日々の生活とは? わかりやすく解説

日々の生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 08:58 UTC 版)

木谷道場」の記事における「日々の生活」の解説

勉強早碁一番手直り一局負けると置き石増え、勝つと置き石が減る方式)で、一か月三百局以上打っていて各自成績ノート持ち木谷先生前へ持参し見ていた。入段試験最中は、一人ずつ先生の待つ応接室入り時間長ければ好局短ければ不出来目安になっていた。木谷先生打てるのは、入門時一局独立祝い一局の計二局だった。また「初対面相手には負けてはいけない」と言われていた。 基本的に内弟子の数に対して碁盤足りていないという事情があり、皆前日夜に布団へ入るとき碁盤抱えるようにして寝ていて、朝起きたらその碁盤勉強した。朝の日課として起きたらまず碁を一局並べ、それからラジオ体操朝食、もう一局並べてから学校へ行くという流れになっていた。 午前6時起床棋譜並べ7時ラジオ体操7時朝食8時学校午後3時帰宅、おやつ、ソフトボール5時夕食あとかたづけ6時9時対局検討10時就寝 弟子たち先生囲み自分打った碁を並べるが基本的に先生は何も言わずただ一局の中で何回か「ん?」という声を発するだけであった並べている当人としては「あ、ここが大事なところだったのだ」ということ察知した木谷はあまり喋らたまにしか家におらずいても一人で黙々と碁を並べていて検討一言二言あればいいほうだった。弟子の碁を見ることはあったがだいたいは弟子同士切磋琢磨した。木谷はああしろ、こうしろとは言わず子供個性尊重した自分の考え押し付けず弟子とともに研究しようという姿勢だった。 日本棋院では毎週土曜日に「木谷会」が開催されていた。弟子同時に最大16人いて家族居候含めると30人上が同時に住まう状況もあった。 木谷は「私自身久保鈴木の両先生ほか、たくさんの師や先輩お世話になり、ことに鈴木先生のところでは、十年内弟子させていただいた。私が弟子面倒を見るのは、恩返しをする気持ちなのです」が口ぐせだったという。 一番弟子は武久勢士(現・地棋士七段 大正5年生)。新婚二年目24歳木谷内弟子として引き取った門下最後の内弟子園田泰隆である。 10ほどいた内弟子リーグ戦行っており毎月その成績昇級降級があった。 道場では毎週土曜日1時から6時に「土曜木谷会」というアマチュア参加できる碁会開いていた。 運動奨励されており、公園野球をやっていた。 梶原武雄師範時の研究会は「三栄会」(住んでいた町名から)と名付けられた。週に一度の三栄会はひとりひとり梶原九段前に出て自分の碁を並べ好評を受けるスタイルで、ひとつひとつの手理由がある聞かれていた。

※この「日々の生活」の解説は、「木谷道場」の解説の一部です。
「日々の生活」を含む「木谷道場」の記事については、「木谷道場」の概要を参照ください。


日々の生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 20:09 UTC 版)

大葉亀之進」の記事における「日々の生活」の解説

大葉家には、方々から「こけし」を買う客が訪れ息子の妻が山菜川魚などの手料理接客しとされる大葉亀之進子供恵まれ、子ども9人に孫17人、ひ孫13人おり、仙台古川生活する子供たちの家を訪れることもあったが、3日滞在するとこけし作り仕事気になって稲子帰ろうとした。晩年息子夫婦との3人生活だったが、正月には孫やひ孫大葉宅に集まって賑やかなひと時過ごすこともあった。亀之進は子供たち集まるのを12月から楽しみにしていたという。風呂沸かしは川や井戸ポンプくみ上げ生活した。家の敷地内には沢の流れ、そのイワナ飼育していた。飼っていたイワナ中には30年近く経った全長60-70センチ個体居た91になった1996年頃には町のデイサービス一時期利用したことがあったが、「おれは元気だデイサービスはまだ早いといってサービス利用断った曽祖父大葉安之進のことは高く評価しており、酒も煙草もしない偉い人であった語っている。亀之進も安之進を見習って35歳までは酒は飲まないようにしたが、稲子地区の区長をするようになって付き合いでの飲酒を始めてしまい、安之進に申し訳ない思っていた。 1999年(平成11年)7月9日96歳で死去亡くな前日までこけし作り続けた

※この「日々の生活」の解説は、「大葉亀之進」の解説の一部です。
「日々の生活」を含む「大葉亀之進」の記事については、「大葉亀之進」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「日々の生活」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

日々の生活のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日々の生活のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの木谷道場 (改訂履歴)、大葉亀之進 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS