信憑性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 度合 > 信憑性の意味・解説 

信憑性

読み方:しんぴょうせい
別表記:信ぴょう性

「信憑性」とは、「言説証言・うわさ・口コミ等々情報が、どのくらい信じられるか・信じるに足るか・信じてよいか・鵜呑みにしてよいものか、という度合い」を意味する表現である。信じられる度合いに応じて「信憑性が高い・信憑性が低い」あるいは「信憑性がある・信憑性がない・信憑性に欠ける」のような言い方表現される

しんぴょう‐せい【信×憑性】

読み方:しんぴょうせい

情報証言などの、信用してよい度合い。「―が薄い」


信憑性

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

信頼性

(信憑性 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/01 19:58 UTC 版)

信頼性(しんらいせい、 : reliability)は、JIS-Z8115:2000『信頼性用語 (Glossary of Terms Used in Reliablity)』[1] において、「アイテムが与えられた条件で規定の期間中、要求された機能を果たすことができる性質」と定義される[2]。「一定の条件下で、安定して期待される役割を果たすことのできる能力」と定義されることもある。


  1. ^ a b JIS Z 8115:2000 デイペンダビリティ(信頼性)用語”. kikakurui.com. 2014年2月24日閲覧。
  2. ^ a b c システムの信頼性”. 静岡理工科大学 情報学部 菅沼研究室. 2017年4月8日閲覧。
  3. ^ 信頼度の意味するもの(原 宣一:宇宙先端活動研究会誌掲載論文、宇宙先端 第11巻 第1号(1995年1月号))


「信頼性」の続きの解説一覧

信憑性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 04:58 UTC 版)

高塚光」の記事における「信憑性」の解説

1994年中のヒーリング能力としてのブーム中においては高塚は、医師のもとで第三者による厳密か客観的な実験によると、ヒーリング受けた相手免疫数値最大で9.5倍まで上昇したという医療データがある。テレビ番組での実験時には一般人からは出ないはずの電磁波赤外線熱エネルギー自分から出ており、これが急激な免疫力の向上や傷の治癒を可能とすると考えているが、高塚自身にとっては間違いなく現象起こるのだから、その原因や起因などは、どうでもいいことだと思っている日本の宗教史学者元中大学総合政策学部教授明治大学特任教授宗教学者中沢新一は、高塚テレビワイドショー重篤な脳出血半身不随女性を、生番組ヒーリングにより簡単にその運動機能障害快復させてしまったことに「この社会貪欲な欲望が、今いちばん欲しがっているものを、自分もっていることを、うっかり人に見せてしまった」彼は今「しまった」と思っていることだろう。私は同情をこめ、ハラハラしながら彼の行く末見守っているのである。と産経新聞書いている。 また宗教学者島田裕巳は、高塚超常的な能力肯定してないものの治癒求め側が「ここに来れば治る」と信頼感を抱くことで、本人治癒力向上する可能性指摘している。「もうここしか頼るところはない」という思いが「治った」と自己暗示かけたり自然治癒力高めるとの見方もある。 反オカルト知られる大槻義彦は、映画超能力者 未知への旅人記者発表会場に突然訪れ、「これまで気功マッサージ医療などあらゆる治療をやって治らなかった私の五十肩が、もし治ったら私は貴方を超能力者として認める」と200人以上来ていたTV・新聞雑誌などマスコミ陣の前で宣言したことからその場で高塚ヒーリングを受けて五十肩だった大槻の腕が痛み消えて大きく動くようになり、「あの大槻教授3分高塚ひれ伏すと書かれたり当時週刊誌スポーツ新聞大きく報じられた。しかし大槻によればその際高塚前述のように手をかざすのみならず大槻の腕を曲げたり伸ばしたり動作数分間続けていたため、これをマッサージリハビリテーションもしくは一種の整体解釈しているまた、自身事前に映画未知への旅人』を見ていたことから暗示効果があったとも見ており、ほかの人々が受けたヒーリングについても、映画やテレビなどを通じて高塚からの暗示による効果であり、心理療法催眠療法似たもの考えているそれ以外特殊なエネルギー微粒子波動などによる効果について一切否定しており、高塚の語る電磁波についても、医療用磁気絆創膏より小さな数値である(実際には早稲田大槻教授研究室で、高塚裸にして検査をした際、電磁波測定器レッドゾーン振り切ってしまい測定不能であったことからヒーリングの証明にはならないとして、高塚超能力者としては全く認めていないが、大槻教授はしばし友人高塚ヒーリング受けさせるため高塚のもとに連れてきている。そして当時はヒーリングを常に無償行なっていることについて、報酬目当て自称超能力者たちとは一線を画する認めている。 高塚治療可能としている大病のうち失明治療については、高塚自身過去に事故左目失明しており、自身の能力治癒可能と称しているものの、その後失明したまである。これについて高塚は、自分治すのは最後で良い考えたとも、自分で自分治すのは超能力者として体裁が悪いのでやめるよう高橋康夫に諭されたとも弁明している。また癌治療については、2008年平成20年)に田中角栄元総理大臣金庫番越山会女王」として知られる佐藤昭子末期癌に対してヒーリング施しており、佐藤一時は高塚のおかげで癌が治ったものの、2010年平成22年)に容態急変し肺癌により死去している。 未来予知については、未来見えるのにもかかわらずナビードットコムを会社清算させたことを疑問視されそうなことに対し自分占い師目指しているわけではないので、未来からの情報受け取るための「天のパラボラなるもの閉じていたために予知できなかったと自著述べている。また同じく自著の中で自分神秘の世界住人あるため会社清算前に社員多数同席した会議の席で照明が突然割れたり目の前で印鑑消え去ったりと、会社清算に際して前兆があったとも語っている。 またスプーン曲げについても超能力によるものではないとの意見もあり、前述のテレビで実演時に共演していた松尾貴史はそれを単なる力によるもので、誰にでもできるものだと指摘しており、高塚の前で自分スプーン曲げ演じて見せ、彼を閉口させよう思ったが、「それって別に驚くことでもなく、そんな能力誰にでもあるんですよ」と高塚軽く一蹴されている

※この「信憑性」の解説は、「高塚光」の解説の一部です。
「信憑性」を含む「高塚光」の記事については、「高塚光」の概要を参照ください。


信憑性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 02:26 UTC 版)

アシュタール」の記事における「信憑性」の解説

1952年11月水爆実験に際して、ヴァン・タッセルは「水素原子によって地球上生命破壊されるだろう」というメッセージ伝えていた。しかしそのような影響はなかったため、この予言失敗だと指摘される。しかし、同じメッセージはまたアシュター惑星破壊止めるために介入していたことを述べた爆発による損傷回復するために、宇宙艦隊によって様々な行動取られたと主張した。 ヴァン・タッセルによるアシュタール紹介の後、その名前が有名になると、他のチャネラーアシュタールとの接触主張し始めた。へランドによると、数十人がアシュタールメッセージチャネリングしておりその中で矛盾する内容提示しだした。彼らの中には高度に進化した文明を持つアシュタールの船が地球着陸するというメッセージを伝える者もいたが、実現しなかった。 へランド曰くアシュタール信仰は、地球外生命体有名人に対する信仰に基づいており、そのような存在がいるという信念は、個々のメッセージよりも強い。時代によってメッセージの傾向変化するのは、予言の失敗よるもの思われアシュタール物理的な宇宙艦隊によって世界の終わり救済する守護者というテーマから、スピリチュアル進化助け神智学のアセンデッドマスターの役割へとフォーカスシフトしてきている。アシュタール信仰は、IAM運動UFO体験折衷主義であり、UFO体験スピリチュアル発達自然なプロセス信じている

※この「信憑性」の解説は、「アシュタール」の解説の一部です。
「信憑性」を含む「アシュタール」の記事については、「アシュタール」の概要を参照ください。


信憑性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 07:14 UTC 版)

山根卓二」の記事における「信憑性」の解説

レフチェンコ証言の信憑性は高く産経新聞社1983年5月24日朝刊で「レフチェンコ証言全体として信憑性が高い」と報じた。また同年5月25日衆議院法務委員会で、当時警察庁警備局長の山田英雄玉澤徳一郎質問に以下のように答えている。 警察といたしましては、レフチェンコ証言内容につきまして犯罪存否確認いたしますために、彼が政治工作担当KGB機関員として直接運営しておった十一名のにつきまして、必要と判断しましたそのうちの数名人から事情聴取するなど所要調査行ったわけでございますまた、公務員が絡むとされておるケース二、三ございました。これはレフチェンコ氏が直接取り扱わなかったものでありましても、事柄の性質上、同様に必要な調査行ったわけでございますその結果いずれも捜査端緒得られず、立件には至らないという結論達したわけでございますこうしたことは捜査上の課題でございますが、それとは別にレフチェンコ証言の信憑性について触れますと、同証言において述べられた政治工作活動いろいろあるわけでございますが、これと、警察レフチェンコ在日中も彼はKGB政治工作担当機関員の容疑ありということで視察しておりましたがそうしたレフチェンコ視察結果あるいは他のKGB機関容疑者視察結果照合するとき、また裏づけ調査のプロセス判明したことの結果そういうものの照合結果多くの点で一致するところがありますので、その信憑性については全体として高いと判断いたしております。以上が一昨日調査結果ということで発表いたしました内容でございます

※この「信憑性」の解説は、「山根卓二」の解説の一部です。
「信憑性」を含む「山根卓二」の記事については、「山根卓二」の概要を参照ください。


信憑性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/04 06:15 UTC 版)

井伊家伝記」の記事における「信憑性」の解説

誤伝を含む地元言い伝えをもとにして叙述されており、史実とはいいがたい点もある。 『井伊家伝記』では井伊直平引馬城12万石城主とするが、これは明らかに誤伝である。そのほか戦国時代龍潭寺住職南渓瑞聞井伊直平男子とするが、これも龍潭寺現存する過去帳記述に基づいて南渓当主不在時期の井伊家に深く関与したことを違和感なく表現するため、実子とされた可能性考えられている。また、直親次郎法師直虎)の婿に迎える話も、直親信州逃れた天文13年1544年時点で直親9歳次郎法師直虎)の父直盛は19歳であり、この時次郎法師直虎)は生まれていたとしても、判断力のある年齢はないため、史実ではなく創作されたものと考える説がある。しかし、当時は当人同士幼少のうちに婚約成立する例も多かったため、一概に創作であるとも断定できない

※この「信憑性」の解説は、「井伊家伝記」の解説の一部です。
「信憑性」を含む「井伊家伝記」の記事については、「井伊家伝記」の概要を参照ください。


信憑性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/11 14:59 UTC 版)

黒脛巾組」の記事における「信憑性」の解説

戦国時代江戸初期同時代史料では確認できない呼称であり、江戸中期以降の伊達家関係資料突如登場することから後世架空の可能性がある

※この「信憑性」の解説は、「黒脛巾組」の解説の一部です。
「信憑性」を含む「黒脛巾組」の記事については、「黒脛巾組」の概要を参照ください。


信憑性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/14 20:00 UTC 版)

下駄占い」の記事における「信憑性」の解説

科学的判断でない遊びごとのために、この占い的中するかどうか当てにならないとの指摘がある一方で下駄占いには科学的に信憑性がある、との説もある。雨を降らせる低気圧接近し大気中の水分増えると、下駄鼻緒湿って重くなり、その鼻緒重み下駄ひっくり返って裏になりやすく、雨が降るのも近いという理由である。 テレビ静岡情報番組てっぺん!』での、気象予報士片山美紀によるコーナー教えて! ミキティ」では、2018年平成30年5月23日放送でこの説を紹介した上で検証として1週間にわたって実際に下駄占い行なった結果は、天気的中は2回、的中率は7分の2であり「根拠はあるが信頼度低め」との結論となった気象予報士南利幸もこの説に基き、下駄100投げ検証行なったところ、好天続いたにも関らず確率62パーセント鼻緒をつけて湿らせても57パーセントであった。南は、下駄構造上からして裏が出やすい上、鼻緒湿った程度微妙な重さでは、下駄裏返る可能性は低い指摘している。また南は、実際には年間を通じて晴れ曇り確率それぞれ60パーセント30パーセント10パーセント程度であることから、どちらかといえば底の平たスニーカーどの方占い適し下駄占い実際の天気はほとんど関係ないとも結論付けている。先述天達武史も、下駄濡らして検証したが、下駄表裏湿気はあまり関係が無かったという。 日本テレビ系列教育バラエティ番組世界一受けたい授業』の2011年平成23年5月28日放送でも、この下駄湿気にまつわる説が紹介され上で実際の検証が行われた。同じ材質作られた下駄を2足分用意し1足分はそのままの状態、他の1足鼻緒部分霧吹き濡らしそれぞれ100回ずつ蹴飛ばしてところ、前者裏返し100回中34であったに対し後者100回中52であった偶然にも翌日降ったことから意外に高い的中率となった同じく日本テレビ番組所さんの目がテン!』で1989年平成元年11月19日放送では、両生類であるイモリ生態によって天気予報ができるとの説に基づきイモリ下駄天気予報機能内蔵する時計「ウェザーウォッチ」、人形動き天気がわかるという民芸品で、1週間にわたって予報比較実験が行われた。的中日数結果はウェザーウォッチが2日民芸品3日イモリ6日に対し下駄1日のみであった三重県鳥羽市鳥羽水族館でも同様、イモリカエル下駄による予報比較実験2006年平成18年6月から1か月にわたって実施され的中率イモリ40パーセントから50パーセント台、カエル30パーセントから40パーセントに対し下駄21パーセントであり、「やや低い」との結論であった雑誌女性自身』のウェブサイトでの検証では、9回中6回正解と、意外な好成績得られた。

※この「信憑性」の解説は、「下駄占い」の解説の一部です。
「信憑性」を含む「下駄占い」の記事については、「下駄占い」の概要を参照ください。


信憑性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 19:08 UTC 版)

スタッフが美味しくいただきました」の記事における「信憑性」の解説

この注釈言葉通り番組中に登場する料理食材実際にスタッフ食べているかどうかについては、諸説がある。

※この「信憑性」の解説は、「スタッフが美味しくいただきました」の解説の一部です。
「信憑性」を含む「スタッフが美味しくいただきました」の記事については、「スタッフが美味しくいただきました」の概要を参照ください。


信憑性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 05:07 UTC 版)

高橋貞子 (超能力被験者)」の記事における「信憑性」の解説

福来に会う以前に、宮二と行った実験は、多数成功収めた記録されている。しかしこれは夫妻のみで行われた実験のため、客観性はほぼ皆無である。近所に住む「某医師」が立ち会ったとの記録もあるが、この人物も詳細不明である。 福来のもとでの実験については、第三者による立会人がおり、その点評価値している。また、かつての長尾郁子念写実験においては同席していた山川健次郎が、乾板外部から放射線当てることで感光させたと懐疑していたが、貞子実験では、3枚重ね乾板中央にのみ念写させるといった具合に、外部からの刺激などによるトリックでは不可能な点が後に評価されている。 しかし一方では事前に乾板別の所に置くどの方法はとられておらず乾板すり替えのようなトリックがまったく不可というわけではなく、大方の念写はこうしたトリックよるものだとする批判もある。 また、すべての実験においての日程と題は、貞子の方決めていた。表面上では先述貞子の「霊格」なる別人格決めていたとされるが、客観的に見れば貞子自身決めていたことに他ならず、これにより事前にトリック仕込むことができた可能性示唆されている。また第1回実験が失敗したときにも、貞子の方から日時指定があったが、福来たち実験参加所用のために3時間以上も遅刻していた。このことについて福来は「急な事態により貞子精神乱れて失敗した」と解釈しているが、その一方で、貞子側の思い通りに事が進まなかったことで、トリック働かせることができなかったとの可能性指摘されている。

※この「信憑性」の解説は、「高橋貞子 (超能力被験者)」の解説の一部です。
「信憑性」を含む「高橋貞子 (超能力被験者)」の記事については、「高橋貞子 (超能力被験者)」の概要を参照ください。


信憑性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 23:20 UTC 版)

アガメムノンのマスク」の記事における「信憑性」の解説

20世紀終わり21世紀初頭に、マスクの信憑性が公式に疑問視された。雑誌考古学』は、双方立場紹介する一連の記事掲載した下の外部リンク参照)。 その竪穴墓(en:Shaft Graves)の発掘までに、ギリシア考古学協会は、(トロイでの問題の後)シュリーマン仕事監督するために関与していた。協会は、パナジオティス・スタマタキスを発掘のエフォーすなわち監督官として送っており、彼はシュリーマン注意深く見張っていた。 疑惑の提唱者たちは、どこか他からの遺物発掘中の遺跡ピリッとした味を添えるというシュリーマンのよく知られた世評議論焦点を合わせた多くの人々発掘現場におり、資力に富むシュリーマンが、他の仮面標準的なに基づいてその仮面作らせ発掘の中でそれを置く機会を見つけることは可能だったと、彼らは力説する擁護論者たちは、日曜休日のため、発掘11月26日から11月27日には休止されていたことを指摘するスタマタキス信用できる証人たちと発掘加わるまで再開許されなかった。他の3つの仮面11月28日まで発見されておらずアガメムノンのマスクは、11月30日発見された。 第2攻撃は、様式についてのものだった。アガメムノンのマスクは、平面というよりむしろ3次元的であるという点で、他の3つの仮面とかなり異なっている。髪の毛は彫るというよりも切り抜かれており、耳も切り抜かれている。目は開いた瞼と中央を通る閉じた瞼の線で、開いたものと閉じたものの両方として表現されている。ミケーネ美術すべての顔の描写の中で、その顔だけが唯一カイゼルひげとともに先のとがった総ひげに覆われている。(平らな仮面比べ口の輪郭明瞭である眉毛1つではなく、むしろ2つ弧を描いている。 擁護側は、先の議論で唇の形、三角形のひげ、そしてひげの細部は、4号竪穴墓から出土した黄金製のライオン頭の形をしたリュトン角杯)(en:rhyton)のたてがみ頭髪ほとんど同じだと述べた。彼らはシュリーマン不誠実大変に誇張されていると主張し、また攻撃者敵討ち[要追加記述]しようとしているとも主張している。 近年の研究成果によればマスク本物であるが、トロイア戦争の期間より300400年前のものとされる一部学者それよりもさらに古く紀元前2500年のものと指摘する

※この「信憑性」の解説は、「アガメムノンのマスク」の解説の一部です。
「信憑性」を含む「アガメムノンのマスク」の記事については、「アガメムノンのマスク」の概要を参照ください。


信憑性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 16:04 UTC 版)

ヒトラーとマンネルヘイムの会話録音」の記事における「信憑性」の解説

テープ公にされると、ヒトラー声音柔和に過ぎるので、偽物であると考えた者たちもいた。この催事日に撮影され写真では、ヒトラーアルコール飲料摂取しており、めったに飲酒しなかった彼の声にそれが影響及ぼしたこともありうる。録音聞いた後でヒトラー以前護衛役であり無線担当であったローフス・ミシュ述べた彼は普通に話していますが、声音疑問感じます抑揚今一つ合っていません。箇所によっては判りますが、箇所によってはそうではありません誰かがヒトラー真似ているものとい感じ覚えます……。本当のところ誰かが彼のことを真似ているように聞こえます。 — ローフス・ミシュ ドイツ連邦刑事庁(BKA)は後にテープ調査し音響分析部門の長シュテファン・グフローラーは、「ヒトラーの声であることは、我々には明白ですと言明した。

※この「信憑性」の解説は、「ヒトラーとマンネルヘイムの会話録音」の解説の一部です。
「信憑性」を含む「ヒトラーとマンネルヘイムの会話録音」の記事については、「ヒトラーとマンネルヘイムの会話録音」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「信憑性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「信憑性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



信憑性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「信憑性」の関連用語

信憑性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



信憑性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの信頼性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの高塚光 (改訂履歴)、アシュタール (改訂履歴)、山根卓二 (改訂履歴)、井伊家伝記 (改訂履歴)、黒脛巾組 (改訂履歴)、下駄占い (改訂履歴)、スタッフが美味しくいただきました (改訂履歴)、高橋貞子 (超能力被験者) (改訂履歴)、アガメムノンのマスク (改訂履歴)、ヒトラーとマンネルヘイムの会話録音 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS