財政とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 財政 > 財政 > 財政の意味・解説 

ざい‐せい【財政】


財政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/28 14:08 UTC 版)

財政(ざいせい、: public finance)とは、国家地方公共団体がその任務(「資源配分機能」と「所得再分配機能」と「経済の安定化機能」の三つをしっかりと持続的に果たす事)を遂行するために営む経済行動で、総体収入の取得のための権力作用と、取得した役務の管理・経営のための管理作用とがある。これらの現象を学ぶ学問が財政学である。


  1. ^ a b c 補章 財政の仕組みと役割”. 2020年9月27日閲覧。
  2. ^ 第7章 財政支出の政策評価について”. 2020年9月28日閲覧。
  3. ^ a b 財政の役割と機能”. 2020年9月28日閲覧。
  4. ^ 消費税の逆進性とその緩和策”. 2020年9月28日閲覧。
  5. ^ 長谷川将規「経済と安全保障の交差点」『国際問題』第634号、日本国際問題研究所、2014年9月、 5-13頁、2020年9月28日閲覧。
  6. ^ 国の財政 財政のしくみと役割”. 国税庁. 2023年1月5日閲覧。
  7. ^ 景気対策を目的とした政府貨幣増発の帰結”. 三菱UFJ銀行. 2023年1月5日閲覧。
  8. ^ 税は財源ではない 順番が逆である”. Youtube. 2023年1月5日閲覧。
  9. ^ 「税金は財源じゃない」の3種類の説明の仕方について”. 財源研究室. 2023年1月5日閲覧。
  10. ^ 『税』は財源ではない!!消費税や走行距離税、税制調査会で本格議論がスタート!インフレを抑制し、社会をあるべき方向に導く!(西田昌司ビデオレター 令和4年11月18日)”. Youtube. 2023年1月5日閲覧。
  11. ^ 中野剛志さんに「MMTっておかしくないですか?」と聞いてみた”. DIAMOND Inc.. p. 2. 2020年11月28日閲覧。
  12. ^ 日本は「財政の優等生」なのか? 国家財政を家計簿と混同させる財務官僚とメディア”. 株式会社産経デジタル. 2022年11月19日閲覧。
  13. ^ 財政赤字を家計の赤字にたとえるべからず 塚崎公義 (経済評論家)”. 株式会社ウェッジ. 2022年11月19日閲覧。
  14. ^ 「日本は借金まみれ」という人の根本的な誤解 「政府の借金」と「家計の借金」は同じではない”. 東洋経済新報社. 2022年11月19日閲覧。
  15. ^ 財政をめぐる7つのウソ (その1)”. 全日本建設技術協会. 2022年11月19日閲覧。
  16. ^ 日本を救うため、PB制約を撤廃し、「政策の自由度」を高めよ”. 株式会社新日本コンサルタント. 2022年11月19日閲覧。
  17. ^ 【三橋貴明】プライマリーバランス黒字化目標を破棄せよ”. 株式会社経営科学出版. 2022年11月19日閲覧。
  18. ^ プライマリーバランス黒字化目標の間違いが高校数学で判明”. J-STRATEGY.COM. 2022年11月19日閲覧。
  19. ^ 消費税における逆進性対策1 ~所得再分配機能の観点から~ 同志社大学経済学部 伊多波良雄研究室”. WEST論文研究発表会. 2022年11月20日閲覧。
  20. ^ 消費税の逆進性とその緩和策 橋本 恭之* (関西大学経済学部教授)”. 会計検査院. 2022年11月20日閲覧。
  21. ^ 連載コラム「税の交差点」第60回:平成の税制を振り返る(その2)所得再分配機能はなぜ低下したのか”. 東京財団政策研究所. 2022年11月20日閲覧。
  22. ^ 岩田規久男 『経済学的思考のすすめ』 筑摩書房、2011年、80頁。
  23. ^ “WAR ENDS SERVICE ON DOLLAR ISSUES; Italian, Japanese, Estonian and Czechoslovak Bonds Are in Default OTHERS PAY NO INTEREST Reduced Payments by Eight European Obligors Also Are Halted”. The New York Times. (1942年6月1日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F30F14FC3D5A147B93C3A9178DD85F468485F9 2012年1月14日閲覧。 
  24. ^ 韓国の負債比率が過去最高に GDP比283%聯合ニュース 2013年3月27日
  25. ^ 高橋洋一 『日本の大問題が面白いほど解ける本 シンプル・ロジカルに考える』 光文社〈光文社新書〉、2010年、118頁。



財政(寄付について)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 10:15 UTC 版)

赤十字国際委員会」の記事における「財政(寄付について)」の解説

ICRCの財政は各国政府からの"任意"の拠出金を軸に成り立っている。各国拠出金国連分担金のように負担額定められているわけではなく拠出もあくまで自発的なものであり、各国善意委ねられている。 駐日事務所一般に対して募金活動資金集めしていない日本においてはICRC活動資金一部日本赤十字社集めた募金から拠出されている

※この「財政(寄付について)」の解説は、「赤十字国際委員会」の解説の一部です。
「財政(寄付について)」を含む「赤十字国際委員会」の記事については、「赤十字国際委員会」の概要を参照ください。


財政(江戸初期から重定まで)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 15:29 UTC 版)

米沢藩」の記事における「財政(江戸初期から重定まで)」の解説

貢租蒲生時代以来半石半永制をとる。これは貢租納入半分貨幣納入するもので幕末まで踏襲された。また貢租貨幣にあてる分は一定の米や漆、紅花青苧真綿といった特産物買い上げ代金を廻すという方法採られた。このため早くから藩の買上制が実施された。米沢藩120万石からの大減封を受け、しかも佐渡銀山などを失って大幅な収入減受けた関ヶ原の戦い際に備えて雇った傭兵浪人などは解雇したが、越後時代から付き従ってきた譜代家臣並びに武田家小笠原家蘆名家旧臣召し放ち極力行わず6000と言われる家臣団維持したそのため、江戸時代初期から厳し財政難苦しめられた。 また米沢城は、伊達氏時代からの三階櫓中心とした平城であったがほとんど拡張行わなかった。また城下町伊達家蒲生家時から手狭だったため、上杉家の家臣家族が入るに及んで大混乱起こったこのため上杉景勝直江兼続らは下級武士手狭な城下町外に住まわせて、半農半士の生活を送らせたが、このような下級武士のことを原方衆という。それでも初期の米沢藩は、2代藩主上杉定勝表高30万石に対して内高51万石と言われるまでに新田開発進めたが、寛文4年1664年)の15万石への半減で藩財政は再び大きな打撃受けたこれ以降実高30万石程度幕末18万石への加増時には35万石前後)であるが、依然として家臣団減らさなかったので、財政はますます厳しくなった。ちなみに明治初年史料をもって比較すると、加賀102万石前田家の場合は内高120万石で、士族7,077戸、男12,414名、卒族戸数9,474戸、男14,029であった一方米沢藩147千石(列藩同盟処分の削封後)の上杉家の場合は内高30万石で、士族3,425戸、男7,565名、卒族戸数3,308戸、男11,980人であったこの比較からも、米沢藩厳しい状況一目瞭然である。 このような深刻な財政難にも関わらず第3藩主綱勝は藩士に対して倹約命じつつ自らは大好きな能楽のめり込み明暦3年1657年)の火事では城下の東600戸を焼失したにも関わらず6000人の家臣動員して狩り行い、それに要した費用代官商人から借りること補い米沢藩借金生活がこの時から開始された。綱憲は実父吉良義央夫妻浪費による負債2780両を立て替えた上に藩主実父であるとして毎年6000両の援助金送り元禄11年1698年)の鍛冶橋における吉良屋敷類焼では呉服橋8000両の費用をかけて新邸を造築した上、米沢から大工50人を派遣した。さらに麻布藩邸などの新築参勤交代などでの奢侈行い、藩の貯金一般会計流用するまでに至る。 7代藩主上杉宗房の代では領内農村荒廃すさまじく年貢未進かさんでいたため、元文3年1738年)には当年完納条件に、それ以前7ヶ月未納分延納許可する有様であった上杉重定の代になると派手好き奢侈に走ったことに加え寛永寺普請手伝いによる5万7千両超の工事費宝暦5年1755年)の凶作損毛高75800石超被害重なって借財莫大な額上ったので、竹俣当綱美作)の進言に従って幕府15万石返上願い出ることを親族尾張藩主相談して明和元年1764年)に諭される返答をされる始末であった

※この「財政(江戸初期から重定まで)」の解説は、「米沢藩」の解説の一部です。
「財政(江戸初期から重定まで)」を含む「米沢藩」の記事については、「米沢藩」の概要を参照ください。


財政(鷹山の改革)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 15:29 UTC 版)

米沢藩」の記事における「財政(鷹山改革)」の解説

1767年明和4年)、17歳で重定の跡を継いだ養子治憲鷹山)は竹俣当綱莅戸善政らを登用して藩政改革乗り出した倹約令発布農村統制強化絹織物専売制実施等の財政再建と、や漆の植樹縮織技術導入黒井忠寄による灌漑事業などの殖産興業政策行って藩財政を立て直したまた、先述のとおり特産品青苧紅花等も藩財政を助けた儒学者細井平洲招いて藩校興譲館(現山形県立米沢興譲館高等学校)を設け藩士教育にもあたった一方で1773年安永2年7月には家老須田満主奉行色部照長千坂高敦らによる竹俣一派排除訴訟七家騒動)も起こる。 米沢藩では、藩主上杉家実質上の祖である上杉謙信藩祖として祀られ、その遺骸納めた甕は遠く越後春日山新潟県上越市)から米沢運ばれ米沢城本丸内に安置されていた。上杉謙信崇拝基づいた藩風は、越後以来家臣召し放ち少なかったこともあって独特の誇り高い気風生んだが、その一方体面重んじ頑固で保守的な面があって、そのこと鷹山藩政改革障害となったという見方もある。しかし、鷹山隠居後藩政改革に取り組む名君続いたため、治憲・治広の代には借財返済して5千両の囲い金(備蓄)を有するに至る。斉憲の代には、庄内藩の「三方領知替え」の際、本間光暉に移転費用や転封阻止費用万三千両提供しており、財政に余裕出てきている。 「本間光丘を参照

※この「財政(鷹山の改革)」の解説は、「米沢藩」の解説の一部です。
「財政(鷹山の改革)」を含む「米沢藩」の記事については、「米沢藩」の概要を参照ください。


財政(幕末から廃藩置県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 15:29 UTC 版)

米沢藩」の記事における「財政(幕末から廃藩置県)」の解説

最後の藩主茂憲は、戊辰戦後に3万両新政府献上して三条実美らによる改易論を封じ込めまた、奥羽越列藩同盟参加責任戦死した家老色部久長転嫁することによって藩存続の危機乗り切った廃藩置県際は旧藩士らに囲金や備金などから17万両余を分与した明治4年5月には、禄券法(家禄売買可能な禄券換えて私有財産化して処分出来るものとした方法)の伺い政府提出した米沢藩では、独自に発行した藩札使用していた。金札大半だったが、宝暦13年1763年)に上杉家京都屋敷買戻してから、銀札発行された明治7年1874年)、新政府による新通発足に伴い回収時の引替率は、金札1両が1円銀札50匁が1円であった土佐藩金札1両が33銭3厘、薩摩藩32銭2厘。また秋月藩の5匁は4銭2厘、徳島藩の1匁は8厘などと比べ破格の換金率であった)。 米沢藩PLまたはSIフロー/歳入の部)=米納高+金納額/年米沢藩BSストック/資本の部)=資産-負債30万石時代5万+1万両(綱勝相続時)15万石時代…3万石+3万両治憲相続時)147千時代列藩同盟処分の削封後)…6万石15万両 綱勝相続時…13万両治憲相続時…マイナス20万両余治広相続時…5千両斉定相続時…5万両斉憲相続時…10万両茂憲相続時…30万両 絹・綿(疋)は米(石、斗)、銀(貫、匁)・銭(文)は金(両、分)に換算江戸中期には、金1両=銀60匁。銀1貫=1000匁。銭1貫文1000文。ただし、米価時代により相場変動あり、上記金額概算) (参考文献:「御家建て直し」「上杉鷹山失敗に学ぶ」「日本史地図」「武田一族」「米沢藩」「羽前俗謡抄」ほか) 寛永検地1638年)の三公七民明治初年当てはめる実高30万石のうち9万石が年貢物成、1万5千石が家臣分(為替金に換える単純計算一人当たり15両、ただし士族卒族1万人には扶養されている家族手当支給自身の所得がない部屋住み含まれるため、実際にはその2倍の30程度平均所得と思われる)、残りが75千石(米納が6万石残り1万5千石を金納15万両)で政府申告現高にほぼ合致する

※この「財政(幕末から廃藩置県)」の解説は、「米沢藩」の解説の一部です。
「財政(幕末から廃藩置県)」を含む「米沢藩」の記事については、「米沢藩」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「財政」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

財政

出典:『Wiktionary』 (2021/07/01 11:17 UTC 版)

この単語漢字
ざい
第五学年
せい
第五学年
音読み 音読み

発音

名詞

(ざいせい)

  1. 国家地方公共団体がその維持活動のために営む経済行動
  2. 一つ経済主体経済状態

翻訳


「財政」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



財政と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「財政」に関係したコラム

  • 株365の相場を動かす経済指標は

    株365の銘柄を構成しているのは、日本、イギリス、ドイツ、中国の各国の主要株式です。そのため、各国の発表する経済指標には敏感に反応して値動きをします。例えば、その国にとってよい経済指標が発表されれば株...

  • 株365のDAX証拠金取引の見方

    DAX証拠金取引は、DAX指数に連動して値動きする銘柄です。そのため、DAX指数の値動きや構成銘柄の特徴を知ることでDAX証拠金取引の値動きを予測できます。DAX証拠金取引は、ドイツのフランクフルト証...

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「財政」の関連用語

財政のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



財政のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの財政 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの赤十字国際委員会 (改訂履歴)、米沢藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの財政 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS