賞賛とは? わかりやすく解説

しょう‐さん〔シヨウ‐|シヤウ‐〕【称賛/称×讃/賞賛/賞×讃】

読み方:しょうさん

[名](スル)褒めたたえること。「—の的(まと)」「—すべき行為


賞賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 04:46 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「賞賛」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「賞賛」を含むページの一覧/「賞賛」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「賞賛」が役に立つかも知れません。


賞賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/19 14:46 UTC 版)

システィーナ礼拝堂壁画修復」の記事における「賞賛」の解説

主祭壇画背面フレスコ壁画『最後の審判』修復前の状態修復後の『最後の審判』修復作業順次終了していくたびローマ教皇ヨハネ・パウロ2世長い演説行った1999年12月壁面フレスコ画修復終了しすべての修復作業完了したときには次のように演説している。 システィーナ礼拝堂以上に雄弁に聖書世界視覚化しているものを見出すことは難しい。光輝満ちた絵画よみがえらせてくれた修復作業感謝したいこれらの絵画作品鑑賞することは世界中人々等しく喜びとするだろう。このうえない名作絵画というだけでなく、キリスト教徒日々の生活の糧という役割をも果たしている。 — ヨハネ・パウロ2世 当時ヴァチカン市国行政庁長官のエドムンド・カシミール・ショーカ枢機卿 (en:Edmund Szoka) は「この修復作業作業当たった熟練した専門家たちが、制作当時のままにこれらの絵画作品鑑賞する機会を我々にもたらしてくれた」と語っている。 ヴァチカン美術館館長務めたカルロ・ピエトランジェリは「暗い部屋の窓を開いたとたんに、光があふれ出した」と一連の修復作業評している。この記述ヴァザーリの『画家・彫刻家・建築家列伝』の一節思い起こさせる。 ほかの作品とは比べ物にならない……。この天井画はまさに芸術導き手であり、あらゆる画家にとって計り知れない恩恵与えてくれる。何世紀にもわたって暗闇沈んでいた世界に再び光をもたらしてくれた絵画だ。 — ジョルジョ・ヴァザーリ ピエトランジェリは、天井画全体修復先立つルネット部分修復終わったときに出版された自著システィーナ礼拝堂』の序文ルネット修復作業について記している勇気を持って修復作業開始した人々を賞賛し、修復作業中に礼拝堂訪れて価値ある助言をした経験豊富な専門家だけでなく、修復作業自体批判的だった人々にも感謝の念示している。さらにピエトランジェリは、批判的な人々存在修復作業詳細な記録を残すことにつながったとし、このような記録修復作業評価となり、修復前後の状態に興味をもつ人々一助になるだろうとしている。 キュレータのファブリツィオ・マンチネッリは、18世紀フランス人天文学者ジェローム・ラランドシスティーナ礼拝堂見学したときの手記を紹介している。ラランドの手記には、当時システィーナ礼拝堂天井画色合いモノトーンのようで「くすんだ赤色灰色に見えるとなっていた。マンチネッリ修復作業によって色彩感覚あふれる「新たなミケランジェロ」が発見されたとして、「美術史上の彼(ミケランジェロ)の地位をさらに高め新たな特性」だと記している。さらにマンチネッリは、システィーナ礼拝堂天井画鑑賞する感受性豊かな人々であればそれまで天井画とは全く異な色彩見せつけていることが分かるろうとしている

※この「賞賛」の解説は、「システィーナ礼拝堂壁画修復」の解説の一部です。
「賞賛」を含む「システィーナ礼拝堂壁画修復」の記事については、「システィーナ礼拝堂壁画修復」の概要を参照ください。


賞賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/29 02:06 UTC 版)

ガスランド」の記事における「賞賛」の解説

雑誌バラエティ』のロバート・ケーラーは、「近年において最も効果的かつ表現力のある環境映画1つである。(中略)『沈黙の春』で描かれDDTのように、天然ガス掘削孕む危険性まざまざと示していると言及。また、『インディーワイア』誌のエリック・コーンは、「フォックス個人的な出来事から重大な環境問題深く掘り下げており、『ガスランド』を国民的な関心事注目すべき日記変えた」としている。 作家ジョン=ローレント・トロンチェは「フォートワース・ビジネスプレス」紙上で、「汚く破壊的な事業つまりはシェールガス開発脚光当てた同種のドキュメント増え続けている事に言及。「原油ガス産業関係者は、こうした映画過激なプロパガンダという烙印押したがるが、地元活動家成長産業批判的な目を向けている」としている。

※この「賞賛」の解説は、「ガスランド」の解説の一部です。
「賞賛」を含む「ガスランド」の記事については、「ガスランド」の概要を参照ください。


賞賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/05 16:19 UTC 版)

バッド・ジーニアス 危険な天才たち」の記事における「賞賛」の解説

頭脳ゲームはニューヨーク・アジアン映画祭the Best Feature award受賞し主演女優チュティモン もこの映画で同映画祭Screen International Rising Star Asia award受賞している。 審査員であるKristina Wintersはこの映画について"バッド・ジーニアス泥棒映画を金を盗むものから学位を盗むものに再描画し、商業映画まだまだ革新的であることを証明し、我々がなぜ映画愛するのかを思い出させた。複雑なプロット情け容赦のないペース疾走する編集、そして力強演技によって、映画はテストシーンをエキサイティングに、そして我々を魅了させた。"と語った

※この「賞賛」の解説は、「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」の解説の一部です。
「賞賛」を含む「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」の記事については、「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」の概要を参照ください。


賞賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/12 09:51 UTC 版)

マオ 誰も知らなかった毛沢東」の記事における「賞賛」の解説

サイモン・セバーグ・モンテフィオーリタイムズ品格所業そして犠牲者の数において最も忌々しい20世紀専制君主描いたとしてチアンハリデイ業績として本を誉め称えた。これは中国赤い皇帝であった最大の怪物に関する初めての濃密で政治的な伝記である。 ニューヨーク・タイムズにおいてニコラス・クリストフはこの本を「権威ある」(後の研究寄与する)ものとして認めたクリストフは、現在まで書かれいずれの作品よりも毛沢東が「破滅的な統治者であったことを証明していると述べている。彼の言葉によれば毛沢東の「冷酷さ」は「この驚異的な本に見事に納められている」。 グウィン・ダイアーは本が毛沢東犯罪失敗容赦せず、先例のない詳しさで描いていることを称賛し最終的にアレクサンドル・ソルジェニーツィンの『収容所群島』がソビエト連邦内に与えた影響と同様のものを中国国内与えると信じている述べたロンドン・スクール・オブ・エコノミクス国際関係学部教授であるマイケル・ヤフダも英国ガーディアン支持表した彼はマオ嵐のような人生ほとんどすべてエピソードに関する新しくて網羅的な見識」をもたらす素晴らしい本」であり、「素晴らし仕事」と表したカリフォルニア大学のリチャード・ボーム教授は「この本は毛沢東中国共産党成長を示すためにこれまでの中で最も完璧に調査され総合的な研究がまとめられたもので大変重く受取らねばならない。」と述べている。「毛沢東支配下中国史全て求めるには不十分で微妙な部分解説できる足場でもない」にもかかわらずボームはなおも「この本は現代の中国史のあり方永久に変える可能性が大変高い」と信じた。 スチュアート・シュラムは、『マオ――誰も知らなかった毛沢東』の特定の面を批判しながらもチアンハリデイの本は「毛沢東歴史上の彼の立場私たち理解する為に価値ある貢献」だったとThe China Quarterly において主張した当時プリンストン大学現代中国文学教授であったペリー・リンクは週刊文学評論The Times Literary Supplement で本を称賛し、この本が西側持ちうる影響強調した知られていない毛沢東素顔明らかにようとしたチアンハリデイ熱意のある部分は、単純でだまされやすい西側人々はっきりと向けられている。数十年にわたり西側知的で政治的なエリートたちは毛沢東彼の後継者中国人とその文化象徴するものであり、その統治する者たちに対して敬意を示すことがその統治の下にある者に敬意を示すことと同じである思い込んでいたユン・チアンジョンハリデイ本を読む者は誰でもこの特別な思い込みに対して免疫性を持つであろう。もし、この本の売上げワイルド・スワンの1,200万部半分にでも達するなら、恥ずかしく且つ危険な西側考え方終焉もたらし得る。

※この「賞賛」の解説は、「マオ 誰も知らなかった毛沢東」の解説の一部です。
「賞賛」を含む「マオ 誰も知らなかった毛沢東」の記事については、「マオ 誰も知らなかった毛沢東」の概要を参照ください。


賞賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 22:20 UTC 版)

暗黒大陸中国の真実」の記事における「賞賛」の解説

E. フランシス・ブラウンは、『カレント・ヒストリー』に、中国国内状況についての包括的率直な議論評価している。この本は中国に対して非常に否定的な立場取っているが、ブラウンは「この非常に友好的でないことが、近年書かれてきた多くのことに対する歓迎すべき解毒剤となっており、その結論いくつかは、アメリカ極東政策形成する人々がよく熟考することになるかもしれない」と論じている。『クリスチャン・サイエンス・モニター』のウィリス・J・アボットは、特に中国人社会生活習慣に関するタウンゼント研究高く評価し、「中国数週間滞在したことのある有能な観察者であれば誰でも、この本に書かれていることの多く裏付けるだろう」と主張した彼の賞賛は、『イングリッシュ・レビュー』のダグラス・ジェラルドにも同調され、彼はこの作品を「輝かしく率直なもの」と評価している。

※この「賞賛」の解説は、「暗黒大陸中国の真実」の解説の一部です。
「賞賛」を含む「暗黒大陸中国の真実」の記事については、「暗黒大陸中国の真実」の概要を参照ください。


賞賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:58 UTC 版)

黒子のバスケ」の記事における「賞賛」の解説

冨樫義博本作登場する人物キャラクターストーリー構成高く評価している。 荒木飛呂彦単行本4巻帯の応援コメントで「『強い』生き方とは 目立たない黒子! その思想性! 『深い』!!」と述べた

※この「賞賛」の解説は、「黒子のバスケ」の解説の一部です。
「賞賛」を含む「黒子のバスケ」の記事については、「黒子のバスケ」の概要を参照ください。


賞賛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 14:26 UTC 版)

ダニエル・J・キャラハン」の記事における「賞賛」の解説

名誉勲章外では、やはり第三次ソロモン海戦戦功により海軍殊勲章英語版)が授けられた。フレッチャー級駆逐艦の一艦であるキャラハン (USS Callaghan, DD-792) およびキッド級ミサイル駆逐艦2番キャラハン (USS Callaghan, DD-994/DDG-994) はキャラハン記念して命名されたが、前者1945年7月29日朝方神風特攻隊攻撃を受けて沈没し神風攻撃沈没した最後の艦艇となった何たる然か沈みゆくキャラハン救助作業あたった艦艇のうちの一隻は、キャラハンとともに戦死したヤング記念して命名されカッシン・ヤング (USS Cassin Young, DD-793) であったキャラハンはマニラ・アメリカ軍記墓地英語版)の行方不明者の碑に名を連ねている。ロードアイランド州ニューポートにある将校研修部用のキャラハン・ホールは、キャラハン栄誉たたえて命名された。カリフォルニア州ヴァレーホにある通り「アドミラル・キャラハン・レーン」もキャラハンにちなん命名されたものであり、ゴールデン・ゲート国立保養地一角ランズエンド英語版)にあるサンフランシスコ記念碑には、キャラハンはともに戦死したサンフランシスコ乗組員とともに名前が刻まれている。

※この「賞賛」の解説は、「ダニエル・J・キャラハン」の解説の一部です。
「賞賛」を含む「ダニエル・J・キャラハン」の記事については、「ダニエル・J・キャラハン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「賞賛」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

賞賛

出典:『Wiktionary』 (2021/12/18 12:33 UTC 版)

異表記・別形

名詞

(しょうさん)

  1. 褒め讃えること。

動詞

活用


「賞賛」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

賞賛のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



賞賛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの賞賛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシスティーナ礼拝堂壁画修復 (改訂履歴)、ガスランド (改訂履歴)、バッド・ジーニアス 危険な天才たち (改訂履歴)、マオ 誰も知らなかった毛沢東 (改訂履歴)、暗黒大陸中国の真実 (改訂履歴)、黒子のバスケ (改訂履歴)、ダニエル・J・キャラハン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの賞賛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS