壁画とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > 絵画 > 壁画の意味・解説 

へき‐が〔‐グワ〕【壁画】


へきが 【壁画】


壁画

作者石坂洋次郎

収載図書わが日わが夢
出版社路上
刊行年月2006.12


壁画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/06/29 03:48 UTC 版)

壁画(へきが、英語:mural)は、建築物洞窟天井などに描かれた絵画





壁画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 05:37 UTC 版)

三兄弟の地下墓」の記事における「壁画」の解説

少し後の年代構築された奥の広間仕切る迫持せりもちアーチには、子を抱く女性立像唐草模様描かれる。 奥の広間天井は、煉瓦による迫持アーチ筒型ヴォールト)となり、天井全体漆喰施され、青い六角形のなかに金色装飾のある意匠白帯褐色の線で縁取った幾何学模様により覆われ天井中央にある円形枠内には、ギリシア神話ゼウス使いガニュメデスさらわれる構図認められる。 奥の正面上部半円形となる壁面には、スキロス島女装したアキレウスが、王リュコメデスの娘に混じって囲まれている場面描かれる。これらの人物像ヘレニズム様式のように見られるももの、ペルシアパルティア)の様式パルティア美術英語版))のように正面向き並ぶように描かれている。 奥の壁付柱)9本(三方3本)には、それぞれ描画上部円形内の4つ女性5つ男性胸像描かれており、左側には、傍らに子の肖像描いたものも見られる。それらの死者肖像の下に有翼勝利の女神ニケ肖像掲げて天空の球上に立ち、その下段幾何学模様同様に描かれる。これらフレスコ画作成年代は160-191年とされる

※この「壁画」の解説は、「三兄弟の地下墓」の解説の一部です。
「壁画」を含む「三兄弟の地下墓」の記事については、「三兄弟の地下墓」の概要を参照ください。


壁画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2008/04/05 15:53 UTC 版)

ワット・プーミン」の記事における「壁画」の解説

ワット・プーミンの壁画は歴史的史料でもあり、美術品としての価値高く。この寺院名物となっている。 北の壁には『ガッダナ・クマーラ・ジャータカ』をモチーフにした絵が描かれており、東の壁には『ニミ・ジャータカ』をモチーフにし絵も描かれている。また、庶民日常生活描いたものや、西洋人描いたものもある。西洋人描いたものはおそらく1893年フランス軍メコン川東岸占領に材を得たものと考えられる。また中には西洋神父描いた壁画もある。これらの、絵画19世紀末にタイルー族の画家によって描かれたものである。 これらの壁画のスタイル伝統的な様式とはかけ離れており、チエンマイワット・プラシンの壁画と似ているともいわれる。しかし、背景おおむねタイルー族の日常生活描いたのである。 これらの壁画の中で有名な壁画が二つある。一つは男が女にささやくところで、一説画家自身であるとも言われる。これは西のドア南側にある。南側ドア描かれた人物画も有名でこれは、アナンタヨット王だと言われている。

※この「壁画」の解説は、「ワット・プーミン」の解説の一部です。
「壁画」を含む「ワット・プーミン」の記事については、「ワット・プーミン」の概要を参照ください。


壁画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/09 08:18 UTC 版)

チャリング・クロス駅 (ロンドン地下鉄)」の記事における「壁画」の解説

ノーザン線ホームにはデヴィッド・ジェントルマン(英語版)が描いた長さ100メートルの壁画が飾られた。この壁画ではエドワード1世の妻、エリナー・オブ・カスティルに始まるチャリング・クロス英語版)の歴史表現されている。

※この「壁画」の解説は、「チャリング・クロス駅 (ロンドン地下鉄)」の解説の一部です。
「壁画」を含む「チャリング・クロス駅 (ロンドン地下鉄)」の記事については、「チャリング・クロス駅 (ロンドン地下鉄)」の概要を参照ください。


壁画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 23:05 UTC 版)

王塚古墳」の記事における「壁画」の解説

現在、石室は完全に密閉され保存されており、通常見学することは出来ないが、春と秋の年2回一般に公開されている。 王塚古墳最大特徴は、石室のほぼ全面施された壁画である。描かれている図像は馬、靫(ゆぎ)、盾、刀、弓などのほか双脚輪状文蕨手文三角文、円文などの幾何学的文様2005年7月現在、日本確認されている装飾古墳の壁画で使われている色は6色(赤・黄・緑青・黒・白)あるが、そのうち青を除く5色使われており、国内最多である。

※この「壁画」の解説は、「王塚古墳」の解説の一部です。
「壁画」を含む「王塚古墳」の記事については、「王塚古墳」の概要を参照ください。


壁画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 19:33 UTC 版)

ベニハッサン村」の記事における「壁画」の解説

岩窟墓には、古代エジプト中王国時代のものと思われる壁画があり、当時スポーツ数種が描かれている。その他、洗濯奇術想像させるものなど、日常生活描写したものもある。

※この「壁画」の解説は、「ベニハッサン村」の解説の一部です。
「壁画」を含む「ベニハッサン村」の記事については、「ベニハッサン村」の概要を参照ください。


壁画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/03 22:30 UTC 版)

タルノヴォ美術学校の絵画」の記事における「壁画」の解説

ビザンチン絵画初めて、テンペラ広範な使用タルノヴォ学校フレスコ画適用されました 。このテクニック使用すると、フレスコ画よりもゆっくりと作業でき、色が明るく飽和し、さらにトーン追加される可能性ありますフレスコ画技法は完全に無視されているわけではありません。有名なイヴァノヴォフレスコ画やフレロフタワーの礼拝堂使用されています。 第二次ブルガリア王国教会フレスコ画は、壁、アーチ柱形アーチ後陣など、すべての自由表面を密接に覆ってます 。それらの位置は、アイコンペインティングの基準に従って平ベルトあります最初の帯は、学校の特徴1つである、高く塗られ台座の上通常立っている聖人の姿を描いてます。彼のはしばし色付き大理石タイル模倣してます。選択表示聖人は、ドナードナー)の好みと壁画の全体的なテーマによって異なりますタルノヴォ学校では、聖戦士多く画像典型的です。たとえば、ボヤナ教会には10人います。特に、一般的な聖の画像であるディミタールSolunski 、の守護聖人Assenevtsiブルガリア人気は、 13th- 14世紀偉大だったが。 ドナー自身拝廊描かれています。この慣習おかげで中世著名なブルガリア人肖像画数多く私たち届きました皇帝画像コンスタンティンアッセン、Tsarinaイリーナ、 Sevastocratorカロヤンと妻Desislavaボヤナ教会保存されています。納骨堂ではBachkovo修道院ツァーリ描かれているイワンアレクサンダー:とDolna Kamenitzaの村の教会11肖像画保存されている専制君主マイケル皇帝息子マイケルIII Shishmanアッセンを、)である彼の妻、名前藩主によって、未知の、彼の手、彼の妻、彼の子供たち、そして2人聖職者モデルで2回描かれました。聖人の像-戦士常連客は、トラペジツァの教会基礎にあるフレスコ画保存され詳細にもよく見られます。 ボヤナ教会肖像画心理学高貴さは、一部研究者ルネッサンスの 。ピラスターアーチは、腰までの長さ聖人の像が描かれメダリオン飾られていることがよくあります。これらはタルノヴォ聖ペテロパウロ教会保管されています。 2番目のベルト伝統的な受難」と「お祭りサイクル」 、ドームの「全能者ハリストス」 、後陣の「聖母子」に加えて特定のシーンイメージありますタルノヴォ教会「聖40殉教者」のポーチには、聖アンナ母乳育児小さなメアリー聖エリザベス母乳育児小さなジョン画像ありましたが、2番目はもう存在しません。図像タイプ「ガラクトフルス」(哺乳類)は、西ヨーロッパの「聖母牛乳」の原型です。ビザンチン図像学では、それは標準的ですが、非常にまれです。同じ教会ポーチからの35のカレンダーシーンでは、一部キャラクター現代的な服で描かれています。 ボヤナ教会では、「パントクレーター」(全能者)、「エマニュエル」(青年)、「エバーゲット」(祝福)、「テーブルクロス」、「セラミディオン」、そしてユニークなイメージキリストより古い」など、キリスト多数イメージ印象的です。白ひげ生やした老人としてイエスを表す日」。 フレロフタワーの変容礼拝堂フレスコ画テーマオリジナルです。ドームには「ソフィア-神の知恵」という構成が、拝廊には「ダビデ詩篇」が描かれています。ここで特に興味深いのは、14世紀ブルガリア人服装生き方判断できるミュージシャン」や「ホロ」のシーンです。 タルノヴォ絵画モニュメント少数ですが、それらを注意深く見ると、石化した創造的な活動としてのアイコン絵画一般的な概念打ち砕かれます。 考古学王宮発掘調査ツァレヴェツは、いくつかの世俗的な建物豊富な美し装飾持っていたことを示している生き残った断片は、そのプロット決定することを可能にしません。

※この「壁画」の解説は、「タルノヴォ美術学校の絵画」の解説の一部です。
「壁画」を含む「タルノヴォ美術学校の絵画」の記事については、「タルノヴォ美術学校の絵画」の概要を参照ください。


壁画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/27 08:20 UTC 版)

五郎山古墳」の記事における「壁画」の解説

後室の奥壁と左右側壁に、赤、緑、黒の3色の顔料用いた壁画がある。いわゆる装飾古墳の壁画には、同心円などの幾何学文様描いたものが多いなかで、本古墳の壁画は人物動物器物などの具象的モチーフ中心に描く点が特色である。 後室奥壁の腰石最下部の石)には中央下部に舟を描き画面右方には、同心円文と、武具である弓、靫(ゆき)、鞆(とも)を描く。靫は矢を入れて背負う箱状のもの、鞆は弓射の際、弓弦から手を護るために左手首に着けるものである画面左方には、霊屋思われる建物とそれに向かって祈る人物、弓に矢をつがえた人物馬上の人物とそれを先導するらしき動物などが描かれている。中央上部大きく描かれた「Y」字状のものは、従来」とされてきたが、考古学者甲元眞之はこれをきぬがさ)の表現蕨手文ではないかとしている。腰石の上方にある石には、馬上で矢を射る人物片手上げて踊っているらしき人物同心円文などを描く。このほか、奥室左右側壁にはそれぞれ舟を描く(向かって左壁は1艘、右壁は2艘)。

※この「壁画」の解説は、「五郎山古墳」の解説の一部です。
「壁画」を含む「五郎山古墳」の記事については、「五郎山古墳」の概要を参照ください。


壁画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 18:45 UTC 版)

ヨルダン川西岸地区の分離壁」の記事における「壁画」の解説

2005年8月イギリス芸術家であるバンクシーこの分離壁を訪れ、9の壁画を残していった。彼はこの壁画を製作中イスラエル兵に何度も銃を向けられたが、それでも彼は絵を全て完成させた。

※この「壁画」の解説は、「ヨルダン川西岸地区の分離壁」の解説の一部です。
「壁画」を含む「ヨルダン川西岸地区の分離壁」の記事については、「ヨルダン川西岸地区の分離壁」の概要を参照ください。


壁画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/15 13:25 UTC 版)

ATORON Creative Entertainment」の記事における「壁画」の解説

沖縄市美里小学校サイン計画 校舎増改築工事に伴い小学校サイン計画手掛けるイラストを壁一面に描くというクリエイティブ表現インパクトのある壁画作品制作サイン壁面は計20箇所に及ぶ。----参照 コザ・ミュージックタウン音市場アート看板 パルミラ通り巨大壁画(コザ

※この「壁画」の解説は、「ATORON Creative Entertainment」の解説の一部です。
「壁画」を含む「ATORON Creative Entertainment」の記事については、「ATORON Creative Entertainment」の概要を参照ください。


壁画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/10 00:37 UTC 版)

聖アンネン教会 (ダーレム)」の記事における「壁画」の解説

1893年塗り壁の下に絵があることが判明した。それはベルリン最古絵画であることを示していた。14世紀終わり頃に描かれていた壁画であると考えられた。おそらく、ベーメン地方からの放浪絵描きによって制作されたと見なされている。最初修復作業は逆の結果もたらした。それによって退色してしまった部分1936年から1939年まで、さらに1951年にかけて、綿密に洗浄され色彩修復された。 支柱横の左側面に戴冠したマリア像を見ることが出来る。支柱によって寸断されながら、東方の三博士存在確認できる向かい側の壁には一部の永らえた壁画がある。そこには受難イエス復活したキリスト描かれている。この聖アンナの壁画はブランデンブルク辺境伯領において聖アンナへの崇拝早くから存在していたことを示している。

※この「壁画」の解説は、「聖アンネン教会 (ダーレム)」の解説の一部です。
「壁画」を含む「聖アンネン教会 (ダーレム)」の記事については、「聖アンネン教会 (ダーレム)」の概要を参照ください。


壁画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/11 14:10 UTC 版)

ネブラスカ州会議事堂」の記事における「壁画」の解説

ネブラスカ州会議事堂の壁画プログラムは、記念廊下および法律図書館内に描かれ21の壁画、および州知事室に描かれ寓話壁画群から成る1925年9月22日議事堂委員会ニューヨーク芸術家オーガスタス・ビンセント・タックによる、州知事室に壁画を描く提案承認した。この提案はグッドヒューが1924年死去する前に出された。タックがこれらの寓話壁画群を完成させたのは、1927年11月のことであった1930年2月21日には、議事堂委員会法律図書館北側壁面に壁画を描かせるため、リンカーン芸術家エリザベス・ドランを雇った同年8月ドランは The Spirit of the Prairie大平原精神) を描き上げた。この作品は、議事堂内に描かれた壁画の中で唯一原位置描かれたものである州知事室や法律図書館の他にも、グッドヒューは記念回廊内の壁面20ヶ所に、壁画のための凹み設計していた。しかし、1933年5月経済状況一段と悪化する中で、ネブラスカ州議会議事堂委員会がまだ使い切っていなかった予算見直した資金縮小されたため、やがて委員会解散余儀なくされ、壁画プログラム未完終わったその後1951年ネブラスカ州議会は壁画プログラム完遂させるため、議事堂壁画委員会創設し権限与えたその後50年わたって議事堂壁画委員会残りの壁画を担当する芸術家選定するため、複数回にわたるコンペ行ったまた、委員会は壁画の主題についてのガイドラインとして、アレクサンダーによる元々の主題プラン詳細用いたネブラスカ州会議事堂の壁画作者名題制作年画法材質寸法場所オーガスタス・ビンセント・タック 州知事室壁画群 1927 亜麻布上の油彩 州知事室 エリザベス・ドラン The Spirit of the Prairie大平原精神) 1930 亜麻布上の油彩 法律図書館 ケネス・エベット The Labors of the Hand(手の労働者) 1954 亜麻布上の油彩 4.6m×7.3m ロタンダ ケネス・エベット The Labors of the Head(頭の労働者) 1956 亜麻布上の油彩 4.6m×7.3m ロタンダ ケネス・エベット The Labors of the Heart(心の労働者) 1956 亜麻布上の油彩 4.6m×7.3m ロタンダ ジェームズ・ペニー The Homesteader's Campfire入植者キャンプファイヤー1963 亜麻布上の油彩 4.6m×7.3m 玄関内側 ジェームズ・ペニー The First Furrow初めての耕起1963 亜麻布上の油彩 2.6m×5.8m 玄関内側 ジェームズ・ペニー The House Raising(家の建設1963 亜麻布上の油彩 2.6m×5.8m 玄関内側 ジーン・レイナル The Blizzard of 18881888年地吹雪) 1965 ガラスモザイク 4.0m×5.8m 大広間 F・ジョン・ミラー The Coming of the Railroad鉄道の開通) 1966 ガラスモザイク 4.0m×5.8m 大広間 ラインホールド・マークスハウゼン The Spirit of Nebraskaネブラスカ精神) 1966 ガラスモザイク 4.0m×5.8m 大広間 ジーン・レイナル The Tree Planting植樹) 1966 ガラスモザイク 4.0m×5.8m 大広間 ラインホールド・マークスハウゼン The Building of the Capitol議事堂建設) 1966 ガラスモザイク 4.0m×5.8m 大広間 チャールズ・クレメント The U.S. Survey国勢調査) 1966 ガラスモザイク 4.0m×5.8m 大広間 スティーブン・ロバーツ The Ideal of International Law国際法理想1996 亜麻布上の油彩 2.1m×3.7m 記念室 スティーブン・ロバーツ The Perils of Fire火災の危険) 1996 亜麻布上の油彩 2.1m×3.7m 記念室 スティーブン・ロバーツ The Ideal of Freedom(自由の理想1996 亜麻布上の油彩 2.1m×3.7m 記念室 スティーブン・ロバーツ The Scourge of Poverty貧困災難1996 亜麻布上の油彩 2.1m×3.7m 記念室 スティーブン・ロバーツ The Ideal of Universal Peace万国平和の理想1996 亜麻布上の油彩 2.1m×3.7m 記念室 スティーブン・ロバーツ The Scourge of Plague疫病災難1996 亜麻布上の油彩 2.1m×3.7m 記念室 スティーブン・ロバーツ The Ideal of Self-Determination民族自決理想1996 亜麻布上の油彩 2.1m×3.7m 記念室 スティーブン・ロバーツ The Scourge of Famine飢饉災難1996 亜麻布上の油彩 2.1m×3.7m 記念室

※この「壁画」の解説は、「ネブラスカ州会議事堂」の解説の一部です。
「壁画」を含む「ネブラスカ州会議事堂」の記事については、「ネブラスカ州会議事堂」の概要を参照ください。


壁画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 21:46 UTC 版)

宇佐美圭司」の記事における「壁画」の解説

東京大学生中央食堂壁画作品《きずな》(1977年) - 東大生創立30周年記念事業一環で、募金使途として、高階秀爾同大学名教授当時文学部教授)の推薦制作依頼し寄贈され作品だが、2017年9月14日建物改修工事に伴い価値認識されなかったことや手違いなどで廃棄処分された。関係者保存について指示されいたもの情報共有がなく、「壁面固定されていて移設不可能だった」などと釈明をしている。 慶応義塾大学図書館ロビー壁画作品《やがて、すべてが一の円の中に》の ための 1/9 カルトン No.21982年御坊市文化会館壁画作品グラデーション時の廻廊》(1984年倉敷中央病院壁画作品半透明吹き抜け屋台 No.1》(1988年三重県総合文化センター壁画作品1994年三共株式会社研修センター壁画作品1995年

※この「壁画」の解説は、「宇佐美圭司」の解説の一部です。
「壁画」を含む「宇佐美圭司」の記事については、「宇佐美圭司」の概要を参照ください。


壁画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 19:39 UTC 版)

エドヴァルド・ムンク」の記事における「壁画」の解説

ムンク1916年完成したオスロ大学講堂壁画をはじめ、1906年から翌年にかけて制作したベルリン小劇場のための「ラインハルト・フリーズ」、オスロ郊外のフレイア・チョコレート工場社員食堂のために制作した「フレイア・フリーズ」(1922年完成)など、建築内部装飾のための大作をたびたび手がけている。 また、ムンク大学講堂壁画と生命のフリーズとの関係について次のように語っている。 「生命のフリーズ」は、大学装飾との関連見られるのでなければならない。「生命のフリーズ」は多くの点で講堂装飾壁画の先駆的作品であり、「生命のフリーズ」がなければ講堂壁画はおそらく存在しなかっただろう。「生命のフリーズ」は、私の装飾対す感覚発展させた。〔……〕「生命のフリーズ」では個人悲しみ喜び等身大描かれ、これに対し大学の壁画は偉大で永遠なる諸力が描かれのである

※この「壁画」の解説は、「エドヴァルド・ムンク」の解説の一部です。
「壁画」を含む「エドヴァルド・ムンク」の記事については、「エドヴァルド・ムンク」の概要を参照ください。


壁画(へきが)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 10:14 UTC 版)

火の鳥 鳳凰編 我王の冒険」の記事における「壁画(へきが)」の解説

大和ステージ7ボス。壁画というより怪物の顔のような彫刻といったところ。洞窟の奥に固定されていて、斜め下方へ「壁画の玉」を次々と吐き出す

※この「壁画(へきが)」の解説は、「火の鳥 鳳凰編 我王の冒険」の解説の一部です。
「壁画(へきが)」を含む「火の鳥 鳳凰編 我王の冒険」の記事については、「火の鳥 鳳凰編 我王の冒険」の概要を参照ください。


壁画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 22:16 UTC 版)

聖霊病院 (リューベック)」の記事における「壁画」の解説

北側にある2つ大判中世の壁画は、1320年から1325年頃のもので、教会大広間雰囲気決定づけている。。西側のアーチフィールドは、複雑な類型的なシーン示している。:ソロモン玉座ソロモン王が妻と母と一緒に座っている12ライオン囲まれ王位の上に、天使囲まれキリスト彼の母マリア一緒に別の王座がそびえる。キリストは、戴冠させた母親天の女王または天使としての彼の支配参加させ、彼女にユリの笏を手渡している。 北の壁パネルの絵は、4人の伝道者シンボル病院創設者円形写真囲まれ高貴なキリストである主な救い主示している。 ソロモン玉座 栄光救世主(Maiestas Domini)と財団メダル ベルトラム・モーンヴェグの財団メダル 内陣仕切りの下の磔刑場面

※この「壁画」の解説は、「聖霊病院 (リューベック)」の解説の一部です。
「壁画」を含む「聖霊病院 (リューベック)」の記事については、「聖霊病院 (リューベック)」の概要を参照ください。


壁画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 09:19 UTC 版)

虎塚古墳」の記事における「壁画」の解説

石室の壁画は、奥壁・両側壁・玄門部において認められる石室石材凝灰岩の上に、凝灰岩粉末による白土白色粘土)を下塗りし、その上にベンガラ第二酸化鉄)で文様描かれる。また天井床面には全面ベンガラ塗られる。壁画の詳細次の通り。 奥壁 三角環状文 武器 - 大刀武具 - 靫・鞆。 壁最上段に2段連続三角文を引き、その下に頂点上下接す三角文を置く。その下の壁中央部には環状文2個を、その西側線刻のみの小円文を置く。環状文2個は幅10-11センチメートルドーナツ状で、西側外径34.4センチメートル内径12センチメートル東側外径32センチメートル内径12センチメートルである。コンパス器具線刻した後にベタ塗りしており、西の環状文には上部塗り残しによる線刻が、中央線刻時の軸の痕跡認められる。壁下段には、西から・鉾図文15本・靫形図文2個(各矢10本)・大刀形図文3口(西から頭椎大刀鹿角大刀円頭大刀)を置く。大刀斜めに置かれており、石室内での立てかけ表現したと見られる。壁最下段には連続三角文を引くが、顔料剥落が多い。 東壁 三角文 渦文 武具 - 靫・盾。 首飾り? 馬具? 壁最上部は天井石ベタ塗り壁上端から10-13センチメートル下まで続き、その下に1段の連続三角文を引く。奥壁側は太い線で整った三角形であるのに対して玄門側は細い線で粗雑であり、奥壁側から玄門側に向かって描いた推測される。奥壁側には連続三角文から小円文を吊り下げ、その下には蕨手状の渦を巻く双頭渦文を置く。その下の壁中央部には、台のような線(中央小円文を吊り下げる)上に、奥壁側から靫形図文2個(各矢13本)・盾形文3個を置く。その玄門側には、上に井桁形図文を置き、その下に鐙形図文2個、さらにその下に奥壁側から有刺棒形図文2・頸玉形図文・翳(さしば)形図文・凹字形図文2を置く。これらは線刻彩色併用して描かれるが、表現実体明らかでない西壁 三角文 円文 弧線馬具? 壁最上部は天井石ベタ塗り壁上端から約8センチメートル下まで続き、その下に1段の連続三角文を引く。玄門側は整った三角形であるのに対して、奥壁側は粗雑であり、玄門側と奥壁側で工人異なると推測される。その下の壁上段には円文9個が並ぶ。コンパス器具線刻した後にベタ塗りしており、奥壁側の4個は直径15センチメートル玄門側の5個は直径14.5センチメートルである(器具または工人違いか)。円文列の中央下(東壁中央部やや上)にはU字状文を置き、舟や弓とする説があるが実体不明下段には、奥壁側から字形図文2個・鐙形図文2個を置き、東壁同様に線刻彩色併用して描かれる玄門 上の楣石は、全面ベンガラを塗る。楣石支え柱石は、外側ベンガラを塗るが内側白土のみを塗る。下の柱石間の石も、外側ベンガラを塗るが内側には塗っていない。また楣石柱石には、閉塞石をはめるための枘状の刳り込みがあり、この部分連続三角文を引く。閉塞石をはめると見えない部分であるが、同様に囲形埴輪の垣・塀にも入り口部分にのみ連続三角形表現認められることから、魔除けの意味づけを指摘する説が挙げられる赤堀茶臼山古墳群馬県囲形埴輪 宝塚1号墳(三重県囲形埴輪 巣山古墳奈良県囲形埴輪

※この「壁画」の解説は、「虎塚古墳」の解説の一部です。
「壁画」を含む「虎塚古墳」の記事については、「虎塚古墳」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「壁画」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「壁画」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



壁画と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「壁画」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



壁画のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの壁画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの三兄弟の地下墓 (改訂履歴)、ワット・プーミン (改訂履歴)、チャリング・クロス駅 (ロンドン地下鉄) (改訂履歴)、王塚古墳 (改訂履歴)、ベニハッサン村 (改訂履歴)、タルノヴォ美術学校の絵画 (改訂履歴)、五郎山古墳 (改訂履歴)、ヨルダン川西岸地区の分離壁 (改訂履歴)、ATORON Creative Entertainment (改訂履歴)、聖アンネン教会 (ダーレム) (改訂履歴)、ネブラスカ州会議事堂 (改訂履歴)、宇佐美圭司 (改訂履歴)、エドヴァルド・ムンク (改訂履歴)、火の鳥 鳳凰編 我王の冒険 (改訂履歴)、聖霊病院 (リューベック) (改訂履歴)、虎塚古墳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS