文房具とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 文房具の意味・解説 

ぶんぼう‐ぐ〔ブンバウ‐〕【文房具】

読み方:ぶんぼうぐ

ものを書くのに必要な道具。紙・ノート鉛筆定規など。文具


文房具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/24 16:13 UTC 版)

文房具(ぶんぼうぐ)、文具(ぶんぐ)、ステーショナリー: stationery)とは、仕事場やオフィスなどにおいて情報の処理・記録・伝達などのために備えられる道具類をいう[1]


  1. ^ a b c d 『文房具屋さん大賞2017』扶桑社、2017年、50頁。
  2. ^ 広辞苑【文房具】
  3. ^ a b 『文房具屋さん大賞2017』扶桑社、2017年、51頁。
  4. ^ The Global Stationery Products Market
  5. ^ 株式会社壽”. 2012年6月7日閲覧。


「文房具」の続きの解説一覧

文房具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 03:07 UTC 版)

宇宙からのメッセージ」の記事における「文房具」の解説

小学生向けとして両面開き筆箱発売されたが、メーカー不明

※この「文房具」の解説は、「宇宙からのメッセージ」の解説の一部です。
「文房具」を含む「宇宙からのメッセージ」の記事については、「宇宙からのメッセージ」の概要を参照ください。


文房具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 23:04 UTC 版)

クリップ」の記事における「文房具」の解説

ゼムクリップ 数枚の薄い紙を挟むために用いられる針金などを曲げて作られたクリッププラスチック製のものもある。ゼムピン。 目玉クリップ蛇の目クリップ大きさにもよるが、コピー用紙おおむね100数百程度までの紙を束ねる事ができる。金属製ばね仕掛けになっており、つまみの部分中心に穴の空いた丸い形状をしている。 ターンクリップダブルクリップWクリップ) つまみの部分折り返すことによって、かさばらないようにすることが可能なクリップバインダークリップ (Binder clip) または、フォウルドバッククリップ(Foldback clip)ともよばれる1910年アメリカ合衆国のルイス・エドウィン・バルツレーによって発明された。てこの原理開閉負荷減らした製品もある。 山形クリップ つまみの部分山形になった比較大型のクリップバチクリップ 連射式クリップ 詳細は「ガチャックを参照 用箋挟クリップボードクリップつきの板。 詳細は「用箋挟を参照 目玉クリップ ダブルクリップ 大型クリップ 連射式クリップ クリップボード

※この「文房具」の解説は、「クリップ」の解説の一部です。
「文房具」を含む「クリップ」の記事については、「クリップ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「文房具」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

文房具

出典:『Wiktionary』 (2021/06/16 13:57 UTC 版)

発音

ぶ↗んぼ↘ーぐ

名詞

文房 ぶんぼうぐ

  1. 物を書くのに必要道具

関連語

翻訳


「文房具」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

文房具のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



文房具のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの文房具 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの宇宙からのメッセージ (改訂履歴)、クリップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの文房具 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS