ペンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 筆記用具 > ペンの意味・解説 

ペン

ペン(韓国語)の意味

韓国語のペン(팬)は、アーティスト俳優応援するファン」のこと。筆(ボールペンの「ペン」)は「펜」と表記する発音どちらも同じペンである。

特定の俳優グループ、そのメンバーの名前の後に「ペン」を漬けて「~ペン」といえばその人ファンであるという意味示せる。

≪韓国語≫ペン

別表記:peso、팬、ペン

韓国語「ペン」とは、「ペン」の意味

韓国語の「ペン」とは、アーティストアイドル俳優などを応援している人を指す言葉で日本語でいう「ファン」のことである。

特定のグループ応援している人のことをグループ名の最後にペンをつけ、「グループ名+ペン」と表現し個人グループの中で特定のメンバーのことを特に応援している人のことを名前の最後にペンをつけ、「名前+ペン」と表現するグループ全員応援しているいわゆる日本語の「箱推し」は、英語の「ALL(オール)」からくる「올(オル)」に「ペン」をつけ、「オルペン」と表現される

韓国国内だけではなく日本でも主にK-POPジャンルを好む人の間で使用されており、敬愛の念も込めてあえて「ファンではなく韓国語で「ペン」と表現されることが多くある。その他にも、ファンミーティングは「ペンミティン」、ファンレターは「ペンレト」となるなど、「ペン」はファン活動通した様々な場面で使用される言葉である。

韓国語「ペン」のハングル表記

アーティスト俳優のファン意味する「ペン」はハングルでは「팬」と表される

筆記用具であるボールペンなどの「pen」も同じく「ペン」と発音されるが、ハングル表記異なり「펜」と表される

〇〇ファン」は「〇〇팬」と表す。

韓国語「ペン」の発音

「ペン」は、日本和製英語として使用されているファン」と同じく、英語の「fan」からきている言である。

日本人感覚では英語の[F]の発音は「フ」であるが、韓国では[F]の音を[プ(P)]と発音するそのため、同じ英語の「fan」からきている言ではあるが、「ファン」は韓国語では「ペン」と発音される

韓国語にはもともと[F]の音の言葉がないとされており、英語の[F]の発音には韓国語では基本的に「ㅍ(P)」が当てられる

英語の[F]の発音は唇を使う発音だが、韓国語では唇を使った発音子音の「ㅁ、ㅂ、ㅍ」の3つ表現されている。「ㅁ」はマ行発音として使用される。「ㅂ」はパ行またはバ行発音として使用されるが、有声音化濁音化)するので[F]の発音にはふさわしくない韓国語の中では「ㅍ(P)」の音が[F]の音に最も近いということになる。

Fightingファイティン)→파이팅(パイティン)」、「Cafeカフェ)→카페(カペ)」、「Coffeeコーヒー)→커피(コピ)」、「Africaアフリカ)→아프리카(アプリカ)」など、[F]の音が[P]と発音されるのは、「ペン」だけに当てはまルールではなく韓国語発音基本となるルールである。

ペン【Arthur Penn】


ペン【pen】

読み方:ぺん

インキをつけ、字や絵をかく洋風の筆記具金属鳥の羽軸作るまた、万年筆ボールペンなどの総称

文章を書くこと。文筆活動。また広く言論活動。「—で生活する


へん【片】

読み方:へん

接尾助数詞物の切れはし花びらなどを数えるのに用いる。上に来る語によっては「ぺん」となる。「二、三—の花びら


ぺん【片】

読み方:ぺん

接尾「へん(片)」に同じ。「一—の


へん【編/×篇】

読み方:へん

【一】[名]

首尾整っている詩文

書物文章演劇など部分け。「後の—で言及する」「青春—」

いくつかの文章集めて1冊の本にすること。編纂(へんさん)。「国語学会—」

【二】接尾助数詞上に来る語によっては「ぺん」となる。

詩歌文章、また書物などを数えるのに用いる。「詩二—」

書物内容からいくつか部分けしたとき、その部分の数、あるいは順序を示すのに用いる。「浮雲第二—」


ぺん【編/×篇】

読み方:ぺん

接尾「へん(編・篇【二】」に同じ。「三—からなる歌曲」「浮世床全三—」


へん【遍】

読み方:へん

接尾助数詞動作作用回数を数えるのに用いる。上にくる語によっては「べん」「ぺん」となる。「二—も当番まわってきた」


ぺん【遍】

読み方:ぺん

接尾「へん(遍)」に同じ。「一—お会いしたかったのです」「読書百—意おのずから通ず


ペン

名前 PenPengPennPenePène

ペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 12:30 UTC 版)

ペン: : pen)とは、硬筆筆記具のうち、インクによって書く物の総称である。例えば、サインペンフェルトペンボールペンなど「ペン」と付く物の他に、万年筆などもペンに当たる。元々は羽根ペンのようなつけペン形式で、先端にインクを適宜付け、毛管現象などでインクを保持させつつ書く形態であった。近代以降、ペンにインクが内蔵された形態が発達した。


注釈

  1. ^ 個人認証としての認証は、電子化により様式を変えた[11]

出典

  1. ^ 西川 嘉廣「紀元前に生まれた筆記具--「葦ペン」の歴史」『百万塔』第116号、紙の博物館、2003年10月、 68-73頁、 ISSN 0439-9862NAID 40006005868
  2. ^ a b Julie Pelc, The Jewish Bible: A JPS Guide,The Jewish Publication Society,2010. p.26
  3. ^ 『身辺細貨、喫煙具、筆記具 — 米国の貿易および関税情報』日本貿易振興会、1970年。 NCID BA61865928 
  4. ^ 永井 芳男「ボールペンとサインペン・出そろった現代社会の筆記具--技術は突破する-36-」『朝日ジャーナル』第7巻第53号、朝日新聞社、1965年12月、 35-40頁、 ISSN 0571-2378NAID 40000070233
  5. ^ 「機構に工夫を凝らした文具が続々」『日経ものづくり』第645号、日経BP社、2008年6月、 36-40頁、 ISSN 1349-2772NAID 40016083240
  6. ^ a b 消せる、滑らか、多色…最新ペン「選ぶべき1本」 (最新の使いこなしワザ一挙公開! 文具術--アイデア文具からデジタルまで) -- (選べる!使える!)」『日経ビジネスassocie』第10巻第6号、日経BP社、2011年4月5日、 44-48頁、 ISSN 1347-2844
  7. ^ 「「筆記具なんてどれも同じ」と思っていませんか? シーン別 最適の1本を探す (特集 最新版 仕事に効く! 文具術) -- (賢人直伝! 特別講座)」『日経ビジネスassocie』第11巻第2号、日経BP社、2012年3月、 46-49頁、 ISSN 1347-2844NAID 40019201539/
  8. ^ 「技術&イノベーション 超極細ボールペン 世界最小の文字が書ける」『日経ビジネス』第1290号、日経BP社、2005年5月9日、 90-92頁、 ISSN 0029-0491NAID 40006705541/
  9. ^ 川端 克彦「筆記具用インキ(<特集>記録と記憶のメカニズム)」『化学と教育』第43巻第5号、公益社団法人 日本化学会、1995年、 286-290頁、 doi:10.20665/kakyoshi.43.5_286ISSN 0386-2151NAID 110001828723
  10. ^ 後居 洋介「添加剤としてのセルロースナノファイバーの特徴」『粉砕』第62巻、ホソカワミクロン株式会社、2018年、 39-43頁、 doi:10.24611/micromeritics.2019009ISSN 0429-9051NAID 130007530913/
  11. ^ 安田久美子、村松大吾、松井淳、松本隆「動画像によるオンライン署名認証 Sequential Monte Carlo を用いたペン先追跡」『電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解』第107巻第384号、一般社団法人電子情報通信学会、2007年12月6日、 53-58頁、 ISSN 0913-5685NAID 110006549345
  12. ^ みつろうぺん(トップページ)”. mitsuroupen.jp. 2020年12月20日閲覧。
  13. ^ 土井, 幸輝、豊田, 航、田中, 隆「S153012 視覚障害者用の触図筆ペンの開発と評価(S153012 触覚インターフェース(1))」『年次大会 (The Proceedings of Mechanical Engineering Congress, Japan)』第2011巻、一般社団法人 日本機械学会、2011年、 S153012–1–_S153012-4、 doi:10.1299/jsmemecj.2011._S153012-1ISSN 2424-2667
  14. ^ 田中隆「町工場発の新たな筆記具「触図筆ペン」(特集 生活を支援する福祉機器(2))」『リハビリテーション』第547号、鉄道身障者福祉協会、東京、2012年10 月、 14-17頁、 ISSN 0035-5305
  15. ^ 有限会社 安久工機「視覚障害者用筆記具「触図筆ペン」」『計測と制御』第55巻第2号、公益社団法人 計測自動制御学会、2016年、 114-115頁、 doi:10.11499/sicejl.55.114ISSN 0453-4662NAID 130005127138
  16. ^ 天白成一、平井俊男、傍島康雄、藤井泰宏、三木睦明「iPadを利用した発声障がい者向け日常会話補助用音声合成装置」『電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学』第110巻第221号、一般社団法人電子情報通信学会、2010年10月1日、 81-86頁、 ISSN 0913-5685
  17. ^ 佐藤さくら、田知本寛、小俣貴嗣、緒方美佳、今井孝成、富川盛光、宿谷明紀、海老澤元宏「食物アレルギー患者へのエピペン^【○!R】処方症例の検討」『Nihon Shoni Arerugi Gakkaishi. The Japanese Journal of Pediatric Allergy and Clinical Immunollogy』第21巻第2号、日本小児アレルギー学会、 187–195、 doi:10.3388/jspaci.21.187ISSN 0914-2649
  18. ^ (PDF) 『インスリン自己注射ガイド』日本糖尿病協会、2014年https://www.nittokyo.or.jp/uploads/files/GUIDE_140515_B5.pdf2020年12月20日閲覧 
  19. ^ 日経メディカル. “ノボ、新型のインスリンペン型注入器「ノボペン4」発売” (日本語). 日経メディカル. 2020年12月20日閲覧。
  20. ^ 日経メディカル処方薬事典. “ノボラピッド注フレックスペンの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典” (日本語). 日経メディカル処方薬事典. 2020年12月20日閲覧。
  21. ^ 日経メディカル処方薬事典. “ヒューマログ注ミリオペンの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典” (日本語). 日経メディカル処方薬事典. 2020年12月20日閲覧。
  22. ^ (PDF) 『インスリンペン型注入器とその注射針(A型専用注射針)の組み合わせ使用について』医薬品医療機器総合機構〈PMDA 医療安全情報〉、2009年2月https://www.pmda.go.jp/files/000145653.pdf2020年12月20日閲覧 
  23. ^ 橋本 美奈子、長嶋雲兵、冨樫雅文、細矢治夫「ペン入力のための楕円形仮想キーボードとベクトル入力法」『情報処理学会論文誌』第37巻第11号、一般社団法人情報処理学会、1996年11月15日、 2105-2115頁、 ISSN 1882-7764
  24. ^ 平林ルミ、河野俊寛、中邑賢龍「小学生の視写における書字行動プロセスの時間分析」『特殊教育学研究』第48巻第4号、一般社団法人 日本特殊教育学会、2010年、 275-284頁、 doi:10.6033/tokkyou.48.275ISSN 0387-3374NAID 110008661614
  25. ^ 髙瀬文人「しゅくだいやる気ペン コクヨ 子どもの「やる気」と親子関係をリ・デザインした筆記具。 (特集 手書きを味わう 偏愛文具) -- (デジタル時代の手書きの効用。)」『東京人』第34巻第13号、都市出版、2019年12月、 63-65頁、 ISSN 0912-0173NAID 40022045202
  26. ^ 「商品開発 三菱鉛筆/筆記具メーカー 40年越しの改革、奏功」『日経ビジネス = Nikkei business』第2058号、日経BP、2020年9月21日、 50-54頁、 ISSN 0029-0491NAID 40022347464


「ペン」の続きの解説一覧

ペン

出典:『Wiktionary』 (2021/07/16 23:43 UTC 版)

名詞:文房具

ペン

  1. 原義本義狭義] 文房具一種。墨(wp)インク付けて、文字記号図画などを書くための、先端尖らせた筆記用具全て硬筆(wp)筆記用具
  2. 広義] 語義1に加えて、語義1のペンを基に開発された各種筆記用具総称硬筆筆記用具ではないもの(例:サインペン(wp)筆ペン(wp))や、物理記録媒体使用必須としないもの(電子ペンライトペン(wp)タッチペンスタイラスペン)も含まれる
  3. 比喩》 (語義1より転じて、)文章書くこと文筆活動言論活動
  4. 転義》 形状語義1に似たものに付けられる呼称

語源

語義1は、オランダ語 pen音写

複合語

ペンの種類については「#関連語を参照のこと。

成句

関連語

語義1

語義2

参考

翻訳

名詞:材料

ペン

  1. ポリエチレンナフタレート通称合成樹脂材料一種PEN

語源

英語 polyethylene naphthalate > PEN音写

名詞:韓流

ペン

  1. ファン

語源

朝鮮語 팬 (< 英語 fan) の音写

人名

ペン

  1. 英語のサーネーム(wp) Penn (en)音写

「ペン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ペンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ペンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ペンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのペン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのペン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS