消印とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > > 消印の意味・解説 

けし‐いん【消印】

読み方:けしいん

消したしるしに押す印。

郵便切手使用した証拠に押す日付入りスタンプ


消印

収入印紙文書貼った際に印紙再利用されるのを防ぐ為に押す印。文書印紙に跨らせて押印する。消印が押されてなくても文書無効にならない

消印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/11 01:23 UTC 版)

消印(けしいん、: cancellation)は、郵便切手はがき収入印紙収入証紙などが使用済(=料金支払済)であることを示し、無効化して再使用できないようにするために捺印されるスタンプ)である。正式名称は「証示印」といい、「しょういん」と略す。


注釈

  1. ^ 単なる「印」の字や斜線では消印と認められない。また、鉛筆など容易に消せる物であってはならない。印紙の消印の方法”. 国税庁 (2017年7月1日). 2018年11月24日閲覧。

出典

  1. ^ 「郵趣Q&A 『波消し』の使用開始の時期は」『郵趣』(日本郵趣協会)1989年12月号、76頁。
  2. ^ 「郵趣Q&A この『消印』の用途は」『郵趣』(日本郵趣協会)1989年12月号、77頁。
  3. ^ 「郵趣Q&A “割証”字入りの印は消印もれ消印か?」『郵趣』1996年3月号、82-83頁。



消印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 06:16 UTC 版)

中華郵政」の記事における「消印」の解説

2015年8月台湾襲った迪勒颱風により台湾中山区華航脇の赤と緑の郵便ポスト傾き微笑萌郵筒」と呼ばれ人気の場所となる。可愛い消印(萌郵戳)が期間限定使用される

※この「消印」の解説は、「中華郵政」の解説の一部です。
「消印」を含む「中華郵政」の記事については、「中華郵政」の概要を参照ください。


消印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 08:04 UTC 版)

収入印紙」の記事における「消印」の解説

課税文書収入印紙貼付してから文書印紙またがって押印割印)または署名するという行為印紙税法上は印紙を消す」という)を消印という。課税文書貼付し収入印紙剥がして再利用する不正行為防止するため、法令印紙を消す方法規定されている。 印紙税法第8条印紙による納付等)2 課税文書作成者は、前項規定により当該課税文書印紙はり付ける場合には、政令定めところにより当該課税文書印紙彩紋とにかけ、判明印紙消さなければならない印紙税法施行令第5条印紙を消す方法課税文書作成者は、法第八条第二項の規定により印紙を消す場合には、自己又はその代理人法人の代表者を含む。)、使用人その他の従業者印章又は署名消さなければならない。 消印せずに申請する場合各種の申請様式で「印紙は消印しないこと」と記載する場合があり、その場合は申請者が消印してはならない。これは申請書受理した官公庁などにおいて、担当官吏が印紙による料金納付事実確認してから職務で消印するためである

※この「消印」の解説は、「収入印紙」の解説の一部です。
「消印」を含む「収入印紙」の記事については、「収入印紙」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「消印」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「消印」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



消印と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

消印のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



消印のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
東京印章協同組合東京印章協同組合
(C)2022 TOKYO SEAL ENGRAVERS CO-OPERATIVE ASSOCIATION. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの消印 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中華郵政 (改訂履歴)、収入印紙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS