目打ちとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 縫い物用語 > 目打ちの意味・解説 

め‐うち【目打ち】

千枚通し

洋裁手芸で、布に穴をあけたり刺繍(ししゅう)の糸をさばいたりするときに用いる錐(きり)。

ウナギなどを裂くとき、その目に打ち込む錐。

製本で、とじ穴をあけること。また、それに用いる鉄製の錐。

切手印紙などの切り目に1列に連続してあける小さな穴。

目打ちの画像
(7)が目打ち

リッパー/目打ち

リッパーはボタンホール切り込みミシン目をほどく時に使います。
目打ちは角を整えたり、失敗した縫い目をほどいたり、ミシンがけの時に布を押さえたり、とソーイングには必要不可欠道具です。

リッパー
【リッパー】

リッパー



目打ち

目打ち穴の小さチェーンの穴を広げたり、パールビーズなどの穴の周りついているコーティング余りを穴に押し込めたりするのに使用します。

千枚通し

(目打ち から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/03 03:52 UTC 版)

千枚通し(せんまいどおし)とは、を使って小孔を開けるための文房具である。目打ちと呼ばれることもある。多くの重ねた紙を刺し通し、孔をあけるのに用いる[1]。鋭い針状の切っ先と持ち手で構成される形状はと似ている。




「千枚通し」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「目打ち」の関連用語

目打ちのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



目打ちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ヴォーグ社日本ヴォーグ社
Copyright (c) NIHON VOGUE-SHA Co., Ltd. All Right Reserved
すずらん工房すずらん工房
Copyright (c) 2000-2021 BOW All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千枚通し (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS