完全性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 完全性の意味・解説 

完全性

読み方:かんぜんせい

名詞「完全」に、接尾辞「性」がついたもの
日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

完全性


完全性

人口統計正確性 1は、他の要因もあるが、単位となる個人集団、または事象計数値の完全性 2依存することが考えられる脱落 3調査漏れ 3は、過少推計 4もたらしやすい。一方重複調査 5は、過大推計 6招きやすい。誤りもう一つ原因の中には年齢のような属性申告ミス 7分類ミス 8含まれるこのような不正確性は、時には事後調査検証 9人口学的内部検証 10によって発見されることもある。時にはある種質問回答されなかったり不十分に回答されたりすることもありその場無回答 11不詳 11または不明 11の項目に該当する数字大きくなって、かなり不正確な統計情報となることがある


完全性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/29 17:25 UTC 版)

数理論理学には完全性(かんぜんせい、: completeness)と呼ばれる関連するが異なる二つの概念がある。




「完全性」の続きの解説一覧

完全性(Completeness)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 06:20 UTC 版)

ソフトウェア品質」の記事における「完全性(Completeness)」の解説

製品単独で機能できること、その機能目的に対して十分であることを意味する例えば、外部ライブラリ必要とするなら、少なくともそのライブラリ入手方法付属文書などで示さなければならないし、バージョンなどの必要な情報も示す必要がある

※この「完全性(Completeness)」の解説は、「ソフトウェア品質」の解説の一部です。
「完全性(Completeness)」を含む「ソフトウェア品質」の記事については、「ソフトウェア品質」の概要を参照ください。


完全性 (total)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 03:31 UTC 版)

二項関係」の記事における「完全性 (total)」の解説

X の任意の二元 x, y について、x R y または y R x の一方あるいは両方が必ず満足されるとき、R は完全であるという。

※この「完全性 (total)」の解説は、「二項関係」の解説の一部です。
「完全性 (total)」を含む「二項関係」の記事については、「二項関係」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「完全性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「完全性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「完全性」の関連用語

完全性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



完全性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
JMCJMC
2023 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシー情報セキュリティ用語集
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの完全性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのソフトウェア品質 (改訂履歴)、二項関係 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS