究極とは? わかりやすく解説

きゅう‐きょく〔キウ‐|キユウ‐〕【究極/窮極】

読み方:きゅうきょく

[名](スル)物事つきつめきわめること。また、その最後到達点究竟。「—の目的

「この機器益々修改(しゅうかい)し、工巧を—しければ」〈中村訳・西国立志編


究極

作者兵衛

収載図書神の黄昏ショートショート集
出版社新風舎
刊行年月1994.5


究極

作者マーキュリー

収載図書カプセル妖精奇想幻想短編集
出版社碧天舎
刊行年月2005.11


究極 (アルバム)

(究極 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 19:01 UTC 版)

究極』(Going for the One)は、イギリスプログレッシブ・ロックバンドイエスが1977年に発表したアルバム。新作のスタジオ・アルバムとしては通算8作目で、ライブ・アルバム『イエスソングス』と編集アルバム『イエスタデイズ』を含めると通算10作目にあたる。


出典

  1. ^ ChartArchive - Yes
  2. ^ Going for the One - Yes : Awards : AllMusic
  3. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.73
  4. ^ Morse (1996), p. 49.
  5. ^ Morse (1996), p. 56-57.
  6. ^ a b Morse (1996), p. 60.
  7. ^ Morse (1995), p. 61.

注釈

  1. ^ 発売と同じ5月に、イギリスのアルバム・チャートで首位に立った。これはイエスがあげたことがない成績だった。
  2. ^ この間、アトランティック・レコードは、メンバーが再結集して次作を制作発表するまでの空白期間を埋める為に、初期の音源を中心に編集したアルバム『イエスタデイズ』を1975年3月に発表した。
  3. ^ モラーツが脱退したのは、リハーサルが始まる前とも始まった後とも言われている。彼は、本作の収録曲の作曲の多くに自分も関与したと主張している。
  4. ^ 彼らは電話線を一日借りて教会とスタジオとを繋ぎ、ウェイクマンがスタジオで再生される他のパートを電話を介してヘッドフォンで聴きながらオルガンを弾き、スタジオにいるスタッフが彼の演奏を電話を介して録音した。ウェイクマン曰く「スイスの電話は最高の音質。彼らはみんなこうやって録音している。だから、我々もこの方法を選んだ。」
  5. ^ 1971年のアルバム『こわれもの』以来、前作までジャケット・デザインを担当してきた。


「究極 (アルバム)」の続きの解説一覧

「究極」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

究極のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



究極のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの究極 (アルバム) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS