研究会とは? わかりやすく解説

けんきゅう‐かい〔ケンキウクワイ〕【研究会】


研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 01:13 UTC 版)

研究会(けんきゅうかい)とは、学術芸術などある領域に関する有識者、関心を持つ者、あるいは企業大学生クラブ活動(サークル活動)などが組織を構成する集団のこと。




「研究会」の続きの解説一覧

研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/16 14:15 UTC 版)

日本アイルランド協会」の記事における「研究会」の解説

歴史研究会 - アイルランドの歴史経済・社会文化に関する研究発表研究動向報告著書・論文合評など。 文学研究会 - アイルランド文学研究発表講演書評など。 文化研究会 - アイルランドの音楽文化に関するトークや、アイルランド関連映画に関する歓談会。 アイルランド語研究会 - アイルランド語学習及び文化に関する検討

※この「研究会」の解説は、「日本アイルランド協会」の解説の一部です。
「研究会」を含む「日本アイルランド協会」の記事については、「日本アイルランド協会」の概要を参照ください。


研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 22:40 UTC 版)

学会」の記事における「研究会」の解説

詳細は「研究会」を参照 学会類似するものに研究会がある。研究会は学会に比べ規模小さく流動性大きいが自由度も高い。学会発表時間が厳しく制限されるが、研究会は発表時間・討論時間ともかなり自由であることが多い。学会はその存在公開しているが、小規模な研究会の中には、その存在公開せず少人数研究者自己研鑽の場としているものもある。一般に学会での成果発表の方が研究会よりも「業績」として高く評価される一方で大規模な研究会のなかには学会化するものもある。社団法人現代風俗研究会のごとく、「研究会」の名称のまま著名になり法人格得た例もある。

※この「研究会」の解説は、「学会」の解説の一部です。
「研究会」を含む「学会」の記事については、「学会」の概要を参照ください。


研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 15:00 UTC 版)

食戟のソーマ」の記事における「研究会」の解説

遠月学園多数存在するテーマごとに料理研究する部活動のような団体ちゃんこ鍋研究会、郷土料理研究会、丼物研究会、立ち食いそば研究会、串打ち研究会、中華料理研究会、ショコラ研究会、スペイン料理研究会、最先端研究会などがある。一定の成果出していない会は取り潰される。

※この「研究会」の解説は、「食戟のソーマ」の解説の一部です。
「研究会」を含む「食戟のソーマ」の記事については、「食戟のソーマ」の概要を参照ください。


研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/30 03:52 UTC 版)

日本金属学会」の記事における「研究会」の解説

先端領域学際的領域研究課題に対する研究促進する目的で研究会を設置して活動している。これまでに65の研究会が活動完了した2021年2月時点で11研究会が活動中であり、それぞれ年間1~4回の研究会を開催している。また、2018年度から若手対象とした研究会として、若手研究グループ設置して活動している。2021年2月時点で2研究会が活動中である。

※この「研究会」の解説は、「日本金属学会」の解説の一部です。
「研究会」を含む「日本金属学会」の記事については、「日本金属学会」の概要を参照ください。


研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:11 UTC 版)

将棋用語一覧」の記事における「研究会」の解説

複数人集まり特定の局面戦法検討を行うこと。

※この「研究会」の解説は、「将棋用語一覧」の解説の一部です。
「研究会」を含む「将棋用語一覧」の記事については、「将棋用語一覧」の概要を参照ください。


研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/08 15:11 UTC 版)

日本技術士会」の記事における「研究会」の解説

部会以外に各種研究会がある。研究会の案内は、会員にはネット案内見えるようにしている。 特定の部門の研究会でも、他の部門参加認めている場合がある

※この「研究会」の解説は、「日本技術士会」の解説の一部です。
「研究会」を含む「日本技術士会」の記事については、「日本技術士会」の概要を参照ください。


研究会


研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 08:33 UTC 版)

格子欠陥」の記事における「研究会」の解説

格子欠陥研究議論する研究会として、日本物理学会領域10格子欠陥ナノ構造分科主催する格子欠陥フォーラム毎年行われている。

※この「研究会」の解説は、「格子欠陥」の解説の一部です。
「研究会」を含む「格子欠陥」の記事については、「格子欠陥」の概要を参照ください。


研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 03:28 UTC 版)

三浦学苑高等学校」の記事における「研究会」の解説

研究会は、工業技術科独自な活動目的して設立され活動部活動とは別の組織。 現在は工業技術科の生徒中心にモノづくり興味のある普通科の生徒活動している

※この「研究会」の解説は、「三浦学苑高等学校」の解説の一部です。
「研究会」を含む「三浦学苑高等学校」の記事については、「三浦学苑高等学校」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「研究会」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「研究会」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



研究会と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

研究会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



研究会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの研究会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本アイルランド協会 (改訂履歴)、学会 (改訂履歴)、食戟のソーマ (改訂履歴)、日本金属学会 (改訂履歴)、将棋用語一覧 (改訂履歴)、日本技術士会 (改訂履歴)、北米神経科学学会 (改訂履歴)、格子欠陥 (改訂履歴)、三浦学苑高等学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS