正確性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 人口統計学辞書 > 正確性の意味・解説 

正確性

人口統計の正確性 1は、他の要因もあるが、単位となる個人集団、または事象計数値完全性 2依存することが考えられる脱落 3調査漏れ 3は、過少推計 4もたらしやすい。一方重複調査 5は、過大推計 6招きやすい。誤りもう一つ原因の中には年齢のような属性申告ミス 7分類ミス 8含まれるこのような不正確性は、時には事後調査検証 9人口学的内部検証 10によって発見されることもある。時にはある種質問回答されなかったり不十分に回答されたりすることもありその場無回答 11不詳 11または不明 11の項目に該当する数字大きくなって、かなり不正確な統計情報となることがある


正確性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 02:44 UTC 版)

報道倫理」の記事における「正確性」の解説

新聞や雑誌を読む、テレビラジオニュース視聴する人たちは、それが真実で正確であることを前提にして視聴しているので、誤った報道の罪は大きい。速報性を重視するジャーナリズムの場合、与えられた時間内で可能な限り確かな情報源に基づ正確な情報提供することが期待されている。ただ、取材対象誤解や嘘に基づいた内容証言している可能性排除できず、また、ニュース説明するスペースもごく限られているため、ニュース絶対的に正確かつ真実であることは極めて困難である。しかし、報道による人権侵害でも、重大で深刻な人権侵害正確さ欠いた報道から起こる。また、報道への信頼報道活動にとって基本的な存在価値である。日本新聞協会審査委員後藤文康は、「訂正などきちんとした事後処理なければ誤報への責任感生まれないし、誤報痛み感じない」として、当事者にとって重大な事実の誤りは、速やかに訂正されるべきだとしている。誤報による重大な人権侵害起こった場合検証記事掲載されることもある。 また、いかなるニュース記事誇張したり、過激な言葉劇的な写真使ってセンセーショナルに扱われてはならない暴力を含む場合子供悪影響を与える可能性あるため慎重な取り扱い必要とされる誤報 詳細は「誤報を参照 事実と異なる報道である「誤報」は、してはならない誤報を防ぐために、報道機関は、名数表記確認のほか、提供され情報真偽複数情報源照合して確認するなどしている。誤報出てしまった場合、「訂正」「おわび」の報道行っているメディア誤報要因について、元BPO理事長清水英夫は、伝え手の1,傲慢さ、2,不勉強、3,思い込み、4,過剰な視聴者サービス、5,過剰な自己規制にあるとしている。 虚偽報道捏造 詳細は「虚偽報道を参照誤報」が取材粗さ確認不足に基づくのに対し、「虚偽報道」(虚報とも)は報道機関記者自身ありもしない情報でっち上げることである。誤報同様、してはならないニセ電話死亡記事閉店広告掲載した海外エイプリルフール用の作り話記事真実誤認して報じるなど、情報提供者作り話乗せられる場合もある。著名な虚偽報道である「ジミーの世界」事件のプレスオンブズマン調査報告書は、虚偽報道原因について筆者功名心があったこととともに上司チェック不十分だったことを指摘している。厳し内容の本報告書事件後、素早く5ページにわたり掲載したワシントン・ポスト信頼低下をかなり避けられた、と評されている。 盗作 詳細は「盗作を参照 他人記事を盗む「盗作」は、他人仕事自分の仕事のように見せかける不公正な行為で、してはならない元の記事著作権保持されている場合違法でもある。先行記事がある報道をする場合は、自ら再取材して独自の視点書き直せば、盗作ではなくなる。インターネット発達した現在では、自ら取材せず、インターネット上記事情報を、盗用するケース問題になっている。

※この「正確性」の解説は、「報道倫理」の解説の一部です。
「正確性」を含む「報道倫理」の記事については、「報道倫理」の概要を参照ください。


正確性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/03 10:02 UTC 版)

並行性制御」の記事における「正確性」の解説

直列化可能性 正確性を維持するため、並行性制御機構多く直列化可能性備えたスケジュール生成する直列化可能性独立性の最も高いレベルである。直列化可能性は、性能向上のため(例えば、スナップショット分離英語版))高度に分散されシステムでの可用性上のために緩和されることもあるが(結果整合性を参照)、それはその用途での正確さ緩和によって影響を受けない場合のみである(金融関係トランザクションでは直列化可能性緩和できない)。 回復可能性 (recoverability) 回復可能性とは、中断されトランザクション生じた場合正確さ維持するスケジュール属性である。回復可能性がある場合中断されトランザクション更新したデータコミットされたトランザクション読み込んでいるということ発生しない

※この「正確性」の解説は、「並行性制御」の解説の一部です。
「正確性」を含む「並行性制御」の記事については、「並行性制御」の概要を参照ください。


正確性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 23:47 UTC 版)

世論調査」の記事における「正確性」の解説

ここで言う「正確性」とは、「統計学的な意味での世論調査の正確性」という意味であって、「世論調査信ぴょう性云々」という話ではない。まず高校数学の「統計」の範囲理解していることが望ましい。「誤差」と「バイアス」を混同しないように注意上記のように、世論調査統計学的な理論に基づいてなるべく厳密に行われており、その正確性は統計学的に担保されている標本調査全数調査でない以上、「誤差」は統計学的に避けられないが、標本誤差範囲統計学的に保証されているからこそ日本国内閣府)は世論調査行っている

※この「正確性」の解説は、「世論調査」の解説の一部です。
「正確性」を含む「世論調査」の記事については、「世論調査」の概要を参照ください。


正確性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 15:34 UTC 版)

知能指数」の記事における「正確性」の解説

言語障害者、非識字者帰国子女などの場合は言語面に重点置いた検査著しく低い数値がでる場合が多い。このためそういった被験者対象とする場合は、非言語式(ノンバーバル式、B式)の知能検査用いなければならない。 特に年少児や発達障害児の場合は知能検査時の体調感情的状態によって、IQかなりの程度上下すると言われている。 詳細は「心理検査#信頼関係を参照

※この「正確性」の解説は、「知能指数」の解説の一部です。
「正確性」を含む「知能指数」の記事については、「知能指数」の概要を参照ください。


正確性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 08:57 UTC 版)

最南端ブイ」の記事における「正確性」の解説

詳細は「アメリカ合衆国の極地#南端を参照 実際には、このブイよりも南に一般人立ち入り可能なエリア存在する。それは、北緯2432分42.2秒 西経8148分34.5秒 / 北緯24.545056度 西経81.809583度 / 24.545056; -81.809583にあるフォート・ザカリー・テイラー州立歴史公園英語版)のビーチエリアで、ブイよりも約150メートル南にある。さらに南となる、ブイ西南西にあるトルーマン・アネックス(英語版)の敷地内に、島の真の最南端北緯2432分39.2秒 西経8148分17.8秒 / 北緯24.544222度 西経81.804944度 / 24.544222; -81.804944)があるが、ここはアメリカ海軍基地敷地内であり、一般人立ち入ることができないため、特に標識の類はない。大陸から地続きになっていない場所まで含めると、キーウェスト南西10マイル位置にあるバラストキー英語版)(北緯2431分15.9秒 西経8157分49.5秒 / 北緯24.521083度 西経81.963750度 / 24.521083; -81.963750)が最南端となる。 ブイ書かれているキューバまで90マイル」は正確な数字ではなく実際にはキューバ一番近い陸地まででも94マイルある。ある本の著者は、キーウェストからキューバハバナまでの90海里ノーティカルマイル)のことを言っているのではないかとしている。

※この「正確性」の解説は、「最南端ブイ」の解説の一部です。
「正確性」を含む「最南端ブイ」の記事については、「最南端ブイ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「正確性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「正確性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「正確性」の関連用語

正確性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



正確性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの報道倫理 (改訂履歴)、並行性制御 (改訂履歴)、世論調査 (改訂履歴)、知能指数 (改訂履歴)、最南端ブイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS