教養とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 教養 > 教養の意味・解説 

きょう‐よう〔ケウヤウ〕【教養】

[名](スル)

教え育てること。

「君の子として之(これ)を—して呉れ給え」〈木下尚江良人の自白

学問幅広い知識精神修養などを通して得られる創造的活力や心の豊かさ物事対す理解力また、その手としての学問芸術宗教などの精神活動

社会生活を営む上で必要な文化に関する広い知識。「高い教養のある人」「教養が深い」「教養を積む」「一般教養


きょう‐よう ケウヤウ 【教養】

〔名〕

① (━する) 教え育てること。教育

西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉七「男子二十一人、女子五人あり、故にその子を教養する事備らず」〔後漢書‐鄧禹伝〕

学問知識などによって養われた品位教育勉学などによって蓄えられた能力知識文化に関する広い知識

三太郎の日記(1914‐18)〈阿部次郎〉三「我等我等の教養を釈迦に〈略〉カント求むる」

自由学校(1950)〈獅子文六触手辺見は、教養ある男らしかった」

③ =きょうよう孝養)②

伊勢光明寺古文書文治五年(1189)二月一八日・大中臣某処分状案「但令給物家女以後進退。又居屋東庇、教養者に可充給状如件」

[語誌](1)中世文献や古辞書類に見られる「教養」は、現代のそれとは別語で、死者後世を弔うという意の「孝養(けうやう)」の別表記である。「和漢通用集」には「孝養 けうやう おやにかうかうの義」「教養 けうやう 先祖仏事」とあり、中世後期には「孝養」と「教養」とに意味分担があったと思われる
(2)①の意の使用は、古く書紀神代上」に「其中一児最悪、不教養」(丹鶴本訓 をしへ)と見えるが、日本語として定着せず、明治初期に、近世中国語影響で、英語 education・educate の訳語として中国から伝わったものであろう
(3)現代の②の意味での使用大正時代以降か。


教養

読み方:キョウヨウ(kyouyou)

親に孝行すること、または、亡き親をねんごろ弔うこと。


きょうよう 【教養】

教養が単なる学問異なるのは、学問によって精神的開発された世界だからであって、そのために英語のculture耕作養育の意であり、ドイツ語Bildung形成教化意がある文化もまたcul tureだが、キケロが「魂の耕作哲学である」といった如く、心の開発という点では、宗教と教養とは極めて密接であるといい得る。キリスト教新しい教養としての面があったといわれるが、仏教また、釈迦は「心を耕すことだ」といっている(『雑阿含経』)。だが文化人宗教否定的な人もいる。

教養

作者小川有里

収載図書究極のじじ、ばば童話 悟りおじいさんぎらぎらおばあさん
出版社日新報道
刊行年月2000.11


教養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/02 16:42 UTC 版)

教養(きょうよう)とは、個人の人格や学習に結びついた知識や行いのこと。これに関連した学問芸術、および精神修養などの教育文化的諸活動を含める場合もある。


注釈

  1. ^ 新制高校への進学がかなわなかった勤労青少年も彼らに向けて発行された人生雑誌を通して現状に満足せず知を深めようとした[5]
  2. ^ ちなみに60年安保闘争の記録が別巻になっている。
  3. ^ 1963年から1969年の間に日本の高等教育(大学・短大)はマス段階へと切り替わった[7]
  4. ^ 1930年に50%を占めていた農漁村人口は1965年に25%になり、同1965年のホワイトカラーおよび第三次産業のサービス業人口の合計は40%と逆転が起こった[9]
  5. ^ 1950年代、農業人口は約3割で、農家世帯率は5割超であった[10]
  6. ^ ムラvs都市、演歌vsポピュラー、日本vs西洋といった枠組みが1964年に終焉した[11]
  7. ^ ただし、それには教師に本番での緊張を、学生に一定の事前準備を要求することになる[14]

出典

  1. ^ 竹内 2003, pp. 13-14.
  2. ^ 竹内 2003, p. 8.
  3. ^ 竹内 2003, pp. 18-25.
  4. ^ 竹内 2003, pp. 18,222.
  5. ^ 福間 2017, pp. 317-320.
  6. ^ 竹内 2003, pp. 18-26.
  7. ^ 竹内 2003, pp. 206-214.
  8. ^ 竹内 2003, pp. 215-218.
  9. ^ 竹内 2003, pp. 218-220.
  10. ^ 赤松 2004, p. 320.
  11. ^ 竹内 2003, p. 219.
  12. ^ 竹内 2003, pp. 239-246.
  13. ^ 小林 2010, pp. 36-38,14-38.
  14. ^ 小林 2010, pp. 18-19.


「教養」の続きの解説一覧

教養

出典:『Wiktionary』 (2019/12/07 08:53 UTC 版)

名詞

(きょうよう)

  1. 教え育てること。教育
  2. 文化的な幅広い知識
  3. 知識などを身につけることで得られる豊かさ

翻訳

関連語




教養と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「教養」の関連用語

教養のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



教養のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの教養 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの教養 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS