松下圭一とは?

松下圭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/02 01:02 UTC 版)

松下 圭一(まつした けいいち、1929年8月19日 - 2015年5月6日)は、日本政治学者法政大学名誉教授。元日本政治学会理事長。専門は、政治学、政治思想史、地方自治論。


  1. ^ a b “政治学者の松下圭一さんが死去 市民自治を提唱”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2015年5月11日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/culture/article/168181 2015年6月4日閲覧。 
  2. ^ “政治学者の松下圭一氏死去 市民自治を提唱”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年5月11日). http://www.sankei.com/politics/news/150511/plt1505110031-n1.html 2015年6月4日閲覧。 
  3. ^ “訃報:松下圭一さん 85歳=政治学者”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年5月12日). http://mainichi.jp/shimen/news/20150512ddm041060168000c.html 2015年6月4日閲覧。 
  4. ^ “政治学者の松下圭一氏が死去 市民自治を提唱”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年5月11日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG11HC5_R10C15A5CC1000/ 2015年6月4日閲覧。 
  5. ^ 菅元首相の「原点」政治学者の松下圭一さん死去 読売新聞 2015年5月11日閲覧
  6. ^ 例えば『大分裂の時代』(山崎正和, 中央公論新社, 1998年)、『歴史の真実と政治の正義』(山崎正和, 中央公論新社, 2000年)、『東大講義録 文明を解く』(堺屋太一,講談社,2003年)、『世は自尊好縁 満足化社会の方程式を解く』(堺屋太一,日本経済新聞社,1994年,のち新潮文庫)などを参照。
  7. ^ 主に『分権社会の政治経済学』(重森暁, 青木書店, 1992年)を参照。
  8. ^ 主に 『政策型思考と政治』(松下圭一, 東京大学出版会, 1991年)を参照。
  9. ^ 『国会内閣制の基礎理論』(松下圭一,岩波書店,2009年10月8日) まえがき より。
  10. ^ a b c “松下圭一さん死去 市民自治による政治の確立目指す”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年5月11日). http://www.asahi.com/articles/ASH5C5QRBH5CUCLV00V.html 2015年6月4日閲覧。 


「松下圭一」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「松下圭一」の関連用語

松下圭一のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



松下圭一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松下圭一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS