矢先とは?

や‐さき【矢先】

矢の先。やじり。

矢の飛んでくる所。矢おもて。

物事が始まろうとする、ちょうどそのとき。「帰ろうとした矢先に呼ばれる

ねらう目あて。ねらい。

「—ノコマカナ人」〈日葡


や‐さき【矢先・矢前・鏃】

〔名〕

① 矢の端。鏃(やじり)。

書紀720綏靖即位前(熱田本訓)「倭の鍛(かぬち)部天津真浦(まうら)をして真麛(まかこ)の鏃(ヤサキ)を造らしめ」

② 矢の飛んで来る前面。矢の当たる所。矢おもて。

源平盛衰記14C前)一一「命を捨て矢前(ヤサキ)に立って振舞ひしかども」

弓矢をもって戦うこと。矢いくさをすること。

浄瑠璃国性爺後日合戦(1717)五「返事互にやさきの時、帰れやつとぞ仰ける」

④ 矢を射る方向。転じて、ねらう目あて。ねらい。まと。

日葡辞書(1603‐04)「Yasaqino(ヤサキノ) コマカナ ヒト〈訳〉上手に弓を射る、すなわち、的を誤らない人」

(5) 事のまさに始まろうとする時。ちょうどその時。とたん。

*虎明本狂言節分室町末‐近世初)「そのやさきに、おてをかくるでもなし」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「矢先」の関連用語

矢先のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



矢先のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS