温故知新とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > 出典別 > 論語 > 温故知新の意味・解説 

温故知新

読み方:おんこちしん

温故知新とは、過去にあったことをよく調べ学び、そうして得られ知見活かして新たな知識を得るということである。訓読では「ふるきをたずねてあたらしきをしる」と読まれる
温故知新は、「論語」の記述温故知新以為師矣」(故きを温ね新しき知ら以って師となるべし)に由来する。英語をはじめとする西欧言語には、直接に対応する決まった言い回しは特にない。英語なら、たとえば discover new things by studying the past のような言い方趣旨表現できる

温故知新の意味 

温故知新の「温」の字には「学習する」「復習する」という字義がある。「温故」の他に温習」といった言葉では「温」がこの字義で用いられている。「故」の字は、たとえば「故事」の故のと同様、「古い」「昔のという意味用いられている。

「温故知新」の出典である「論語」(の「為政」)では、孔子が「古くから伝わる教え大切にして、新し知識見解を得ることが大切であるそうすれば人に教えることができる師となることができる」といった趣旨のことを述べている。論語では、人に教え資格について「温故知新以為師矣」と説いているのである

「温故知新」を用いた例文
・温故知新の精神を大切することで、更なる発展へと繋が

温故知新

温故知新とは、温故知新の意味

温故知新とは、過去に合った事例調べたり経験を活かしたりして、新し知識見識を得るということ。「故き(ふる-き)を温ねて(たず-ねて新しきを知る」とも訓読される。

「故」は「昔のこと」「以前のこと」を指す字。である。「温ねる」は「おさらいする」「温習復習)する」という意味

温故知新の語の由来・語源

「温故知新」の由来は、中国思想家である孔子の教えである。孔子弟子残した論語」という書物に「温故知新、可以為師矣」という記述がある。これは「古くから伝わる教え大切にして、新し知識を得ることが重要であるそうすれば人にものを教えることができる師になれるだろう」という意味である。

温故知新の語の使い方(用法)、例文

温故知新は、古いものごとや教え大切にするという意味使用されることが多い。そのため、人生充実したものにするためには、温故知新が大切である」「温故知新が事業の成功繋がった」というような言い方用いられることが多い。理念や座右の銘として「温故知新」の語が掲げられることも多い。

温故知新の類語と使い分け

温故知新の類語としては、「覧古考新」「承前啓後」「継往開来」「彰往察来」のような表現挙げられることがあるいずれも「古い事柄顧みて新し問題について考える」という意味言葉解釈でいる。ただし、これらの表現普通の国語辞書載っていないその意味一般的な語とは言い難い。もっとも、字面から大体の味は理解されるだろう。

温故知新の英語

温故知新は、英語では visiting oldlearn new といった言い方表現できる。これは「古いものをよく見て学び新し物事習い覚えるという意味である。あるいは、訓読して英訳する要領で studying the past to get new knowledge のように表現するともできる

おんこ‐ちしん〔ヲンコ‐〕【温故知新】

《「論語為政から》過去の事実研究しそこから新し知識見解をひらくこと。

[補説] 「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」と訓読する。「温」を「あたためて」と読む説もある。なお、「温古知新と書くのは誤り


温故知新

読み方:オンコチシン(onkochishin)

昔の事を調べてそこから新し知識見解を得ること


温故知新

作者鯨統一郎

収載図書みなとみらい捕まえてヨコハマ名探偵物語
出版社実業之日本社
刊行年月2003.4
シリーズ名ジョイ・ノベルス

収載図書みなとみらい捕まえて連作推理小説
出版社光文社
刊行年月2007.2
シリーズ名光文社文庫


温故知新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/25 01:53 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「温故知新」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「温故知新」を含むページの一覧/「温故知新」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「温故知新」が役に立つかもしれません。


温故知新

出典:『Wiktionary』 (2017/10/14 07:53 UTC 版)

成句

おんこちしん

  1. 昔のことを研究して、新し知識を得ること。

由来

温故知新」(『論語為政より)


「温故知新」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



温故知新と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

温故知新のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



温故知新のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの温故知新 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの温故知新 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS