試合中とは? わかりやすく解説

試合中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/11 07:15 UTC 版)

ビジターゲーム (日本プロ野球)」の記事における「試合中」の解説

常に先攻応援団からの応援以外は何も無い(ビジターファンが来ている場合応援がある。)。球場側からは、攻撃中ビジターチーム三振喫したり、ホーム選手ファインプレー飛び出す以外何も演出されない。点をとっても静かにスコアボードに点が灯る唯一選手大台記録達成した場合ビジョン表示花束手渡される。7回では、セ・リーグ一部球団パ・リーグ全球団で球団歌流れる。その間ビジョンにはビジター側のファン球団旗を写すか、何もしない最終回からホームチーム側にサヨナラゲーム概念が登場不利な状況になる。言い換えれば裏の攻撃があるので理屈幾ら点を取っていても油断できない状況ではある

※この「試合中」の解説は、「ビジターゲーム (日本プロ野球)」の解説の一部です。
「試合中」を含む「ビジターゲーム (日本プロ野球)」の記事については、「ビジターゲーム (日本プロ野球)」の概要を参照ください。


試合中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 17:12 UTC 版)

リングアナウンサー」の記事における「試合中」の解説

ここからリングの下で行う。ラウンド開始はもちろん試合停止反則行為があった際にその旨を伝える。 特にプロレスではリングアナウンサータイムキーパー兼任している事が多く、試合中は本部席で時計時間確認し5分単位経過時間アナウンスする日本の団体では出場選手外国人選手含まれている場合日本語時間経過アナウンスし後に英語やスペイン語などでも経過時間アナウンスされている。総合格闘技でもかつてのPRIDE初期DREAMの第1Rのように時間長いラウンドにおいては経過時間アナウンスするボクシングでは第1ラウンド終了後インターバル中に選手のプロフィール紹介も行う。 公開採点制度導入している場合当該ラウンド終了時にそれも伝える(アメリカの場当該ラウンド次のラウンド開始早々に伝える)。 場外乱闘起こった際に観客に対して注意呼びかける。 なお、ダウンカウントのコールタイムキーパーマイク渡して行うもので、リングアナウンサーの仕事ではない。

※この「試合中」の解説は、「リングアナウンサー」の解説の一部です。
「試合中」を含む「リングアナウンサー」の記事については、「リングアナウンサー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「試合中」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「試合中」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「試合中」の関連用語

試合中のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



試合中のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのビジターゲーム (日本プロ野球) (改訂履歴)、リングアナウンサー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS