記憶力とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 記憶力の意味・解説 

きおく‐りょく【記憶力】


記憶力

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

記憶

(記憶力 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 20:56 UTC 版)

記憶(きおく)とは、


  1. ^ a b c d e f 広辞苑第五版 p.626
  2. ^ 榎本博明『記憶の整理術』PHP研究所 2011年 ISBN 978-4569796680。85頁、91頁
  3. ^ a b 子安増生・田中俊也・南風原朝和・伊東裕司 1992 ベーシック現代心理学6 教育心理学 新版 有斐閣
  4. ^ 太田信夫(編)2006 記憶の心理学と現代社会 有斐閣
  5. ^ Forgetfulness — 7 types of normal memory problems - Harvard Health Publishing” (英語). Harvard Health (2012年4月3日). 2021年12月8日閲覧。
  6. ^ a b c 箱田裕司・都築誉史・川畑秀明・萩原滋 2010 認知心理学 有斐閣
  7. ^ Publishing, Harvard Health. “Can you boost your memory by walking backward?”. Harvard Health. 2021年3月9日閲覧。
  8. ^ 自伝的記憶(2012年5月19日時点のアーカイブ) 自伝的記憶テスト
  9. ^ 忘却がもたらす驚くべき効果-軽微な忘却は、運動指令を最適化することを理論的に証明-東京大学大学院教育学研究科2012年7月13日閲覧
  10. ^ Uncommon Sense Teaching: Part 2, Building Community and Habits of Learning” (日本語). Coursera. 2022年6月6日閲覧。



記憶力 (Enhanced Memory)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 10:11 UTC 版)

HEROESの登場人物」の記事における「記憶力 (Enhanced Memory)」の解説

一度見たり聞いたりしたもの完全に覚える。本人による表現は「歩くウィキペディア」。

※この「記憶力 (Enhanced Memory)」の解説は、「HEROESの登場人物」の解説の一部です。
「記憶力 (Enhanced Memory)」を含む「HEROESの登場人物」の記事については、「HEROESの登場人物」の概要を参照ください。


記憶力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 07:20 UTC 版)

長・短期記憶」の記事における「記憶力」の解説

単純RNN比較してより長い系列情報保持する能力を持つ。一方長期記憶を評価するCopyingタスクでは系列200上で学習失敗することが知られている

※この「記憶力」の解説は、「長・短期記憶」の解説の一部です。
「記憶力」を含む「長・短期記憶」の記事については、「長・短期記憶」の概要を参照ください。


記憶力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 21:03 UTC 版)

南方熊楠」の記事における「記憶力」の解説

子供の頃から、驚異的な記憶力を持つ神童だった。また常軌を逸した読書家でもあり、蔵書家家で100を超える本を見せてもらい、それを家に帰って記憶から書写するという卓抜した能力をもっていた。この伝説については、一部分丸暗記して筆写した可能性はあるが、105巻すべてをそのまま記憶して筆写したというのは虚構である。むしろ本を借りてきて写し書くことによって内容隅から隅まで記憶していったというのが正確だろう。 熊自身の記憶法については土宜法龍真言宗僧侶)に書簡述べている。それを簡単にまとめると以下のうになる自分の理解したことを並べて分類する分類したまとまり互いに関連させ連想ネットワーク作る。 それらを繰り返す。 日本の雑誌論考発表するようになってからも、必要なデータがどの本のどのページにあるか記憶していて、いきなりそのページをぱっとあけたり原稿を書くときも、覚えていることを頭の中で組み立ててすらすらと書いていった。 蔵の中出たり入ったりしていてどこに何ページということはちゃんと覚えていた。よく「何ページにあるとおもったらやっぱりあった」と言って喜んでいた。 田辺在住知人野口太郎は熊会話した際、“某氏”の話が出た。熊即座に「ああ、あれは富里平瀬出身で、先祖先祖にはこんなことがあり、こんなことをしていた」ということ話した野口は「他処系図履歴などを知っていたのは全く不思議だった」と述べている。 元田辺署の署長をした小川周吉が巡査部長をしていた頃、南方を色々調べたことがあった。その後、熊一緒に飲んだが、他へ転任し20年ど経って今度署長として田辺着任した時、挨拶行ったところ熊小川の名前を覚えていたどころか、飲んだ席にいた芸者の名前や原籍まで覚えていて話したという。旧制中学入学前に『和漢三才図会』『本草綱目』『諸国名所図会』『大和本草『太平記』書き写した筆写魔(ただし『和漢三才図会』のみは筆写完了旧制中学在学中)であり、また、旧制中学在学中には漢訳大蔵経読破しといわれるが、研究進展した現在、伝記著した唐澤太輔は、南方が『華厳経そのもの読んでいた形跡がないことを指摘しており、また友人土宜法龍は「仏教有名な寓話譬喩)を無理やり持ち出してきているだけで、教理をしっかり押さえていない(大意)」と批判指摘している 。 さすがの熊老化には勝てず、晩年は記憶力低下に対して様々な策を講じていた。本の内容即座に検索できる索引作成自身の発表していた和文論文利用。さらにどうしても思い出せないときは知人手紙宛てて文献出典など聞いていた。夜中離れ書斎独り言言っていた。夜通し喋っており「このぐらいのことがおぼえられませんかね、バカやろう」「南方先生バカだから」と言っていた。晩年さすがに覚えていても忘れて、それを涙をこぼして歯がゆがった。「どうしてこんなことになったのかな」といった。

※この「記憶力」の解説は、「南方熊楠」の解説の一部です。
「記憶力」を含む「南方熊楠」の記事については、「南方熊楠」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「記憶力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

記憶力

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 11:34 UTC 版)

名詞

記憶 きおくりょく

  1. 記憶する能力

「記憶力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

記憶力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



記憶力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの記憶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのHEROESの登場人物 (改訂履歴)、長・短期記憶 (改訂履歴)、南方熊楠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの記憶力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS