資金集めとは? わかりやすく解説

資金集め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 14:40 UTC 版)

ニムロド遠征」の記事における「資金集め」の解説

1907年7月初旬シャクルトンはベアドモアの保証以上の資金集められておらず、船の再艤装完成させる金も無かった7月半ば慈善事業家でアングロ・アイリッシュのビール発酵一族の長アイビー伯爵エドワード・ギネスに掛け合い、2,000ポンドインフレ換算18ポンド)の保証得た。さらに6,000ポンド寄付してくれる別の後援者見つけ手立てになったシャクルトンはそれを確保し、フィリップ・ブロックルハースト卿からの2,000ポンドを含む追加資金得たブロックルハーストはこれを払って遠征隊での地位手に入れた最後シャクルトン従弟ウィリアム・ベルから4,000ポンド入ったが、それでも全体の3ポンドには届いていなかった。しかしニムロドを再艤装するだけの金はできた。船がオーストラリア到着したあとも資金集めは続いたオーストラリア政府から5,000ドル寄付寄せられニュージーランド政府も1,000ドル出した。これらに加えて少額の借金寄付により、3ポンド集められたが、遠征終わるまでに費用嵩んでおり、シャクルトン計算では総費用45,000ポンドになっていた。 シャクルトンはこの遠征について執筆する本、および講演から多額の収入得られる期待していた。また南極郵便局消印打った特別郵便切手売り上げからの利益期待していたシャクルトンニュージーランド政府から臨時郵便局長指名されており、南極郵便局作る考えだった。これら計画のどれも予想通りの利益生まなかった。郵便局はケープ・ロイズに設立され遠征郵便発送する場所として使われはした。

※この「資金集め」の解説は、「ニムロド遠征」の解説の一部です。
「資金集め」を含む「ニムロド遠征」の記事については、「ニムロド遠征」の概要を参照ください。


資金集め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 10:01 UTC 版)

アメリカ植民地協会」の記事における「資金集め」の解説

連邦政府支持州政府数人指導的市民からの寄付があったにも拘わらず協会その事業を行うために必要な資金集め苦労した長い間協会アメリカ合衆国議会リベリア植民者を送るための予算付けるよう説得努めたヘンリー・クレイもこの運動指揮した失敗した。しかし、協会幾つかの州議会に訴えることで成功結びつけた。 協会開発した資金集めの主要な方法個人生涯会員証販売することだった。 協会員執拗に連邦議会大統領支持求めて圧力を掛けた。アメリカ植民地協会1817年に就任した新しアメリカ合衆国大統領ジェームズ・モンロー連携したモンローバージニア州知事だった世紀の変わり目以来アフリカへ自由黒人移住させることを支持しており、その権力使って積極的に新し協会援助した1819年には議会説得して協会のために10万ドル予算付け領土獲得するために連邦の協力確保することにも貢献した実際にアメリカ植民協会援助するモンロー努力は、リベリア首都モンローに因んでモンロビア名付けることで記念されている。

※この「資金集め」の解説は、「アメリカ植民地協会」の解説の一部です。
「資金集め」を含む「アメリカ植民地協会」の記事については、「アメリカ植民地協会」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「資金集め」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「資金集め」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「資金集め」の関連用語

資金集めのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



資金集めのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのニムロド遠征 (改訂履歴)、アメリカ植民地協会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS