政治学とは? わかりやすく解説

せいじ‐がく〔セイヂ‐〕【政治学】


政治学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/15 18:24 UTC 版)

政治学(せいじがく、: politics, political science, political studies,また特に科学性を強調する場合はscience of politicsという)は、政治を対象とする学問分野。なお政治学の研究者を政治学者と呼ぶ。日本では主に法学部で研究、教育が行われているが、法学部とは別に学部を立てて政治経済学部で教えている大学もある。


注釈

  1. ^ 甲斐信好によれば、権力とは「あなたがしたくないことをさせることができるか、または、したいことをやめさせることのできる力」(強制力)のことである。甲斐(2008)pp.8-9
  2. ^ 行政学が政治学から分離した背景には、政治が必然的に内包する価値対立に対して行政組織は中立的であるべきだという考えがあった。政治学がイデオロギーなどの価値体系も研究対象としているのに対して、行政学はそれとは関係がなく独立した不変な行政サービスを対象とする学問分野であるという考え方である。したがって行政学は経営的な管理面での研究を中心に発展してきた。しかし最近では各国の行政を横断する比較行政学が発達し、それに伴って政治と行政の関連性も再び重視されるようになっている。
  3. ^ カリスマの語は、ギリシア語の「神の賜物」に由来する。甲斐(2008)p.11
  4. ^ ただし、一方でホッブズ自身はこのような個人からなる共同体の帰結として、絶対主義を擁護したのは有名な事実である。
  5. ^ 1876年にはジョンズ・ホプキンス大学に歴史学と政治学研究のための大学院が設置されているが、政治学を単独で教授する機関としてはコロンビア大が初めてである。

出典




政治学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 14:10 UTC 版)

法政大学の人物一覧」の記事における「政治学」の解説

藤田省三 - (名誉教授戦後代表するリベラル派知識人思想史家松下圭一 - (名誉教授政治思想史地方自治研究知られる1970年代革新自治体大きな影響与えた袖井林二郎 - (名誉教授国際政治学者占領期研究の第一人者田村明 - (名誉教授、元横浜市役所企画調整局長、飛鳥田一雄市長時代横浜市政で横浜市都市設計グランドデザインを行う「まちづくり」という言葉世に広めた飯田泰三- (法学部名誉教授政治思想史島根県立大学副学長内田健三 - (元教授、元共同通信社政治部長、論説委員長、臨時教育審議会委員選挙制度審議会委員石川真澄 - (元講師元朝日新編集委員元新国際情報大学教授現代政治論太田勝洪 - (元教授中国史国際政治学五十嵐敬喜 - (元教授都市政策及び立法学、弁護士下斗米伸夫 - (名誉教授ロシア政治アジア・太平洋特別賞受賞廣瀬克哉 - (法学部政治学科教授防衛政策行政学からスタートし現在は情報政策杉田敦 - (法学部政治学科教授政治理論デモクラシー論) 渡辺浩 - (法学部教授日本政治思想史丸山眞男門下菱田雅晴 - (法学部国際政治学科教授現代中国社会論萩谷順 - (法学部国際政治学科教授ドイツ現代政治マス・コミュニケーション論) 河野康子 - (法学部政治学科教授日本政治史日本政治外交史長谷川祐弘 - (法学部国際政治学科教授、元国連事務総長特別代表東ティモール特別代表) 中野勝郎 - (法学部教授アメリカ政治史成沢光 - (政治学者名誉教授関口すみ子 - (法学部政治学科教授アジア政治思想史ジェンダー論2005年御一新ジェンダー』でサントリー学芸賞受賞白鳥浩 - (政治学者社会学部教授山口二郎 - (法学部政治学科教授行政学現代日本政治論弓削昭子 - (法学部国際政治学科教授、元国連開発計画駐日代表総裁特別顧問) 明田川融 - (法学部政治学科教授日本政治史日米地位協定研究)

※この「政治学」の解説は、「法政大学の人物一覧」の解説の一部です。
「政治学」を含む「法政大学の人物一覧」の記事については、「法政大学の人物一覧」の概要を参照ください。


政治学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 03:33 UTC 版)

アリストテレス」の記事における「政治学」の解説

アリストテレスは『政治学』を著したが、政治学を倫理学延長線上に考えた。「人間政治的生物である」とかれは定義する自足して、共同の必要のないものは神であり、共同できないものは野獣である。両者とは異なって人間あくまでも社会的存在である。国家あり方王制貴族制、ポリティア、その逸脱としての僭主制寡頭制民主制区分される王制は、父と息子貴族制夫と妻、ポリティアは兄と弟の関係にその原型をもつと言われるニコマコス倫理学)。 アリストテレス自身はひと目で見渡せる小規模ポリス理想としたが、アレクサンドロス大王登場と退場舞台となったこの時代情勢世界国家形成向かっており、古代ギリシア伝統的都市国家体制過去のものとなりつつあった。

※この「政治学」の解説は、「アリストテレス」の解説の一部です。
「政治学」を含む「アリストテレス」の記事については、「アリストテレス」の概要を参照ください。


政治学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 15:53 UTC 版)

統計的因果推論」の記事における「政治学」の解説

柏谷(2018)によれば2005年から、2015年において、因果推論用いた論文670増加しており、「因果推論革命」「クレディビリティ革命」と呼ばれる状況となっている。

※この「政治学」の解説は、「統計的因果推論」の解説の一部です。
「政治学」を含む「統計的因果推論」の記事については、「統計的因果推論」の概要を参照ください。


政治学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 14:20 UTC 版)

ジェトン・ケルメンディ」の記事における「政治学」の解説

(その独立後の2010年、アメリカコソボにおけるEU使命)。EU mission in Kosova after its independence 2010 USA. (知識2011年コソボプリシュティナ悪い時), Bad times for the knowledge 2011, Pristina Kosovo. (北大西洋条約機構NATO)とEU任務協力または競争2012ティラナアルバニア)。NATO-EU missions, cooperative or competitive 2012, Tirana Albania.

※この「政治学」の解説は、「ジェトン・ケルメンディ」の解説の一部です。
「政治学」を含む「ジェトン・ケルメンディ」の記事については、「ジェトン・ケルメンディ」の概要を参照ください。


政治学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 19:10 UTC 版)

権威主義」の記事における「政治学」の解説

体制概念としての権威主義歴史は、1964年ホアン・リンスの提唱から始まった独裁概念中にアドルフ・ヒトラーヨシフ・スターリンなどの全体主義比較して第二次世界大戦終結後安定的に続いたスペインファシスト政権など、より穏健なタイプ権威主義名付け全体主義とは以下が異なるとした。 経済的社会的多元主義、さらに限定された政治的多元主義存在し反対勢力存在し得る 体系的精緻なイデオロギーはないが、或る種の保守的心理的傾向支配する リーダー権力明確に定義されていないけれども、予測可能一定の範囲内で行使される 政治的動員弱く政治的無関心広く見られる 政治学上の用法では、権威主義体制民主主義体制全体主義体制中間とする立場や、権威主義体制非民主的な体制総称として独裁専制全体主義などを含むとする立場などがある。 権威者同意しないことは大多数人々から反逆であると看做される。支配者にとって権威主義権力正統性がなくとも統治を可能とするため、近代以前支配者は常に権威主義確立努めたしたがって近以前政治体制全て権威主義的支配体制であったといえる自由や平等といった概念が広まった近代以降支配者全国民相手統治する必要に迫られ権力正統性根拠なしの統治は困難となったため、権威主義的支配体制維持難しくなった。しかし国民主権基礎しながら権威主義現れる場合もあり、その代表格ナチズムファシズムであるとされる権威主義被支配者思考様式であるから民主制機構採用している国においても現れることがある選挙があった戦前の日本の政治体制権威主義体制分類する論者もいる。 現代ではメディア学者政治家などにより中華人民共和国の政治体制権威主義体制論じられることがあるまた、ロシア連邦イランなどの政治体制権威主義体制として論じられることもある。 権威強調する体制は、権威を軸にしたヒエラルキー形成してエリート主義持ち実質的な権力階級として固定化する場合もあるが、単一権威による支配体制の場合、その権威以外の既存の他権威権力関係場合より身分、貧富人種・民族など)を超越または無効ともするため、大衆従来被支配層などの広い支持を得る場合もある。

※この「政治学」の解説は、「権威主義」の解説の一部です。
「政治学」を含む「権威主義」の記事については、「権威主義」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「政治学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

政治学

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 22:29 UTC 版)

名詞

せいじがく

  1. 政治研究分野とする学問政治科学とも呼ばれる

翻訳


「政治学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

政治学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



政治学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの政治学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの法政大学の人物一覧 (改訂履歴)、アリストテレス (改訂履歴)、統計的因果推論 (改訂履歴)、ジェトン・ケルメンディ (改訂履歴)、権威主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの政治学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS