グラフィティとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > グラフィティの意味・解説 

グラフィティ【graffiti】

読み方:ぐらふぃてぃ

落書き。本来は考古学用語で、壁などに刻まれ古代絵画文字


Graffiti

読み方:グラフィティ

Graffitiとは、携帯情報端末PDA)の代表的存在である「Palm」に採用されている、手書き文字認識するための技術のことである。

Graffitiでは、英数字に対してあらかじめ独自の筆順定められており、筆順にしたがってタッチパネルの上入力することによって高い識字率文字入力を行うことができるようになっている英字数字中には混同しやすい文字存在するため(例え「i」と「1」など)、英字数字それぞれ画面上の異な範囲において入力されるようになっている

Graffitiは、Palm OS発表され1990年代当初処理能力でも文字認識精度高くさせるための手法として開発された。Graffitiによる入力には多少慣れ要するが、慣れると入力効率飛躍的に高まるといわれている。2003年には入力法がより自然な書き方に近づいた改良バージョンリリースされている。なお、日本語入力能文字の多さの関係でGraffitiに対応されていない


参照リンク
Ways to Enter Data into a Palm Device - (英文
モバイル端末のほかの用語一覧
BlackBerry:  BlackBerry PlayBook
PDA:  CLIE  EPOC  Graffiti  パームサイズPC  ハンドヘルドPC  ペルソナ

グラフィティ

作者フリオ・コルタサル

収載図書愛しのグレンダ
出版社岩波書店
刊行年月2008.1


グラフィティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/26 03:48 UTC 版)

グラフィティ (graffiti) は、美術のアートスタイルに使われる。また、エアロゾールアート (aerosol art) ともいい、デザインされた自分の名前を、スプレーフェルトペンなどを使い、などに描くという行為、およびその文化形態の総称である[1]。グラフィティを描く者のことを、ライター (writer) やペインター (painter) という。日本ではグラフィティを落書きscribble)と言い表すこともある[2][3][4]




「グラフィティ」の続きの解説一覧

グラフィティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 06:10 UTC 版)

ジェットセットラジオ」の記事における「グラフィティ」の解説

ゲーム中で使うグラフィティを選択するモード。グラフィティはゲーム中で入手する他、オリジナルグラフィティを作成するともできるまた、ドリームキャスト版ではメモリーカード保存されているJPEG形式画像使用可能。メモリーカードJPEG形式画像保存するには、『ドリームパスポート』などでインターネット接続しウェブサイトなどから画像保存する必要があるまた、PlayStation VitaiOSAndroid版では搭載カメラ撮影した画像をグラフィティとして使うことができる。

※この「グラフィティ」の解説は、「ジェットセットラジオ」の解説の一部です。
「グラフィティ」を含む「ジェットセットラジオ」の記事については、「ジェットセットラジオ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「グラフィティ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「グラフィティ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グラフィティ」の関連用語

グラフィティのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グラフィティのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリGraffitiの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグラフィティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジェットセットラジオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS