理屈とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 理屈 > 理屈の意味・解説 

り‐くつ【理屈/理窟】

物事筋道道理。「—に合わない」「—どおりに物事が運ぶ」

無理につじつま合わせ論理こじつけ理論へりくつ。「—をこねる」


り‐くつ【理屈・理窟】

〔名〕

もっともな論理。すじの通ったわけ。ことわり道理

都氏文集(879頃)五「未禽之怒理窟究」

延慶平家(1309‐10一本「我山に流布し給て諸宗明徳して開講論義を読れけるに理崛猶極めず思はれけれは」

② (形動理論ばかりにかたよること。また、そのようなさま。こじつけ理論無理につじつま合わせ条理

天理本狂言・雁かりがね室町末‐近世初)「ならばがんとは申さいで、りくつな事を申たゆへじゃ」

俳諧去来抄(1702‐04先師評「先師重ねて曰、角・来が弁皆理屈なり。我はただ花よりの朧にて、おもしろかりしのみと也」〔晉書‐張憑伝〕

利益都合事情などにかなうこと。

歌舞伎五大力恋緘(1793)二幕「『土瓶がわるうならうかと存じて、用意致して置きました』ト日向につりあり『こいつは理窟ぢゃ、どれどれ』」

④ (━する) 色事事情や、段取りなど。諸分また、色事をすること。

黄表紙御存商売物(1782)上「青本は妹かくしと一枚絵がりくつを知り、どふぞすへは一つにしてやらんと」

(5) やりくり方策。心づもり。魂胆

洒落本奴通(1780か)「そしてソレ伊勢屋の方の理くつも、あの子は内へかくすのを、おめへがはたれへて遣ったじゃアねへか」

(6) こごと。文句

洒落本通言総籬(1787)二「そんなにさわいだら又、やりてがみせ三味線の一といふ声でりくつをいふが」


り‐けつ【理屈】

〔名〕 「りくつ(理屈)」の変化した語。

浄瑠璃行平磯馴松(1738)三「此理(り)けつを噛分けて、味はふて見て下さりませ」


理屈

作者北原亞以子

収載図書やさしい男慶次郎縁側日記
出版社新潮社
刊行年月2003.10

収載図書やさしい男慶次郎縁側日記
出版社新潮社
刊行年月2007.10
シリーズ名新潮文庫


理論

(理屈 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 14:41 UTC 版)

理論(りろん、: theory、セオリー,  : théorie, : Theorie)とは、「個々の現象を法則的、統一的に説明できるように筋道を立てて組み立てられた知識の体系」[1]自然科学応用科学含む)、人文科学社会科学などの科学または学問において用いられている。


  1. ^ 日本国語大辞典, デジタル大辞泉,大辞林 第三版,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “理論とは” (日本語). コトバンク. 2020年10月7日閲覧。


「理論」の続きの解説一覧

理屈

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 23:48 UTC 版)

別表記

本来は「理窟」であるが、「理屈」も昔から使用されていた。「同音の漢字による書きかえ」には、「理窟」の書きかえとして「理屈」が記載されている。

名詞

 (りくつ 「理窟」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. の通った論理道理
  2. 無理こじつけ論理論理だけに偏り現実に合わない口実説明屁理屈
    • 理屈をこねる
    • 理屈付け

発音(?)

リ↗

関連語




理屈と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「理屈」に関係したコラム

  • 株式相場のアノマリー

    株式相場のアノマリーとは、日本の経済や景気、企業の業績などとは関係なく起きる、理屈の上では説明のつかない株価の変動のことです。次は株式相場のアノマリーの一例です。▼1月の株高正月休みを終えて再び機関投...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「理屈」の関連用語

理屈のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



理屈のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの理論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの理屈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS