処理能力とは? わかりやすく解説

処理能力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 16:14 UTC 版)

シミュレーション仮説」の記事における「処理能力」の解説

コンピュータシミュレーション能力は、それを実行するコンピュータ能力制限されており、非常に微細なレベル原子下のレベル)では完全な計算が行われていないではないかという考え方もある。これは、素粒子物理学得られる情報正確度の上限として現れる可能性がある。 しかし、この主張では正確度判定シミュレーション内で作られたコンピュータ上で行うことになる。従って、我々がシミュレーションの中にいるなら、コンピュータ性質見誤る可能性がある。 この考え方一歩進めると、我々は物理的限界あるため原子レベル下の構造直接見ることはできず、単にシミュレートしているに過ぎないとも言える。つまり、我々は顕微鏡コンピュータといった機器正確性信頼して原子下のレベル観測している。これらがいずれもシミュレートされた世界中にある物なら現実世界生成するのに要する計算能力大幅に削減可能となる

※この「処理能力」の解説は、「シミュレーション仮説」の解説の一部です。
「処理能力」を含む「シミュレーション仮説」の記事については、「シミュレーション仮説」の概要を参照ください。


処理能力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 14:57 UTC 版)

コンテンツ権利保護専用方式」の記事における「処理能力」の解説

B-CASカード同時に2サービスを処理可能である後発品無料放送のみ4サービス同時処理が可能だが、規格化されていない)。地上RMP方式ソフトウエア処理するので、プロセッサの処理能力に応じて幾つでもサービス同時処理できる。これは、搭載可能なチューナーユニット数の制限緩和意味する

※この「処理能力」の解説は、「コンテンツ権利保護専用方式」の解説の一部です。
「処理能力」を含む「コンテンツ権利保護専用方式」の記事については、「コンテンツ権利保護専用方式」の概要を参照ください。


処理能力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/18 14:12 UTC 版)

三木市クリーンセンター」の記事における「処理能力」の解説

1日に30klで、約91700人の人口分の理に対応可能である。

※この「処理能力」の解説は、「三木市クリーンセンター」の解説の一部です。
「処理能力」を含む「三木市クリーンセンター」の記事については、「三木市クリーンセンター」の概要を参照ください。


処理能力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 00:26 UTC 版)

バイオトイレ」の記事における「処理能力」の解説

限られた処理の中で発酵分解できる量が微量あるため連続して能力以上使用する分解しきれない汚泥溜まって悪臭発生し菌床交換せざるをえない状態になる。年に何回かとはいえ、それは人力で行うしかない大変な負担であり、ベタベタした状態でコンポスト使用は、環境衛生上から問題になるまた、災害時イベントなど1日使用限度を超え使用続けると、汲み取りが必要となる。

※この「処理能力」の解説は、「バイオトイレ」の解説の一部です。
「処理能力」を含む「バイオトイレ」の記事については、「バイオトイレ」の概要を参照ください。


処理能力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 06:12 UTC 版)

画像圧縮」の記事における「処理能力」の解説

圧縮アルゴリズムは、エンコードデコード異なる量の処理能力を必要とする一部高圧アルゴリズムは、高い処理能力を必要とする

※この「処理能力」の解説は、「画像圧縮」の解説の一部です。
「処理能力」を含む「画像圧縮」の記事については、「画像圧縮」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「処理能力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「処理能力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

処理能力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



処理能力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシミュレーション仮説 (改訂履歴)、コンテンツ権利保護専用方式 (改訂履歴)、三木市クリーンセンター (改訂履歴)、バイオトイレ (改訂履歴)、画像圧縮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS