々に発展し、現代では抽象的造形試みられている。

水墨画

作者泉澤悦子

収載図書掌の鈴
出版社書房
刊行年月2008.8


水墨画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/01 02:40 UTC 版)

水墨画(すいぼくが)とは、唐代に成立したとされるで表現される墨絵(すみえ)の一様式。墨線だけでなく、墨を面的に使用し、ぼかしで濃淡・明暗を表す絵画である。


  1. ^ a b c d e f 美術鑑賞講座5「墨絵の世界」 中津市木村記念美術館、2018年11月19日閲覧。
  2. ^ 山田玉雲『水墨画の基礎描法 新装第2版』日貿出版社、2009年、4頁
  3. ^ 山田玉雲『水墨画の基礎描法 新装第2版』日貿出版社、2009年、6頁
  4. ^ 山田玉雲『水墨画の基礎描法 新装第2版』日貿出版社、2009年、8頁
  5. ^ 長らく個人所蔵であったが、長野県諏訪市のサンリツ服部美術館に所蔵先が移っている。(参照):「指定文化財・遺跡のご案内」(諏訪市公式サイト、市内の文化財一覧へのリンクあり)


「水墨画」の続きの解説一覧



水墨画と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「水墨画」の関連用語

水墨画のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



水墨画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2020
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水墨画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS