世界平和とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 世界平和の意味・解説 

世界平和


平和

(世界平和 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/13 05:10 UTC 版)

平和(へいわ、: peace)は、戦争暴力で社会が乱れていない状態のこと。


  1. ^ A brief history of peace” (英語). Vision of Humanity (2022年1月27日). 2022年1月31日閲覧。
  2. ^ a b 吉川p.38
  3. ^ a b 人権外交”. 外務省. 2015年3月27日閲覧。
  4. ^ a b 吉川p.55・56
  5. ^ 吉川p.39
  6. ^ 吉川p.46・47
  7. ^ a b 吉川p.56
  8. ^ a b 人間の安全保障分野をめぐる国際潮流”. 外務省. 2015年3月27日閲覧。
  9. ^ 国連大学のイベントで人権擁護のための武力行使に注目”. 国連大学. 2015年3月21日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h 吉川p.42
  11. ^ a b 吉川p.43
  12. ^ 「国際法 第5版」p287-288 松井芳郎・佐分晴夫・坂元茂樹・小畑郁・松田竹男・田中則夫・岡田泉・薬師寺公夫著 有斐閣 2007年3月20日第5版第1刷発行
  13. ^ 「国際平和論」p12 福富満久 岩波書店 2014年9月26日第1刷発行
  14. ^ 「国際平和論」p13-15 福富満久 岩波書店 2014年9月26日第1刷発行
  15. ^ 「グローバリゼーションと開発の主要課題」p22 大坪滋(「グローバリゼーションと開発」所収)大坪滋編 勁草書房 2009年2月25日第1刷第1版発行
  16. ^ 「国際政治の基礎知識 増補版」p325-326 加藤秀治郎・渡邊啓貴編 芦書房 2002年5月1日増補版第1刷
  17. ^ 「新版 国際関係」p104-106 家正治編 世界思想社 2000年1月30日第1刷発行
  18. ^ http://www.peacedome.org/PeaceDomeStory/history/1DomeHistory.html
  19. ^ 「平和主義とは何か」p6-p7 松元雅和 中公新書 2013年3月25日発行


「平和」の続きの解説一覧

世界平和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 02:12 UTC 版)

アンドリュー・カーネギー」の記事における「世界平和」の解説

イギリス自由主義政治家ジョン・ブライト英雄捉えていたカーネギーは、若いころから世界平和の追求心がけていた。彼のモットー "All is well since all grows better" は事業に関してだけでなく、国際関係についての観点にも当てはまっている。 世界平和への彼の愛好努力にも関わらずカーネギー多くのジレンマ国際関係への彼の見方様々な義理間の衝突直面した例え1880年代から1890年代にかけてカーネギー事業アメリカ海軍近代化のため大量の装甲板を受注することで拡大したその間カーネギーアメリカ海外侵出反対している。彼はまた英米関係友好促進唱えながら、イギリス階級社会批判する本を出版して議論呼んでいる。 アメリカ外国併合しようとする件では、カーネギーは常に反対の立場だった。ハワイグアムプエルトリコ併合には反対しなかったが、フィリピン併合には反対の立場貫いたフィリピン人独立求めて戦ったので、カーネギーはその島を征服することは民主主義根本原則反すると信じ米軍撤退させフィリピン独立させることをウィリアム・マッキンリー進言した。この行動反帝国主義的な他のアメリカ人感銘を与えアメリカ反帝国主義連盟副会長に彼が選ばれることになった1901年事業売却すると、カーネギーは平和のために専念できるようになった資産多く平和維持機関発展のため寄贈した友人イギリスジャーナリストだったウィリアム・トーマス・ステッドが国社会の平和と調停のための新機創設要請したとき、カーネギー次のように答えている。 私は別の組織を作るのが賢明とは思わない。もちろん私が間違っている可能性もあるが、億万長者の金で作られた組織哀れみ対象として始まり嘲笑の対象として終わるだろうこと確実だ。あなたがそれに気づかないとは驚きだ。億万長者の金ほど、その組織権威公平性を奪うものはない。だからその組織汚されてしまう。 カーネギー国際関係での平和維持人々努力意志によると信じていた。お金は単に行動促進するだけである。世界平和が財政援助にのみ依存するなら、それは目標ではなくなり、哀れみ行為のようなものになるだろう。 1910年創設したカーネギー国際平和基金は、戦争根絶という最終目標に至る道程重要な一里塚みなされ司法的手段提供することで戦争根絶しようとするのだった彼はその基金現行国際法下での国家権利責任についての情報収集促進し、その成文化促進するものとした。 カーネギー国際平和基金歴代管財人挙げておくと、フェルプスドッジ社長ウィリアムWilliam E. Dodge)、JPモルガンのトーマス・ラモント(ヤング案干渉)、マサチューセッツ工科大学ヴァネヴァー・ブッシュ、ジャパンロビーのジョン・フォスター・ダレスヒューレット・パッカードウィリアム・ヒューレットなどがいる。 1914年第一次世界大戦直前カーネギーChurch Peace Union (CPU) という宗教界学界政界リーダーたちのグループ結成した彼はCPUを通して世界中宗教団体道徳的団体結集し戦争根絶向けたリーダーシップ形成することを目論んでいた。結成イベントとして1914年8月1日CPU南ドイツにあるコンスタンス湖畔で国際会議開催しようとした。しかし参加者会場向かおうとしたころ、ドイツによるベルギー侵攻始まった始まり不吉だったが、CPU発展した今日では倫理重点置いており、カーネギー国際関係倫理協会英語版) と呼ばれる独立した非営利組織となっている。その目的国際関係における倫理的表明をすることである。 第一次世界大戦勃発は世界平和について楽観的だったカーネギー衝撃与えた彼の反帝国主義と平和促進努力全て失敗しカーネギー基金彼の期待応えられなかったが、彼の国際関係についての信念考え方後の国際連盟結成基盤を築くのに役立っている

※この「世界平和」の解説は、「アンドリュー・カーネギー」の解説の一部です。
「世界平和」を含む「アンドリュー・カーネギー」の記事については、「アンドリュー・カーネギー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「世界平和」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「世界平和」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

世界平和のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界平和のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの平和 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアンドリュー・カーネギー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS